待ち合わせ!

昨日はエビ様大変でしたね~

お酒は飲んでも飲まれるな!

僕も気をつけよう~

さて今日から11日目ですね。

よろしくお願い致します。

いつもお読み頂き感謝しております!



11日目

二人で泥のように寝て起きて。

朝からNに襲われる・・・

もうレ〇プですね!




それから二人でベットでマッタリ

お腹が減ったので

昼食を食べに行くことに

その前にNに金を渡さないとな・・・

さて・・・いくら渡そうか・・・お金はいらないって言われてもな・・・

考えた結果

Nに〇B渡す

これ以上渡すと今日遊べなくなるしな・・・


N「こんなにいらないわ・・・お金はいらないっていったじゃない・・・」


ハゲタカ「べつにいいって。それはチップだから。Nをベイバーしたから払う訳じゃないよ。」


N「でも私はお金はいらない!彼女にお金はあげないでしょ・・・」


ハゲタカ「いいからしまっとけよ!金の話はしたくないからさ!」


N「うん・・・でも今度からは止めてね・・・彼女なんだから・・・」











今日はタイフードが食べたいとNが言うので

いつもNがよく行くタイフードレストランに行く

ナナプラザにあるので、最後にNと一緒に歩いてお店に行く

お店に入ると

Nが適当に注文してくれる

うん。いいぞ。カッパオ入ってるな!

やっぱりPと違うね~

年齢もあるけどNは落ち着いてるイメージがあるもんな!

やっぱりNと今日もいたほうがいいかな・・・・

でもPと約束もしてるし・・・

さすがにな・・・










N「今日で一緒に歩くのも最後だね・・・」

ハゲタカ「そうだね・・・また来るからさ!」

N「うん・・・また来るよね?11月?2月?」

ハゲタカ「そうだな。確実は2月かな!」

N「11月も会いたいな・・・少しでもいいから」

ハゲタカ「俺だって来たいよ・・・でも、仕事があるからな・・・」

N「そうね・・・来れたら連絡して。2月は長く入れるの?」

ハゲタカ「2月は長いよ。少なくても一週間は滞在するよ。友達も一緒だしね。たぶん大人数じゃないかな?日本の友達と2月には絶対に一緒に行こうと約束してるんだ!」

N「そうなの?仲良いのね!でも、ずっとバンコクなの?」









うっ・・・

それは・・・Aさんパタヤも楽しいって言ってたしな・・・

今回はパタヤ日帰りだったから・・・次回は・・・








ハゲタカ「もしかしたらパタヤに行くかも・・・ね・・・」

N「ハゲタカ~パタヤで何するかわかるわよ~タイでは私が彼女って言ってるでしょ!!もし、どうしてもパタヤに行くなら私も行くわ!!ハゲタカも私といた方が楽しいでしょ!!」

ハゲタカ「それは・・・仕事もあるし・・・」

N「あ~いいでしょ!!はっきり言ってよ!」

ハゲタカ「うん。一緒に行こうか・・・・・」

N「キャーパタヤ楽しみね!友達にも言っておいてね。」

ハゲタカ「はい・・・」








なんかパタヤ行きたくなくなってきた・・・

Aさんになんて言おうかな・・・

一人でパタヤに行ったら殺されるので・・・

パタヤでは夜遊びしないで楽しみましょう・・・

なんていえるわけないし・・・





ご飯を食べ終えてNといよいよお別れ・・・・・

チェックをしてもらっている間に

Nが僕の携帯を取り上げる

N「私の番号を登録するから連絡して。これで、昨日みたいなことにはならないでしょ?」

ハゲタカ「そうだね。でも昨日は楽しかったよ。だってたくさんの女の子と話せたからさ!」

N「あ~もう!すぐバタフライなんだから!もうナナプラザではハゲタカはRとお姉ちゃんのお店にしか行かせないよ!」

ハゲタカ「なんで?他にも行きたいんだけど・・・」

N「あ~私がいるのになんで行くのよ~」

ハゲタカ「だって、もしベイバーされてたらどうするのさ?」

N「ふん。ハゲタカいる時はベイバーはされないようにするわ!」

ハゲタカ「そんなの無理じゃん。」

N「簡単よ。ハゲタカがいる間は、一緒にお店に行って、すぐにベイバーしてくれれば良いだけでしょ。それならOKでしょ。」

おいおい・・・ずっとかよ・・・タイに来て束縛されてたら

何の為に来てるのか、わからないじゃんかよ・・・・・

そんな話をしてチェックが終わりお店を出ると

N「もう少し一緒にいてもいい?」

ハゲタカ「俺も一緒にいたいけど・・・それじゃあダメだろ・・・」

N「そうね。じゃあここでタクシーに乗るわ。」



タクシーはすぐにつかまり、Nがタクシーに乗る

N「ハゲタカまたね!愛してるから・・・」

ハゲタカ「うん。俺もね。」

N「ふふ。最後までスイートマウスね。バイバイ。」



Nのタクシーを見送り

Sさんと待ち合わせのマッサージ屋に行く




Sさん「お疲れ様です。今日で最後ですね!」

ハゲタカ「ええ・・・そうなんです・・・」

さん「はは。ハゲタカさん。もしかして辛いですか?」

ハゲタカ「ええ、すごい辛いです。なんかマジで泣きそうなんですけど・・・・・」

Sさん「はは。皆さんそう言いますよ。でも、また来ればいいじゃないですか?」

ハゲタカ「そうですよね・・・でも次はいつなのか・・・」




Sさんと一緒に昼食をとり、その後は買い物に行く

MBKと伊勢丹に行ったが、たいした物は買わずにホテルに戻る

ホテルの近くのビアバーで

Sさんと話しながら、Sさんの彼女とPを待つ

Sさんの彼女は、すぐに到着

さすがSさんが教育してあるので時間通り

さあ、Pはというと・・・

やっぱり来ないし・・・

電話してみると・・・

やっぱり・・・

ハゲタカ「今どこ?」

P「今、タクシー乗ってる。もうちょっと!」

そして待つこと15分・・・





P「お待たせ~」

ハゲタカ「てめ~遅いんだよ!」

P「だって渋滞してるんだもん・・・」

ハゲタカ「そんなの俺でもわかるわ!!」

P「怒らないで。好きよ。ハゲタカ!」

ハゲタカ「はあ?なに言ってんの?いきなりおかしいぞ!しかも友達の前で・・・」

P「別にいいじゃない。気にしないで!」

もう・・・これだからタイ人は・・・困るんだよ!!


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。