ヘルプ!

今日はタイの王様の誕生日ですね!

たしか禁酒日だったような気がするんですが

どうなんでしょうか?

禁酒日はゴーゴーやタニヤは休みなのかな~

後で電話して聞いてみようかな?

まあ、べつにどうでもいいか!



さて、10日目続きですね!

よろしくお願い致します!!




タクシーでタニヤまで行き

お店のビルの前でエレベーターを待つ

なんか今日は人がいっぱいだな!

エレベーター乗れないし

 

 

 

 

 



すると~

 

 

 

スケベそうなおじさん(僕もおじさんですけど!)3人がPを見てる・・・

 

 



エレベーターが全く来ないので

タバコでも吸おうと思って

客引きのおばちゃんと話していると~

スケベそうなおじさんが日本語でPに話しかけてる!







おじさん「君はどこのお店の子?」

P「ここのビルの○階です。」

おじさん「今から行っていい?」

P「え?でも私は・・・」

するとPがこっちを見てヘルプサイン!

ここは面白そうなので僕は待機!

客引きのおばちゃんは、すかさずPのヘルプに向かう!









おじさん「俺たちタニヤ初めてなんだよね~明日は日本に帰らないといけないから今日は楽しもうと思ってさ!」


おじさん2「名前はなんていうの?歳はいくつ?これから行っていいでしょ?一緒にご飯食べようよ!」


おじさん3「なんかこれから予定あるの?それとももうベイバーされちゃった?」







その答えに、Pはずっとうつむいたままエレベーターを待ってる

 

 


客引きのおばちゃん「この子は英語しか話せないです。お客さんの話していることわかりません。」




そんなわけないだろ~だいたいはわかってるよ~さすがにさ~

おばちゃんもウソつきだな~





おじさん「とりあえずさ。今からお店行くから案内してよ!お金は一時間いくら?」


おじさん2「オールで君はいくらなの?お金は持ってるよ」


そう言われるとおばちゃんも、厳しい表情

仕方ないここは僕が出るか・・・





英語でおばちゃんに向かって

ハゲタカ「エレベータまだ?」

そのままPにも話しかける

ハゲタカ「Pどうした?元気ないぞ!お腹でも痛いのか?」

P「ハゲタカ・・・」

おじさんに向かって

ハゲタカ「これから○階行きますけど乗ります?」

おじさん「いや、違う店行くわ!兄ちゃん楽しんでな!」



お店に入ると

ママに席に案内される

ママ「今日でお別れですね・・・寂しいです。今日は楽しんでくださいね。」

するとPと二人きりに

ずっとPはうつむいたまま

ハゲタカ「どうした?元気ないぞ?」


P「どうしてさっき助けてくれなかったのよ!」


ハゲタカ「どうしてって言われても・・・お客さんは大事にしないといけないだろ!それにさっきのおじさん達は、何も悪いことしてないしただPのこと見て気に入ったんだししかも、お店に行ってPをベイバーしたいって素直に言ってたからさ。お店にとってもPにとっても良いことだろ?」


P「でも、今日は同伴じゃない!」


ハゲタカ「たしかにそうだけどさ~だからって俺がPは先約があるんですって言ったら感じ悪いだろ?」


P「そうだけど・・・もっと早く助けてくれてもいいじゃない!私は日本語わからないんだし・・・」


ハゲタカ「ウソつけ~さっきのはだいたいわかってたろ?なんなら今から訳してやろうか?」


P「だいたいはわかるけど・・・」


ほらね。言葉なんてわからなくても相手には伝わるのさ!!


ハゲタカ「でも、モテて良かったなP!」


P「うれしくない・・・ハゲタカ嫌い・・・」


ハゲタカ「また~怒ってるの~今日は最後だぜ!楽しもうよ!」


P「怒ってないよ!ハゲタカは冷たいって言ってるの!どうして助けてくれないのよ!
私があの人達にベイバーされても言い訳?ハゲタカは私の事嫌いなのね!!」


でたよ~またこんな感じかよ~最後なのに・・・

でも、たしかにちょっと冷たかったかな・・・

さすがに今日は俺がいたしな・・・

好き嫌い別にしてもな・・・僕の目の前でベイバーの話されるのは

きついよな・・・少し反省・・・









ハゲタカ「ごめんよ~P~今度はすぐに助けに行くし俺の彼女に何してんだっていうからさ~」








ふっ。これで完璧だろ!

僕ってスイートマウスうまいな!

日本じゃできないけど・・・・・








P「ごまかさないで!ちゃんと謝って!」

 

 

 

 

 


ええ~今謝ったじゃん!!

これ以上どうすればいいの?








ハゲタカ「今謝ってるじゃん・・・これ以上どうすればいいの?」

P「私がベイバーされてもいいの?っことよ!」

そんなの・・・









僕がいない時はされてるんだろうが!

それにあんまりこんなこと言いたくないけど

お前らの仕事だろ!WORKだろうが!

ベイバーされてなんぼだろうが!

僕がいるからってベイバーされないのは

変な話おかしいんだよな!

お金をたくさん払ってくれる人の方が

絶対に良いに決まってるし!

僕でもそうするわ!

ベイバーする人には女の子を選ぶ権利あるし

ベイバーされる人にもお金を稼げる権利はあるんだ!!








ハゲタカ「それは答えられないわ。だって仕事だろ?」

P「ハゲタカ・・・そうね。でも、私は嫌だよ。好きな人の前だけではベイバーの話をされたくないよ・・・」

うう・・・好きな人って・・・まさか・・・マジかよ・・・







なんか変な雰囲気になったから

トイレ行こう・・・








トイレに入るとSさんから電話が

Sさん「すいません。電話出れなくて」

ハゲタカ「いいっすよ。気にしないで下さい。」

Sさん「明日は何時にしますか?僕は仕事休みだから、昼から大丈夫ですよ!お土産とか買わないといけないでしょ?お付き合いしますよ!夕方はハゲタカさんが食べたいタイスキ行きましょう」










Sさん、僕は明日帰るんだけど・・・

 

 


ふと、トイレのカレンダーを見る!!

時計の日付を確認する!!

再度、見る!!

 

 

 

 

 

 



なに~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

 

一日間違ってる!!












帰るのは明日じゃない・・・明後日だ・・・・・

マジか???すげ~うれしい!!

どうする?これからどうする?

このままPといるか?それともNちゃんに会いにいくか?











さっきPと雰囲気悪くなったから今日はNちゃんに決めた!!

よし、こうなったらPをどうやって説得するかだな!!

トイレから出ると

Pがタオルを持って待っていた

席に戻ると早速











ハゲタカ「実は・・・残念なお知らせと良いお知らせがある・・・」

P「どうしたの?」

ハゲタカ「まず、今日はこれから仕事になった。」

P「え?なんで?」

ハゲタカ「それから、明日は日本に帰ることじゃなくなった!」

P「え?なんで?詳しく教えて!」










とりあえずPには仕事が一日延びたと説明

明日は仕事したくないので

これから仕事して明日は休みにしたいと伝える













P「今日は残念だけど・・・明日も会えるならうれしいわ!  明日は絶対に一緒にいてくれるでしょ?」

ハゲタカ「明日は絶対に大丈夫だよ!俺はこれからホテルに帰るけどPはどうする?」

P「ハゲタカがベイバーしてくれるなら友達の誕生日パーティーに行くわ」

ハゲタカ「そうなの?誕生日パーティーね・・・」

P「何怪しんでんのよ!女の子よ!昔からの友達なの!!」

ハゲタカ「べつに~じゃあベイバー代ぐらい払うよ!チェックして!」

P「もう~ほんとに女の子ばかりだから!!そんなに怪しむなら、ハゲタカも仕事終わったらくればいいじゃない!」

パーティーか~~~女の子ばかりで、しかもPの友達だから
 
みんな若いのか??そそられるな~

でも、Pがいたら・・・・・











ハゲタカ「遠慮しとくわ・・・何時に終わるかわからないし・・・」

P「仕事終わったら電話して待ってるから」

お店でPと別れて

タクシーに乗り込みナナプラザに向かう

もう・・・22時過ぎてる・・・・

しかも週末だし・・・もしかしたら・・・・・

そして~ナナプラザに到着


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

 

今日はタイガールからのメールです

Hi.〇〇.TODAY HAPPY BIRTHDAY!

I Love YOU AND MISS YOU!

そうなんです・・・今日は僕も誕生日なんです・・・ホントですよ!

 

 

 

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。