訪タイ一回目!二日目!

訪タイ1回目!二日目!

朝起きて昨日のことを後悔する・・・

一日目は睡魔にやられ

貴重な一日を無駄にしてしまった・・・

失った時間を取り戻す為にも!

二日目は寝ないで遊ぼう!

と心に決めてシャワーを浴びた。








昼ぐらいにS氏から連絡あり合流。

まずはS氏お勧めのマッサージ屋に行くことにする。

S氏は昔から通っているそうで

タイに住む前までは

マッサージ屋近くのホテルを常宿にしており

昼間はマッサージをして

夜は遊ぶという繰り返しだったそうだ・・・(すげ~生活スタイルだな・・・)

マッサージは足つぼマッサージとフェイスマッサージの両方を

注文して、一時間じっくりとマッサージして頂いた。

特に足つぼマッサージは気持ちが良くて、ものすごく足が軽くなった。









マッサージを終えて、次は服などを買いにBTSでMBKに移動。

昼食はマクドナルドで食べるが

日本よりも料金は安く味が薄かったように思えた。

また、ポテト増量サービス中で

かなりお腹が一杯になった。

その後は滞在中の服や時計、財布などを買い

少し仕事もかねてショップを見てまわる。

まあ、ほとんど頭の中に入っておらず・・・

女の子ばっかり見てたような・・・







その後、ナナに戻り今度はH系マッサージ屋に突入。

20人くらいの女の子が僕の前に並び

いっせいに見てくるので恥ずかしくなり

慌てて一人の女の子を指名。

顔はいまいちだったが

性格もよく少し日本語が話すことができる子だった。

名前は忘れましたが

年齢24歳・・・たぶんウソだと思います。

マッサージはやはり

本場に比べるといまいちだが

本命のH方は良かったです。

これがタイでの初性交でした。

今まで日本人としかHをしていなかったが

想像していたより・・・普通だったと思います!!

200Bのチップをあげて

仕事が休みの時に食事に行こうみたいなことを言われたけど

とりあえず電話番号だけ教えてもらいお店を出ました。







マッサージ??を2時間堪能し

気分もリフレッシュした後は

近くの日本食居酒屋に行き納豆・オクラなど日本食を堪能した。

バンコクで納豆が食べれると思っていなかったが

納豆好きな僕には

納豆と白いご飯、味噌汁があれば

バンコクで生活できるんじゃないか??

また、タイフードも好きなので

いっそのことこのまま生活できるんじゃないかと

思いながら食事をしていた。

この時はまだ私の気持ちが少し芽生えただけだが・・・










次はナナプラザに戻り

ゴーゴーバーをはしごする。

もちろんオカマバーにも顔を出し、

次にRに突入。

昨日は未突入だったらしく、けっこうかわいい子がいたが

ベイバーはせずにソイカウボーイに移動。








昨日と同じお店に行き、今度は1階で見学。

少し見学していたら

Sさん「今日は眠たいは無しですよ!ハゲタカさん」

ハゲタカ「はい!!昨日は申し訳ありませんでした!!」

Sさん「べつにここで女の子決めなくても良いですが、もし可愛い子がいたらとりあえず近くに呼んでお話しましょう。まだ、ハゲタカさんは女の子とあまり話せてないでしょう?」

ハゲタカ「そうですね。では、どの子にしようかな~」

Sさん「ゆっくりでいいですから。あと、別に踊っていない子でもOKですから!!」

ハゲタカ「そうなんですか?なんでもOKみたいな感じですね!!」

Sさん「そうですよ~誰でもOKですから!!」


誰でもOKって・・・すげーな・・・日本じゃ考えられん・・・




ダンスを見ていると

入り口付近でかわいく立っている子を発見!!

目があったので近くに呼ぶ。





名前はBちゃん。

身長は150cmくらい。

英語をメインに少しだけトーク。





ちなみに私はタイ語は全くダメです。英語は中学生レベルです。






少し日本語も話せるので食事に誘う。

ハーフで2500Bかオールで4000Bということので

オール4000Bで即決。

基本私は女の子には値切らないと心に決めています。

お金の付き合いだからこそ

値切るとお互い感じが悪くなるような気がするので・・・・・

初ベイバーということもあり

少しワクワクしながら女の子が着替えるのを待つ。

あまり待つのは好きじゃないが

こういうふうに待つのも悪くないと少し思う。

着替えが10分くらいで終わり

可愛い服を着て戻ってきた!!

店から出た後は手をつないでタクシーまで移動。

手をつなぐなんて久しぶりだな・・・

彼女と何年くらいつないでいないだろうと思いつつ

積極的に手をつないでくるBちゃんがとても可愛く見えた。

食事の前に一度ホテルに戻り

金庫からお金を出す。

食事をしながらトークをするが

英語がうまくしゃべれない私に気を使って

簡単な言葉で??話しかけてくれる姿がとても良かった。

Bちゃんは23歳で昼間は学生

一人で住んでいて

出身はプーケットで

彼氏はオートバイの事故で去年死んだらしい




気を使っているのかどうかわからんが・・・さすがに死んだはかわいそう







お客さんは日本人が多いらしく確かに日本人うけする顔だと思う。

俺も日本人だし・・・

色々話しているうちに

週末はたまに友達とディスコに行くと言っていたので

タイでディスコも悪くないかなと思いディスコに行こうと誘う。

Bちゃんはお客さんとディスコなんか行ったことがないらしく

何度も聞いてくるので

「僕はダンスが好きなんだ」

と余裕でウソをつくとやっと信じてもらえて

大喜びでタクシーでディスコに向かった。






10分くらいで到着し店名はハリウッド???

大きなダンスホールで多くの人で溢れてた。

料金は二人で1000Bもしなかったと思う。

ドリンクが一人2本付いているので安い??と思う。








入り口で手に判子が押され

暗い店内を案内係のボーイがライトで照らしながら誘導する。

店内が混んでる為、案内係のボーイが一生懸命に席を探す。





ただ、やはり後方の席しか空いておらず・・・






せっかく来たんだし!Bちゃんを喜ばせてあげたいという

かっこつけたがりが災いして~

ここはもうジャパンマネーの力を借りるしかないと思い

ボーイを買収!!!

100Bを払い眺めの良い席にしろと交渉。

すると5分もしないうちに

良い席が空いたらしく誘導してくれて

やはりマネーの力はすごいなと改めて感心した!










スミノフ??がバケツみたいな容器に4本入って席に届く。

二人で乾杯し後は踊るだけ~

さすがゴーゴーバーの女の子だけあり踊りも上手だ。

素人の私が見ても上手だと思う。





私は普段はうるさい店など行かず

まして踊るなんてもってのほか!!






ただ、ここは魔法の国タイランド

酔いも手伝って踊ってしまいました・・・

すると~二人で踊っていたら周りの日本人が話しかけてきた・・・













うるさい!!と思いながらも笑顔で回答。

「どこからきたんですか」

「何泊ですか」

「良い子連れてますね」

日本で聞かれたら確実に無視する輩だが

タイでは仕方ないと答えてあげた。

だってBちゃんの前で怒りたくないし!

確かにお前の連れている子は

ブサイクだからBちゃんと一緒にいる俺を

うらやましいと思うのは仕方ないけどね!!!







ハードな運動とお酒のおかげでとても楽しく

長い時間いたと思う。

途中でBちゃんが

お酒を飲み過ぎたということで

ホテルに戻る。









次の日はAM11時に仕事が入っていたが

そこはマンペイライ。

結局ホテルについたのは

AM3時だったと思う。

ホテルに戻りシャワーを浴びて

Bちゃんに抱かれながら

一緒に就寝。









実はベイバーする時に2つのお願いをした。

一つ目は

次の日のAM9時に起こしてくれないかということ

仕事がAM11時からだったので・・・・・

二つ目は

今日はSEXしないでOKかと

私からBちゃんに話していた。

だって・・・昼間にHなマッサージしてるし

酒を飲んだら私はできなくなるタイプなので・・・・・

Bちゃんは冗談だと思っていたらしく

一緒に寝る時に変な雰囲気にはなったが

私が拒否した。

けしてBちゃんのことを嫌いではないと言ったら

安心して私を抱いてくれ、頭を触られながら

あっという間に就寝。

二日目終了!!!
































スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。