訪タイ9回目


下書き


また来てしまった!!この国に!!って・・・まあ仕事だから仕方ないんだけど!!


まずはいつも通りタクシーに乗ると車内の中で、これもまたいつも通りのMへ電話する








電話にでるか?でないか?(笑)








・・・・・











M「ハロー・・・ゲホゲホ・・・」



すぐにでましたね♪


ハゲタカ「まだ、具合悪そうだな」


M「うん、着いたの?」


ハゲタカ「ああ・・・とりあえず寝ろ!!俺もこれからホテルに行って寝るだけだから!!」


M「え~~~私も行きたい!!」


ハゲタカ「ダメ!!とりあえず寝ろ!!そして起きたら電話しろ!!」


M「OK・・・」


そうしてホテルでチェックインして寝ていると電話が鳴る











PP「お~ハゲタカ元気?」


ハゲタカ「あはは、PPさん元気ですか?」


PP「ごめん、バイブにしてて気づかなかったわ」


ハゲタカ「べつにいいですよ!昼飯でも喰います?」


それから2人でご飯を食べていると






ハゲタカ「それでどうなんです?今回のタイは?嫁見つかりました?」


PPさん「全くダメだよ!!もうタイでいい事なんかないよ!金だけむしり取られるだけでさ~」


ハゲタカ「あはは、またそういうことを言うんだもんな~じゃあ、今日はタニヤでも行きますか?」


PP「いいけど、Mちゃんは?」


ハゲタカ「風邪で寝込んでますからね~どうなんですかね?今日は会えないんじゃないですか?」


PPさん「おいおい、まさかケンカしたとかじゃないだろうな!!Mちゃん泣かしたらすぐに埋めるからな!!」


ハゲタカ「違いますよ!!マジで風邪ひいてるんですよ!!」


PPさん「じゃあ、看病しに行ってやれよ!!」


ハゲタカ「え・・・なんで?」


PPさん「なんでって・・・彼氏なら普通は行くだろ?LOVEなんだろ?」


ハゲタカ「だって俺が行ってもできることないですから・・・」


PPさん「どうしてこんな奴とMちゃんは付き合ってるんだろうな!絶対にもっと優しくてくれる人いると思うんだけどな~」


とヤ〇ザがブツブツと呟いているのを無視して(笑)









ハゲタカ「というわけでタバコ下さいよ!」


タバコは誰かさんの前では吸えなくなりましたからね・・・


PPさん「止めたんじゃないのかよ!」


ハゲタカ「はあ?止めましたよ!!Mの前でだけですけどね!!」


PPさん「なんだそれ!もうハゲタカはよくわからんな!!なんでこんな奴が女の子と・・・」







それからはバービアに行ってビールを飲んでいるとMからTELが


M「ハ・ゲ・タ・カ」


ハゲタカ「お前なんだその声は!!オカマみたいな声になってるぞ!!さっきよりひどくなってるだろ!!」


M「ア・ハ・ハ」


ハゲタカ「あ~もう話さなくていいから!!とりあえず今日は家で寝てろ!!薬あるのか?」


M「あるよ」


ハゲタカ「ご飯喰ったか?」


M「まだ」


ハゲタカ「じゃあご飯食べて薬飲んで寝ろ!!」


M「うん」


ハゲタカ「今日はホテル来なくていいからな!!」


M「え~~~~」


ハゲタカ「ダメ!!今日はゆっくり治して明日元気に会おうぜ!!」


M「OK・・・ハゲタカ服ある?」



そういえば・・・


ハゲタカ「な・・・い・・・わ・・・」


M「じゃあ友達にお店に持っていってもらうようにする!!一日分だけでいいよね?」


ハゲタカ「ああ・・・頼む・・・」







それからPPさんと


PPさん「Mちゃんか?」


ハゲタカ「今日は風邪で会えそうにないですね」


PPさん「そうか・・・じゃあ今日はタニヤだな」


ハゲタカ「OKです!!それでどうします?ここの女の子でも連れて帰ります?」


PPさん「化け物みたいなのしかいないけど・・・」


ハゲタカ「あはは、まあ、そうだけど~よくよく見ればいるかも!!」


PPさん「俺は疲れたから寝る!!じゃあ夕方な!!」


それから一人でビールを飲んでいると・・・またこいつかよ・・・


P「元気ハゲタカ?」


ハゲタカ「あのさ~なんで俺がバンコクにいるの知ってるんだ?なんかあるんだろ?」


P「エヘへ、内緒です」


ハゲタカ「まあ、いいや!じゃあな!!」


P「今何してるの?」


ハゲタカ「ビール飲んでる!これからホテルに帰って寝る!」


P「じゃあ、一緒に寝よ!今からホテル行くから」


ハゲタカ「残念だけどホテルはチェンジしましたのでPにはわかりません!」


P「え~~~どこ?どこにしたの?」


ハゲタカ「じゃあまたね~」


ということで電話を切りホテルへ向かって歩いていると電話が鳴り続ける・・・


P「ねえ!どこなの?どこのホテルにいるの?」


ハゲタカ「なんだよ!もう寝るから後でな」


P「もうタクシー乗ったから教えてよ~」


ということで・・・あっけなく・・・ホテルを教えると


P「そのホテル・・・」


ハゲタカ「ああ・・・そうだよ!知ってるだろ?」


P「アハハ・・・知ってる」


それからすぐにPがホテルに来て


P「元気だったハゲタカ?」


ハゲタカ「眠いから寝る!シャワーに入る」


それからシャワーに入り上がるとPはベットで寝てる


ハゲタカ「なんで寝てるの?」


P「え?ダメ?一緒に寝ようよ!」


ハゲタカ「いいけど・・・何もしないでね!」


P「あはは、それは私が言う言葉でしょ~」


それから寝ていないせいかあっという間に熟睡


起きると夕方近くで


ハゲタカ「おい!起きろ!!」


P「あ~寝ちゃってた・・・」


ハゲタカ「俺は用意して出かけないと!」


P「じゃあ私は帰ろうかな~」


ハゲタカ「はあ?まだ働いてないの?」


P「ん?今は学生だけしてるけど、少しだけタニヤでも働くけどね」


ハゲタカ「そう・・・まあいいや・・・」


P「じゃあ・・・ね・・・」


ハゲタカ「いや!無理だよ!!俺これから色々あるんだからさ~」


・・・・・


それからシャワーに入り用意をして


P「今日はどこ行くの?」


ハゲタカ「今日はタニヤだ!!」


P「へぇ~タニヤなんだ!また女の子泣かすの?」


ハゲタカ「なんだそれ!嫌な言い方するな!俺は女の子は泣かさないぞ!」


P「ウソつき!!でも、GOGOよりタニヤの方が楽しいよね」


ハゲタカ「それはどうですかね~」


P「まだ、彼女と付き合ってるんでしょ?」


ハゲタカ「ええ・・・まあ・・・」


P「早く別れた方がいいよ!そして私にしちゃいな!!アハハハハ」


ハゲタカ「・・・・・」




そしてPPさんとJ君とタニヤへGO!!


タニヤでご飯を食べて・・・いざタニーヤへ!!


J「どこ行くの?」


ハゲタカ「そんなのしらん!!カワイイ子がいる店に行くだろ!!」


PPさん「また・・・この男は適当に言ってるな・・・」


と言いながらお店を見て周っていると・・・







発見!!タイプの子!!すぐに女の子の近くに行き


ハゲタカ「ねえ?どこのお店で働いているの?」


女の子「このビルです」


というわけでエレベータに乗ると


PPさん「あのさ~ハゲタカのタイプわかりすぎなんだけど!」


ハゲタカ「やっぱりですか?アハハハハ」





それからお店に入り一人づつ女の子を選んでタニヤ祭り開始です♪


僕は呼び込みをしていた女の子Rちゃんをモチのロンで選んでます


Rちゃんは日本語を普通に話せます。学生です。ただ、ノーオフです。


そう・・・ベイバーができないということです(涙)


まあ、どうせベイバーなんかするつもりもないんでいいのですが・・・



それからRちゃんといつも通りのトーク?まあ学生さんですしね・・・若い子だから・・・あんまりね・・・


そしてお店を変えて違うお店に


これもまた適当に僕が声をかけたんだっけな?


あはは・・・ここらへんは覚えてない!!



というわけで・・・



となりについた子はUちゃんです。日本語で会話を普通にできます。


というわけで・・・ここでは・・・


とりあえず・・・まあ・・・いつも通りして・・・



一時間が経過・・・



ママさん「どうしますか?今日は連れて帰りますか?」


と言われてもPPさんもJ君も連れて帰るわけがなく!!


僕も無理なので・・・


やんわりとUちゃんを断ると・・・



いきなり怒りだしまして・・・はい・・・



とりあえずトイレに逃げて部屋に戻ると・・・


ハゲタカ「J!あのさ・・・めっちゃ怒ってるんだけど!!」


J「当り前でしょ!!あんなに口説いてたら誰でも一緒に帰ると思うよ」


ハゲタカ「あはは!やっぱり?」


J「本当に何回同じことを繰り返してるの?」


ハゲタカ「だってさ~初日だからやっぱり調子にのるよね?ねぇそうですよねPPさん!!」


PPさん「ハゲタカはいつでもだろ?」


というわけでUちゃんには今日はごめんね♪と言いながらお店を出た


それからは適当に時間を潰してJとPPさんとお別れをして


僕はなぜか・・・テーメに行き!!








一日目

昼間にPPさん

バーで連れ帰ろうとするとP

なぜPが知ってるか

Mがオカマの声

タニヤ

テーメ連れ帰る


二日目


PPさんとランチをしていると


PP「今日はMちゃんと会うんだよな?」


ハゲタカ「仕方ないですよね・・・」


PPさん「おい!ずいぶん元気ないな!!」


ハゲタカ「だって・・・Mいたら遊べないし」






PPさんとエロマッサージ

PPさんのピンクローター

Mと合流

みんなでコンドームレストラン

PPさんが呟く

Jがスイートマウス

タニヤ

三日目

みんなでタニヤ

カニを頼もうとするがない

MとGOGOに

PPさんペイバー

ディスコでボクシング

四日目

タニヤでカニを食べる

僕がタイ語を覚えているのをJが知る

Mが洗濯で帰る

タニヤ

PPさん帰国

GOGO

テーメ

一人寝


五日目

仕事モード

タニヤ

まずは一件下見

Cちゃん口説く

PUにつかまる


六日目

仕事モード

タニヤ

Cちゃん口説く

PUに掴まる

七日目

実家へ帰らせよう作戦開始

Mと一緒

八日目

実家へ帰らせる作戦成功

Mと一緒

九日目

Mとご飯を食べてMは実家へ

オカマとレストランで食事 モチのロンで隣でノーハンドレストラン

PUがホテルに来る

10日目

ペグさんとヨウさんとJと食事


ヨウさんのLOVE話し

20000B

スクンビットのカラオケ

しこたま飲む

ヨウさんと一緒にディスコ

PUを呼ぶ

噛まれる



11日目

ペグさんとヨウさんと食事

カラオケ

ディスコにオカマを呼ぶ

気づいたらホイクワン

オカマにビンタされならが食べる


12日目

Mがいきなり帰ってきていることを知る

Sと会う

帰ってきたらカツラ事件

シャンプーハットを隠す

13日目

最後の食事

LOVEトーク

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。