ハイタッチ!

『ハイタッチ!!』

皆さんされてますか?

僕はよくタイでMとハイタッチをします♪

僕は身長が160センチ!Mも同じくらいの身長のなので『ハイタッチ』はしやすいです!

という訳で今日はどんな場面でハイタッチをするのか!というお話です!

では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂きありがとうございます!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


昼近くに起きてMとランチを


2人で食事をしていると隣にタイガールと男性(国籍はあえて書きません)のカップルが座る。


タイガールは若そうですね♪男性は僕と同じくらいですかね♪


そんな2人が仲良く食事をしているのですが・・・


まあ、テーブルが隣ということで・・・聞きたくないのにトークの内容が聞こえてくるわけですが・・・


男性「今日はどこいく?」


タイガール「ティーラックと一緒ならどこでもいいよ!」


きた~~~~朝からティーラック!!

しかもティーラックとか呼ばれて何もつっこんでないし!!

さすがですね♪



男性「じゃあ、MBKに行く?」


タイガール「うん♪ティーラックとMBK行くのは初めてだね♪」


そうですか・・・

MBKですか・・・

頑張って下さいね♪

ついでに『アイフォン4』も買ってあげればとても喜びますよ!テヘ♪





タイガール「お水買ってないから買ってくるね♪」


男性「じゃあ僕も一緒に行くよ!」




そんなラブラブなトークを聞いていると、おじさんの僕はお腹いっぱいな訳で・・・




M「ん?もう終わり?」


ハゲタカ「なんか腹一杯だわ・・・」


M「どうしたの具合悪いの?」


ハゲタカ「いや・・・そういうわけじゃない・・・」





すると先程のカップルが戻ってきて~


なんと!2人で並んで座りだす!!


スリスリ(*^∇゚)(゚∇^*)エヘヘ


まあここまでなら普通か?タイランドでは?(日本ではありえないけど・・・)


そんなラブラブの2人を見ていることに気づいたMは




M「ダメだよ!ハゲタカ!ジャマしたらさ!」


ハゲタカ「そんな気は全くない!逆に応援してるよ!」


M「アハハ!なにそれ!いいじゃない2人は仲良さそうで!」


ハゲタカ「ああ・・・いいんだけどさ・・・」


M「なによ~なんかあるの?」


ハゲタカ「う~ん・・・ああいうのって恥ずかしくない?」


M「え?そう?タイ人もああいうのするよ!」


ハゲタカ「まあ、タイ人はね~でも日本人がさ~ああいうのは・・・」


M「え~ハゲタカはああいうのは嫌い?」


ハゲタカ「だってさ・・・ティーラックって呼ばれてしかも2人並んで食べて・・・ストロー2本入れて2人で水飲むのは・・・ないだろ!!おかしいだろ!!どう考えてもおかしいだろ!!それに・・・」


M「それに・・・」


ハゲタカ「よく2人を見ろ!!Tシャツを!!」


M「え?なに?Tシャツ?」



( →_→)ジロ!



Tシャツを見たMは下を向いて笑いを堪えてる・・・


(-ι- ) クックック


それでもMは・・・


M「いいんじゃないの・・・」(-ι- ) クックック


ハゲタカ「はあ?何言ってるの?おそろいのTシャツとかありえないし!」(ちなみにカラーは黒と白です!あと、おそろいの文字も入ってます)


M「でも男の人幸せそうだね・・・」


(-ι- ) クックック


ハゲタカ「ああ・・・すごいよ彼は・・・」


(-"-;A ...アセアセ


M「ハゲタカもああいうのしたい?私がして!って言ったらやってくれる?」


ハゲタカ「俺はサムライだからそういうのはしない!わかったか?」


M「サムライはああいうのはしないの?」


ハゲタカ「もちろん♪サムライは人から見られて恥ずかしいことはしないからな!」


M「ウソだ~!ハゲタカいつもバカなことしてるじゃない!」


ハゲタカ「はあ?俺はいつも紳士だろ!俺ほどタイに来る人の中で紳士はいないだろ!ランキングだったら3位くらいには入ってるでしょ!」


M「たぶん・・・下から数えた方が早いと思うよ!アハハハハ!」


ハゲタカ「下からって!まあ、そうかもな!アハハハハ!」






と2人で笑っていたら・・・





隣のカップルがまた・・・





男性「じゃあ、MBK行こうか!」


タイガール「うん♪あ!それと今日のお金は6000Bでいい?」


男性「もちろん♪」


と言って6000Bを渡し・・・


タイガール「ありがとう!ティーラック!」ブチュッ♪(= ̄3(〃▽〃)o キャア♪







そんな光景を見た僕達2人は・・・


ただお互い見つめあって・・・








ハゲタカ「LOVEだな・・・」

M「うん・・・LOVEだね・・・」








・・・・・









・・・・・











・・・・・








ハゲタカ/Mウキャキャヾ(>▽<)ゞヾ(▽^ )ゞヾ( >▽)ゞウキャ」


と2人で笑いお互いの右手を上げて『ハイタッチ』!!



ハゲタカ「帰るぞ!M」


M「OK♪」


そうして僕達はホテルへと戻りましたとさ♪


皆さんもモチのロンでおそろいTシャツ着ますよね?(笑)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












僕にもわかりません

朝から気持ち悪いです!

タバコ吸いたくないです!

ご飯も食べたくないです!

理由はですね・・・

本日の朝から『禁煙パット』を付けてるんです!

というわけで~

『禁煙をする為に努力します!』

あくまで『努力』ですからね♪

止めるなんて言ってませんからね♪

まあ・・・すでに・・・一部の人には禁煙している!ことになってるのですが・・・ハハハ・・・

なぜタバコを止めることになったかは本日の記事でわかりますよ♪



では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂きありがとうございます!









にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


訪タイ6日目


少ない睡眠だったが起きて仕事に行く!


急いで仕事を片付けて昼にはホテルに戻るとMは出かける準備をして待っていた!


M「お帰り!今日はねぇ~ハゲタカに手伝って欲しいことあるんだ~」


何を手伝わされるんだろう・・・(´ヘ`;) う~ん・・・





M「まずは買い物行くよ~」


そうやって向かった先はMのアパートの近くのショッピングセンター・・・







まずはお腹が減ったので


ハゲタカ「お腹減った!!」


M「OK!ここで食べようね♪ハゲタカは何が食べたい?」


ハゲタカ「トムヤムクンかな~」


M「ダメ!なんでいつもトムヤムクンなの~たまには違うの食べなさいよ!」


ハゲタカ「じゃあ・・・カオマンガイ・・・」


M「ダメ!!もういい!!私が決める!!ハゲタカは座って大人しく待ってて!!」


ということでご命令通りに大人しく座って待っていると・・・





遠くから僕を大声で呼ぶタイガールがいる!!なのでその声が聞こえる場所に行くのですが・・・


M「ちょっと~手伝いなさいよ!」


さっきは座ってろって言ったのに・・・


そんなことを思いながらもグッと堪えてテーブルに料理を運ぶ!










そして食事を・・・って・・・なにコレ・・・


(; ̄ー ̄川 アセアセ


今まで見たことないんですけど!!


スプーンを持ったまま手をつけない僕に・・・


M「なにしてるの?食べなさいよ!!」(  ̄っ ̄)ムゥ


ハゲタカ「だって・・・」( ̄Д ̄;;






そう言うとスプーンを持って僕の口に入れようとしてくるので


ハゲタカ「OKOK!自分で食べます!」


M「心配しないで美味しいから!ハゲタカが食べれないなら赤ちゃんみたいに私が食べさせてあげてもいいんだよ♪」


そんな恥ずかしいプレイを公衆の面前でして頂きたくないので勇気を持って食べるのですが、見た目よりは料理は美味しかったです!


ただ・・・とても美味しいか?と聞かれると・・・困りますけどね・・・( ̄Д ̄;;





それからショッピングセンターで買い物!


カゴにガンガン荷物を詰め込むM・・・


(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ


ハゲタカ「ねえ・・・なんでこんなに買う物あるの?」


M「だって~何度もくるの嫌でしょ~」


(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ



ハゲタカ「いや・・・そうだけどさ・・・こんなに大量にいるの?」


M「いいから!ハゲタカは大人しく私の近くにいて!!OK?」


ハゲタカ「OK・・・」






それからは僕はカートを動かすロボットのようにショッピングセンター内を動き回され・・・


ヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。フラフラァになったところでようやく終了!






お会計はモチのロンで僕です・・・


なんてね♪


Mが自分で払ってましたよ!


まあ、そのお金はたぶん僕が渡したお金だと思いますけどね♪





大量の荷物を抱えMのアパートに向かう!


中に入ると


M「ちょっと待っててね♪」


そんなことを言いながら買った荷物を片づけていく!


M「ハゲタカお水飲む?それともビール飲む?」


ハゲタカ「え?ビールあるの?」


M「この前、友達が置いていったやつだけどね~」




ふ~ん・・・(ーー;).。oO(想像中)


酒を飲まないのになんで酒があるの?







ハゲタカ「まぁまぁ、ウソつかなくていいぞ!彼氏でも来たんだろ?それともお客さんか?」


すると・・・


片手に持っていた水のペットボトルを思いっきり僕に投げられて・・・











M「ヘイ!次そういうこと言ったら殴るからね!!」


ハゲタカ「・・・・・」


ジョークなのに・・・(/ヘ ̄、)グスン






それから僕はヒマなのでベットに横になりゴロゴロしていたら夕方に・・・


隣ではMはTVを見ながらアイロンをかけている!


ハゲタカ「おい!そろそろホテル行くぞ!J君とご飯食べるんだからさ!」


M「うん!わかってるよ!でもアイロンが終わらないの!!」


ハゲタカ「そんなの後でもいいだろ~」


M「ダメ!今日じゃないとダメなの!!」


なんでそんなムキになって言うのかがわからん!


なので~


ハゲタカ「じゃあ、俺は先にホテル行ってるわ!終わったら連絡してくれ!それまで俺はどこかで時間潰しているから!」


M「OK!すぐに行くから待っててね♪」



それから僕はタイマスターにTELしてソイカでタイマスターと合流!


J君も合流してちょっとだけソイカのGOGOを見て周り、Mと合流してレストランへ



楽しく食事が終わり帰ることになるのですが・・・


ハゲタカ「おいJ!Mにこれから仕事だって言ってくれない?」


J「え?なんで?自分で言えばいいでしょ!」


ハゲタカ「バカ!俺が言ってもダメ!って言うに決まってるだろ!だから頼むって!!」


というわけでJ君がMに・・・



そして予想通り!


MはOKの返事を・・・


いつも思うことだがJ君の女の子の信頼度・・・ハンパないな・・・


と思いながらMと別れて・・・


ナナプラザへGO!
















ですが!この日は何もなく終了しました!(笑)


ただ、2時間くらいでホテルに戻ると言ってたのですが・・・


余裕で4時間くらい過ぎてましてホテルに戻ると・・・








M「遅い!今何時だと思ってるの?」


ハゲタカ「ごめんなさい・・・」


M「今何時よ!時計見なさいよ!!」


なんかすご~く怒ってますね・・・


これはちょっと雰囲気を変えないとな~


ハゲタカ「いや~俺、時計持ってないからさ~」


と言うと・・・


M「殴られたいの?」


ハゲタカ「いえ・・・」


やはりタイガールにはジョーク通じないんだな・・・





M「どうしてハゲタカは約束守れないの!」


それは僕にもわかりません・・・


M「なんでなの?なんでハゲタカはウソつくの?」


それは僕にもわかりません・・・


M「約束は守ってよね!!わかったの!!」


ハゲタカ「はい!!」


M「じゃあ、タバコいつ止めるの?」


え・・・


なんで・・・


タバコ?


ハゲタカ「タバコは関係ない・・・」


M「タバコ止めてよ!体に悪いからタバコ止めなさいよ!」


ハゲタカ「いや・・・でも・・・」


M「OK?」


ハゲタカ「・・・・・」


M「返事しなさいよ!」


ハゲタカ「はい!!タバコ止めます!!」


M「いつ?止めるの?」


ハゲタカ「え~と・・・では・・・〇月〇日をもってタバコ止めます!!OKでしょうか?」


M「OK!」


というわけで・・・タバコを止めさせられることになりました・・・(/ヘ ̄、)グスン


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












悲しい未来

今日で月末終了ですね♪

そしていよいよ12月!

今年も残り一カ月ですね♪

前回でオカマちゃん達との絡みは終了です!

これからの記事はある女の子しか登場しませんので・・・

オカマちゃんが好きな人には面白くない記事になるかもしれませんね♪

ただ・・・

昔はこのような感じのブログしか書いてなかったんですが、いつからかオカマちゃんがメインのブログになってしまいましたね・・・ハハハ・・・

では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂きありがとうございます!













にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


ナナプラザを出ようとフラフラになりながら歩く!


それにしても水が飲みたい!!


Mの店に行くか?


いや!こんな状況で行ったらまた寝てしまう!


とりあえずセブンでも行こう!と思って歩いていると・・・




GOGO嬢「お店寄っててよ~」と言いながら手を掴んでくるが無視!


手を振りほどこうとするとアイフォンを片手に持った女の子が近づいてきて


アイフォン女「あれ?あなたは?」







・・・・・



・・・・・



・・・・・





※ここは本人の為にも書かないでおきます





ハゲタカ「ウハハハハ!じゃあ、さっきのこと頼むね♪彼はそういう人だからさ♪僕が教えたことをガンガン書きこんでおいてね♪」


アイフォン女「うん!わかった!書いておくね♪」


と僕はアイフォン女に100Bを渡しナナプラザを出た!






それにしてもお腹が痛いくらい笑えることだったので酔いも少し覚めてきたぞ!!


でもな~あれを自分がされたらと思うと辛いよな~


やっぱりあいつと一緒にいるとロクなことがない!!


タイでは絶対に近づかないでおこう!!


と心に決めてテーメで少し時間を潰してホテルに戻る!







起こさないようにシャワーに入り水を飲んでいると


M「ん?ハゲタカ帰ってきたの?」


ハゲタカ「うん・・・」


そう言ってMはベットから起きて僕の近くにくるのですが・・・


ハゲタカ「なんだ?どうした?」


M「寂しい・・・」


と言って抱きついてきた!!


ハゲタカ「はあ?なんで?」


M「だってハゲタカいつも忙しいんだもん!」


たしかに忙しいですね・・・夜遊びが・・・でもさ~


ハゲタカ「この前は一緒にいたよね?デパートも行ったしディスコだって行ったよね?」


M「でも寂しいの!一緒にいたいの!!」


ハゲタカ「はい・・・」


M「とにかく明日からは一緒にいてよね!OK?」


ハゲタカ「OK・・・」




疲れて眠い事もあり僕はベットに倒れ込む・・・


するとMも近くに来て僕の頭を持ち上げて膝枕を・・・


まあ前回のオカマのEちゃんと同じ体勢ですね♪


頭を撫でられながら・・・


M「明日は仕事何時に終わるの?」


ハゲタカ「ああ・・・昼には・・・」


M「どうしたの~疲れてる顔してるよ!」


ハゲタカ「今日は疲れた!色々なことがあって疲れた!タイランド疲れるわ!!」


M「ふ~ん、仕事忙しいんだね~日本でもそんなに忙しいの?」


ハゲタカ「忙しいよ!Mと電話ができないくらい忙しいね!」


M「なによそれ~だいたいさ~毎日電話してくれるって言ったのに全くしてくれないよね!」


僕的にはしてるつもりなんですけど・・・


だいたいそんなに話すことないし!


M「今まで付き合った子にいつもそんな感じなの?」


そんな感じです!電話なんかしません!メールもしません!何もしません!


ハゲタカ「まあ・・・そうですね・・・」


M「絶対ハゲタカって女の子に嫌われるタイプだよね~」


なんだそれ!!こう見えても僕だって何人かの女性とお付き合いしたことあるんだぞ!!


まあ数人だけど・・・恐ろしく少ない数ですけど・・・


ハゲタカ「そうですかね・・・」


M「絶対にハゲタカを好きになったら悲しい未来しかないと思うな~」


そこまで言うか!!じゃあなんでお前は付き合ってるんだ?


悲しい未来しかない男とさ!!


ハゲタカ「じゃあ・・・Mも別れた方がいい・・・」


というところで・・・


右腕を思いっきり!!噛まれます!!(跡がハンパなく残ってるくらい)


M「ハゲタカのバカ!!もう知らない!!」


ということで膝枕の体勢から投げ飛ばされて・・・


布団の中に入り背中を向けるM・・・





はあ・・・冗談でしょ・・・もう・・・今日はホント疲れる!!



ということで・・・


ハゲタカ「M・・・ごめんね・・・」


M「・・・・・」


ハゲタカ「冗談だからね・・・」


M「・・・・・」


何回も繰り返すが無視!


なのでまた恥ずかしい言葉を・・・


・・・・・


・・・・・


・・・・・


M「それ本気で言ってるの?」


ハゲタカ「もちろん!こんな言葉はMにしか言わないよ!」というか恥ずかしく言えない・・・


M「OK!許してあげる♪じゃあ寝ようか!」


ということで長い一日が終了した・・・



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












やる気ゼロ!

タイマスター編いかがでしたか?

『タイマスター』なんか響きはカッコいいんですけど・・・

言われたらちょっと恥ずかしい!なんて思うのは僕だけでしょうか?

そういえばタイマスターに『タイマスター』って言ったら怒られたな~(笑)

では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!









にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


Eちゃんの好リードのおかげですんなりとホテルに入り、受付でお金を払うと・・・


受付のおばちゃん「コンドームあるの?」


Eちゃん「ハゲタカ持ってる?」


持ってるわけないじゃん!!ベイバーなんてするつもりなんかないんだからさ~







ハゲタカ「持ってないよ・・・」


Eちゃん「そう!じゃあ買う?」


うん!普通ならね♪コンドームはつけないとダメですからね♪


でもHをする気がない僕は・・・


ハゲタカ「いらない!!いりません!!」


Eちゃん「え・・・ダメだよ・・・コンドームないと・・・」


いや!ちょ、ちょっと!!何か勘違いしてない?





ハゲタカ「あのね!Eちゃん!コンドームいらない理由は・・・」


Eちゃん「ハゲタカはコンドームつけたくないの?」


ハゲタカ「いや!だからね!そういうことじゃなくて~」


Eちゃん「じゃあ・・・いい・・・よ・・・」




はぁ~~~

もう何も言いたくない!!

めんどくさい!!

けど・・・これだけは言っておこう!

誤解されたら困るしね!!





ハゲタカ「あのね・・・今日はHしないよ!」


Eちゃん「え~~~なんで?どうして?」


いや・・・だからね・・・もう酔っててしたくないの!!


なんでわからないかな~


それでもEちゃんの『どうして攻撃』が続くので・・・


もう早く横になって休みたい僕は受付のおばさんにお金を払いコンドームを持って部屋に入る!!







部屋に入ると


Eちゃん「エヘへ」


ハゲタカ「どうしたのEちゃん?」


Eちゃん「だって~やっとハゲタカが一緒になれたんだもん♪嬉しいでしょ!」


たしかにそうだけど・・・


僕はもっと万全の態勢で挑みたかったよ・・・


それにホントにやる気ないし!








まずはいつも通りお金を先に渡し僕はベットに・・・


Eちゃん「ハゲタカ起きて!シャワーに入ろう?」


と脱ぎ始めたEちゃんですが、やる気ゼロMAX!の僕は・・・





ハゲタカ「ちょっと待って!!ごめん!今日は本当にしなくていいかな?」


Eちゃん「え~~~」


ハゲタカ「もう酔い過ぎて元気ないよ・・・」


Eちゃん「え~~~」


ハゲタカ「だってたくさんお酒飲んじゃったからさ・・・」


Eちゃん「大丈夫!私に任せて!!」




そう言って無理矢理・・・僕の服を脱がせようとするEちゃんですが・・・








ハゲタカ「あのね・・・もう今日はホント無理!ごめん・・・」


Eちゃん「どうして・・・」





そういうとまた泣き始めたEちゃん・・・


もうなんで僕はいつもオカマに泣かれるんだろう・・・


これで何回目?


はあ・・・もう僕が泣きたいよ・・・






ハゲタカ「ごめん・・・次回は・・・必ず・・・約束するから・・・」


Eちゃん「ホント?ウソつかない?」


ハゲタカ「ああ!約束する!!」


Eちゃん「じゃあいいけど・・・また私を無視しないでね・・・凄く寂しいから・・・」


ハゲタカ「うん・・・ごめん・・・」


Eちゃん「今度はロングで長く一緒にいようね♪」


ハゲタカ「うん・・・」





そんな感じでEちゃんにナナプラザのホテルで膝枕をされて頭を撫でられながらトークを続けるのですが・・・


眠たくて疲れていた僕はEちゃんが聞いてくる質問に『OK』としか答えてなかったような気がする・・・


ただ・・・『OK』を言うとEちゃんがキスをしてくれるので、とりあえず『OK』をひたすら言っていたような気がしますね・・・


たぶんこの日が30年生きてきた中で一番オカマとベロチューをした日になったのではないでしょうか?






どれくらい時間が経ったのかわからないがトークが終わりEちゃんとホテルを出る!


ホテルの前でEちゃんと別れるのですが・・・


Eちゃん「今度はすぐに会いに来てね!絶対だよ!!チュ♪」


そう言ってEちゃんはアパートに帰っていった・・・









そんなわけでタバコに火をつけて一服!!


はあ・・・疲れた・・・


なんかトークだけでもセクロスしたくらい疲れた感じがする!


もうホテルに帰って寝よう!と決めてホテルに向かおうとすると・・・







ホテル近くに立っているオカマがなぜか僕をジロジロ見てくる!


ただ・・・もう気力もない状態の僕は、そんな女の子を無視して歩いていこうとすると・・・















いきなり手を掴まれる!!




そして後ろを振り向くと・・・


ああ・・・この子ね・・・


小顔のオカマちゃんね♪


Eちゃんとは違うお店の・・・


この子もけっこう僕のタイプなんだよね~♪


なんて・・・冗談を言える雰囲気もなく・・・







小顔オカマ「どうして・・・どうして・・・ホテル・・・」









や、や、止めてくれ!!


その顔はマジで止めてくれ!!


もうこれ以上!誰も僕の前で泣かないで下さい!!




小顔オカマ「どうして!あの子はあそこのお店の子でしょ?どうして・・・」


どうして?ってその理由はですね・・・


僕でもわかりません!テヘ♪







ただね・・・


僕もそんな気はなかったんだよ・・・


でも・・・


もう言いわけする元気もない僕は・・・






ハゲタカ「ごめん・・・」


小顔オカマ「私は待ってたのに・・・」


ハゲタカ「ごめん・・・」


小顔オカマ「とりあえず中に入ろう?」


ハゲタカ「・・・・・」





それから僕は、小顔のオカマちゃんと、またお酒を飲み始め、今度は小顔オカマちゃんに説教される・・・


説教されること1時間くらいで・・・


小顔オカマ「今度は約束守ってよね!チュ♪」


ということで無事に解放されてナナプラザを出てホテルに戻ろうとするのですが・・・





a href="http://love.blogmura.com/love_kokusaiasia/">にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村













鳥とマスター④

本日で鳥とマスター編終了です!

まだ読まれてない方はこちらをお読み下さいね♪

タイマスターブログ4

タイマスターブログ5

タイマスターブログ6


では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂きありがとうございます!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


平和なオカマバーだと安心しているとEちゃんが目の前に・・・


とりあえずタイマスターとビールで乾杯するとEちゃんが隣に何も言わずに来て


Eちゃん「もう3回もガマンしたから・・・」


そうですよね・・・


僕が来ても暴力オカマやS嫁のせいで何もできなかったもんね・・・


ごめんね・・・





Eちゃん「ハゲタカは冷たいよね・・・」


ハゲタカ「ええ!そんな・・・」


Eちゃん「私のこと嫌いなんでしょ!!」


そんなこと言いながら本当に泣きそうな顔になってるし・・・


ハゲタカ「僕がEちゃんを嫌うわけないでしょ!」


Eちゃん「でもハゲタカはいつでも忙しい忙しいと言ってベイバーもしてくれないし、一緒に遊んでもくれないでしょ!」


ハゲタカ「ごめんね・・・本当にごめん!でも今日は友達もいるしね・・・」


なのでタイマスターに助けを求めようとしたら・・・






すでに女の子隣に付けてベイバーしようとしてるし!!


しかも僕を見て笑いながら冷たい視線を送ってくるし!!





タイマスター様


その時の記事を読みましたけどブログ読んでビックリですよ!

「愛がないのはわかります」とか書いたでしょ!!

愛ありますよ!LOVEですよ!!

だいたいね・・・

タイマスター・・・

僕にだって色々あるんですよ!

まあ、こんなフェイスとボディなんで女の子にベイバーしてなんて何度も言われたことないですよ!

仕事でも僕みたいな人を相手にしたくないわけですからね~

だからってね!ベイバーをして欲しいと言われて「はい!わかりました~」なんてのもできないんですよ!!

ホテルにMがいますし!

もしオカマをベイバーしたのなんてバレたらマジで洒落にならない状況になるんですよ!

それにですね~

あの日はかなりお酒飲みましたよね♪

あれだけ飲んだらもうやる気も起きないですって!!

だからあの時に僕は「どうやったらEちゃんの誘いを!やんわりと!かつ!嫌われないで断れるのか!」を考えてEちゃんを抱きしめてたんです!

OKですか?

ご理解頂けましたか?

では・・・話を元に戻して・・・







タイマスター「ベイバーしちゃうけどハゲタカさんはどうします?」


え・・・この状況で僕を置いていくの?


ハゲタカ「え・・・僕はまだ・・・」


この時にEちゃんが強く僕を抱き逃がさないようにしてくれています・・・


タイマスター「・・・・・」


ハゲタカ「僕・・・まだ・・・います・・・」


ということでタイマスターはカワイイ女の子を連れてお店を出て行った・・・





最後にタイマスター様

この日はタイマスター様とご一緒できて光栄でした!

またいつかご一緒させて頂ければ幸せです!









残された僕はとりあえずビールを頼む!!


Eちゃん「私ダンスの時間だから・・・絶対に帰らないでね!」


ビールを飲みながらEちゃんがダンス?


ダンスはしてませんね・・・


ただ立ってずっと僕をガン見しています・・・


すぐにダンスが終わり僕の席に戻ってきたEちゃんは


Eちゃん「私もお酒飲んでいい?」


ハゲタカ「もちろん!ガンガン飲んでよ!」


それからEちゃんと2人でお酒を飲み・・・


なぜか説教が続く・・・


『あの子はベイバーしてるのに!』『あの人達といつも仲良く話してる!』『なんでそんなに知り合い多いの?』


しまいには元に戻って・・・


Eちゃん「ハゲタカ・・・本当に今日はダメなの?」


と言いながら・・・


本当に泣きだすし!!(汗)







なんで泣くかな~~~


泣きたいの僕の方なんだけどな~~~


それにベイバーって・・・


もう酔ってるからセクロスしたくないんだけど・・・


それに一人でいる時にベイバーして誰かに見られたら・・・







そんな僕の考えなんて何も気にしていないEちゃんは・・・


Eちゃん「どうして・・・どうして私はダメなの?他の子はベイバーしてるのに!!そんなに私の事嫌いなの!!」



はあ~~~


もうダメだ・・・


これはベイバーしないとどうにもならん!!


ということで・・・




ハゲタカ「じゃあベイバーするよ・・・」


Eちゃん「え?本当?」


ハゲタカ「うん・・・でもショートでいい?」


Eちゃん「うん!いいよ!」


そう言ってEちゃんは私服に着替えに行き僕はチェックを・・・








すぐに私服に着替えてたEちゃんが戻ってきて・・・


僕はEちゃんに手を繋がれてお店を出る!!






Eちゃん「お腹減ってる?」


え・・・ご飯・・・


いや・・・それは無理ですよ!


おバカな僕でもさすがにEちゃんとナナプラザを出る勇気ないですよ!


というわけで・・・


ハゲタカ「大丈夫!お腹減ってないから!!」


Eちゃん「じゃあホテル行こうか!」


と手を繋がれてEちゃんがスタスタ向かうナナプラザ内のホテルへ向かった・・・




a href="http://love.blogmura.com/love_kokusaiasia/">にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村














↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。