ラストナイト!

お疲れ様です!

今日は23日か~

あと・・・少し・・・頑張れ!僕!

では、昨日の続きからどうぞ!

本日もよろしくお願い致します!

いつもお読み頂き感謝しております!

 

 

 

 

ホテルに着くと

P「少し寝むくなっちゃった。30分で起きるから少し寝るね。」

と言って・・・ベットルームに移動・・・・・

僕はソファーで本を読みながら

30分待つ・・・・・・


























1時間経過・・・・・













1時間30分経過・・・・・・









2時間経過・・・・・







そして・・・Pが起きる















二時間待っている間にディスコに行く時間は過ぎ去ってしまった・・・

















そして・・・

僕のPに対する思いも・・・

完全にさめてしまった・・・









P「ごめん!ハゲタカ。どうして起こしてくれなかったの?」

ハゲタカ「なんで俺が起こすの?自分で起きるって言ったでしょ?」

P「うん・・・ごめんなさい・・・怒ってるよね・・・」

ハゲタカ「ハハハ。怒ってないよ!マイペンライだよ!」



ここで財布から4000Bを出して

Pに渡す・・・



P「どうしたのいきなり?」

ハゲタカ「ごめんな!今日の分のお金だよ!」

P「だからなんで今渡すの?」

ハゲタカ「帰って寝ていいぞ!疲れてるだろ?」

P「どうして?一緒に寝ようよ!」

ハゲタカ「いや寝ないよ・・・一人で寝る・・・ごめんな・・・」

P「嫌よ・・・(涙)・・・私わからない・・・なんで・・・ハゲタカ・・・怒ってないって・・・でも・・・一人で寝るっていう・・・私わからない・・・ハゲタカ怒ってるでしょ?(ここでも日本語かよ)」

ハゲタカ「ホントに怒ってないって!ウソじゃないから!Pは眠たいんでしょ?疲れてるでしょ?だから帰っていいぞ!」

P「私は疲れてない!少し眠たかったから・・・だから・・・」

ハゲタカ「うん。わかってるよ!だから家でゆっくり寝ていいから。今日は帰りな!」

P「ねえ・・・今日でラストナイトじゃないよね?また会ってくれるよね?」

ハゲタカ「・・・・・・・」

P「どうして・・・ウソでしょ?ジョークでしょ?」

ハゲタカ「イエス・・・ラストナイト・・・もうお店にも行かないし・・・Pにも会わない。」

P「どうして・・・ごめんなさい!許してハゲタカ!ねっ!ねっ!いいでしょ?」

ハゲタカ「ダメだよ・・・俺もう・・・Pのこと好きになれないもん・・・ごめんな・・・それに・・・俺一人いなくてもいいだろ・・・お客さんは沢山いるんだからさ!」

P「いやよ・・・私はハゲタカ好きだもん・・・だからお願い!考え直して!」

ハゲタカ「ごめんな・・・ホントに・・・お金は返さなくていいから・・・」

P「ハゲタカ・・・もうダメなの・・・?」

ハゲタカ「ごめんな・・・P・・・」









しばらくの間・・・Pは・・・僕に抱きついて泣いていて・・・・・





少し落ち着くと・・・






涙を拭いて・・・立ち上がる・・・・・

















P「ハゲタカは信じないけど・・・私はホントに好きよ・・・でも・・・いつか・・・こうなることも覚悟してたから・・・」

ハゲタカ「そうだな・・・俺は日本人だからな・・・わかるだろ?」

P「ハゲタカは他の日本人と違うわ・・・優しいもの・・・今日も怒ってはいないんでしょ?」

ハゲタカ「ああ。ホントに怒ってないよ!ただ・・・Pのことをさ・・・ごめんな・・・」

P「うん・・・わかった・・・最後に聞いていい?」

ハゲタカ「いいよ。」

P「ハゲタカは私のこと好きだった?」

ハゲタカ「うん。好きだったよ。」

P「そうなんだ・・・私・・・本当にハゲタカの奥さんになりたかったな・・・」

ハゲタカ「はは。バタフライボーイだからさ。大変だぞ!止めとけ!」

P「ふふ。そうね。でもハゲタカは優しいから仕方ないわ・・・」

ハゲタカ「はは。俺は優しくないよ!!日本人はみんな優しいよ!俺よりもね!」

P「私は日本人嫌い・・・スケベだもん・・・」

ハゲタカ「そうだな・・・ごめんな・・・P・・・」

P「なんでハゲタカが謝る?面白い!」

ハゲタカ「そうだよな!ははは!」

P「ふふ。もっとこうして話したかったな~」

ハゲタカ「そうだな!少し早かったな・・・」

P「もう会えないんだよね?」

ハゲタカ「ああ・・・もう俺と会うことはないよ・・・ごめん・・・」

P「そうか・・・すごく寂しくなるね・・・」

ハゲタカ「・・・・・・・」

P「じゃあ帰るね・・・お金は・・・もらっていいのね・・・?」

ハゲタカ「もちろん。いいよ。今日の分なんだからさ!」

P「うん。ありがとう。それと・・・今まで一緒にいてくれてありがとう・・・ハゲタカと出会えて楽しかったよ!もし、タニヤで会ったら声ぐらいはかけてね!それぐらいはいいでしょ?」

ハゲタカ「ああ。わかった!声かけるよ!」




それから・・・

ホテルの下までPを送ってタクシーに乗せる

P「じゃあね。ハゲタカ・・・」

ハゲタカ「さよなら・・・P・・・」











Pと終わっちゃった・・・・・

もう・・・会うことないんだよな・・・

なんか涙が・・・


















なんてね!

さすがに涙は出ないけど!

ちょっと落ち込んじゃいそうなので・・・・・

GO TO THE ナナプラザへ!

こいつ最低だな!って思われるかもしれませんが!

だって~タイにはた~くさん可愛い子いるでしょ?

これぐらいで落ち込んでられないでしょ~

それに、自分で決めたことだし!

ホントに会いたいとも思わなくなっちゃったし!

ごめんな!P!また、どこかで会おうぜ!

 

 

 


それにしても

たぶん・・・今・・・このブログを読んで

rassさん・・・怒ってるだろうな~

Pのこと気にいってたもんな~

ホントすいません・・・rassさん・・・

途中からは・・・Pとはもう終わっていたので

rassさんに何て言おうかずっと考えてしまいました・・・

最後まで言えず・・・申し訳ありません!

今後は・・・Nを応援して頂ければ・・・助かります!

今、このブログを書いてる最中は大丈夫ですが・・・

3回目の訪タイでどうなるかは・・・・・

それからナナプラザに移動~


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

本日は英語ではなく

お聞きしたいことがありまして・・・

できればご協力願えないでしょうか?

1 水タバコができる場所(レストランやディスコなど)

2 皆様のお勧めのカラオケ(タニヤ・スクンビットなど)

3 皆様のお勧めのレストラン(ジャンルは問いません)

是非、お聞かせ願えないでしょうか?

バンコク初心者と変わらないので

皆様のお力を是非お待ちしております!

 

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。