オエオエ

早く終らせたいので更新早めます。いきなりの二話更新です♪チュ

今日も読んでくれてありがとうございます。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

そうして朝食を終えた後は島の繁華街に向かうのですが、繁華街に向かうにはボートで向かわなければならないので、近くにいるモーターボートをタクシー代わりにチャーターします。


繁華街までいくらなの?と交渉してると

二代目「あの島に行きたい」

ハゲタカ「はあ?」

二代目「行きたい!!」

ハゲタカ「ええ〜〜〜ゆっくり砂浜で休みたいし・・・だいたい、君泳げない・・・」

二代目「魚が見たい!!」

ハゲタカ「じゃあ、一人で・・・」

二代目「はあ?」

ハゲタカ「・・・・・」



そうして、たしか三時間くらいのコースを選んで島から島へと小さなモーターボートで移動するのですが・・・



最初は絶好調でお決まりの写真を撮ったりしていたのですが。。。




目的地に付く頃には・・・





『オエオエ』いってました(汗)

ええ・・・船酔いです・・・(大汗)



ただ、オエオエしながらもパンをちぎって海に投げ魚の写真を撮ります。

二代目「キレイ〜〜〜」オエ

ハゲタカ「・・・・・」

二代目「きゃー魚が〜〜」オエ

ハゲタカ「・・・・・」

二代目「気持ち悪い・・・」オエオエ

そして僕に寄りかかり・・・




ハゲタカ「船乗るの初めて?」

二代目「はい・・・」

ハゲタカ「バカなの?そんなのもわかないのに乗ったの?」

二代目「だって魚が見たかったから・・・」

ハゲタカ「はあ・・・」

二代目「ねえ、魚捕まえてよ」

ハゲタカ「ん?僕が?」

二代目「早く!!」

ハゲタカ「え〜〜なんで?濡れたくないし!!泳ぎたくなんかない!!」

二代目「嫌だ!もっと近くで魚が見たい」

ハゲタカ「そんなの海は入れないのが悪いだろ」

二代目「見たい・・・」

ハゲタカ「嫌だね」

二代目「見たい!!」

ハゲタカ「嫌だね!!自分でいけよ!!」


そうすること3分後にはシュノーケールをして水の中へ・・・

モチのロンで魚なんか捕まえられなかったですけど!!

でも、久々に綺麗な海でシュノーケリングしましたね。10年ぶりくらいでしょうか?たまには、こういうのもいいかもしれませんね♪





そして15分くらいで船に戻ると、船酔いのお嬢様が、MAX状態で何もできない状態になったので二代目を横にさせて膝枕状態でホテルに戻ります



はあ・・・

なんだこいつ・・・

まあ、船酔いは仕方ないのかな??

う〜〜〜〜〜〜〜ん・・・

なんか甘くしてるような・・・ないような・・・

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・









そう、そしてね、、、この後に非常にめんどくさいシステムが一つありまして・・・

どこかのオバカさんがね!!海に入れないもんだからさ!!え?なんでって??

だって前日にタトゥー入れてるからね♪だから濡れるなんて絶対にダメなんです♪←超アホですよね?

でもね、船はさすがに陸地までいけないですよ?なので少しは濡れちゃいます・・・

少しね・・・

少しだけね・・・

でも、その少しも濡れることができない・・・オバカがいて・・・



二代目「ハゲタカ!!早く!!」

ハゲタカ「ねえ。これ毎回やらなきゃダメ?」

二代目「だって・・・タトゥーが・・・」

ハゲタカ「はあ・・・」




そう・・・

なので・・・

ボートから降りる時は『お姫様抱っこ』です。

これをやるとね・・・



なぜか少し照れてる二代目と・・・

周りにいたファランとかにバカにされてムカついてね・・・




うるさい!!見るんじゃねーよ!!俺だってしたくてしてるわけじゃないんだよ!!と日本語で叫んだとかは内緒にしておきます♪チュ



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






オニ

早く終らせたいから二話くらい更新しようかな。

今日も読んでくれてありがとうございます♪

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



そして究極の一言♪

二代目「お金が欲しいから♪」

ハゲタカ「・・・・・」←よくも堂々と言えますね(笑)

二代目「お金くれるから彼氏だよ。お金ないなら彼氏なんていらないでしょ?それにタイ語もわからない人とどうやって会話すれば良いの?疲れるしめんどくさい。でもお金の為だから、彼氏にしてる。アッハッハ」

あーあ・・・すげー笑ってるよ・・・

今更だけど・・・

この人、とても性格悪いよ・・・



二代目「タニヤの女の子なんてみんなそうでしょ?」

そうだよ!と言いたいけど、おじさんは信じたいです!優しい純粋な女の子がきっといると・・・

二代目「それにアパート借りたこともタニヤで働いてることも知らないしね」

ハゲタカ「はあ?」

二代目「だってアパート借りたなんて言ったら来るでしょ?」

ハゲタカ「いや、そこは泊めたれよ!!」

二代目「嫌だ!一緒にいたくないし、寝るなんて絶対に嫌だ!!」

あーあーあーあー

ハゲタカ「・・・・」

二代目「だから彼氏いても気にしないでね♪」



ハゲタカ「鬼だな」←日本語

二代目「ん?日本語??」

ハゲタカ「このオニが!!」

二代目「わかんないよ!!日本語嫌い!!」

ハゲタカ「じゃあなんでタニヤで働いてるんだよー」

二代目「ヒマだったから」

ハゲタカ「はあ?」

そっか、この人、仕送りだけで十分・・・

二代目「友達がいるから、、友達といたかったから」

そんなくだらない理由でタニヤで働くなよ!!



そう、そしてここである決断をします


あかん!!こいつは相当あかん!!この若さでこんなに楽してたらあかん!!もっと地獄を見せないと!!いや、とりあえず常識を教えないとな!!親は何をしてたんだ!!親は!!

彼氏(パパ)も彼氏だよ!!・・・

うん・・・

彼氏には期待できないし・・・

う〜ん・・・



そしてここで・・・



普段であれば『飽きて』もう会う事はないであろう人ですが、このオバカなタニヤ嬢を教育してやろうと思いつきます!!

きちんと教育して彼氏の元へ行かせようと!!他にも多くいるお客様の為にも僕が一からこのオバカなタニヤ嬢を教育して安心して楽しくタイで遊んで頂こうと!!思いつきました(笑)


ハゲタカ「バカだな」

二代目「なんで?」

※ここらへんから二代目とは、だいぶ冷たい感じで話す感じになります(笑)

ハゲタカ「あのな、毎月もらってるお金がいつまでももらえるわけじゃないんだぞ?」

二代目「え?なんで?」

それは人間は劣化していく動物だからですね♪いつまでも若くないんです♪

ハゲタカ「いつかは彼氏に飽きられるね」

二代目「そうかな?」

ハゲタカ「男はみんな浮気するんだよ」

二代目「知ってる!!」

ハゲタカ「それにな、そんなお客さんが沢山いるのもあと、一年か二年だね。」

二代目「なんでそんなのわかるの?」

だから劣化するからだって!!それに飽きるの!!わかってないな〜

ハゲタカ「ふ、僕がどれだけタニヤに来てると思ってると思ってるんだ?」エッヘン♪

二代目「なによ!!」←その、ふりかざそうとしてる右手はなんですか?

ハゲタカ「まあ、落ち着け。とりあえず日本語は勉強しとけ」

二代目「え〜〜〜」

ハゲタカ「じゃあタイ人と結婚しろよ」

二代目「え〜〜〜」

ハゲタカ「なんで嫌なの?言葉通じるし良いだろ?」

二代目「前に暴力・・・」

よくある話ですね。でもそんなことされても、またタイ人と付き合ってるんですけどね!!

ハゲタカ「日本人でも殴る人いるよ」

二代目「え?本当に?ハゲタカも?」

ハゲタカ「僕は絶対にしないけど!!する人もいる。それはタイ人と変わらんよ」

二代目「日本人は優しいよ」

ハゲタカ「例えば?」

二代目「なんでも買ってくれるし、お金くれるし」←もう無茶苦茶でしょ?

ハゲタカ「あーそれな♪それもあと一年くらいだ。あとはだんだんと冷たくされていくよ。タニヤでも、なかなか指名もされないだろうな」

二代目「・・・・・」

ハゲタカ「今がずっ〜〜〜〜と続くわけではない」

二代目「・・・・・」

ハゲタカ「だから日本語が必要だ。お金が必要ならね♪わかったか?」

二代目「じゃあ、ハゲタカが教えてよ」

ハゲタカ「わかった。少しな。自分で本買ってもすれよ」

二代目「はい・・・」

ハゲタカ「疲れた・・・朝食をべにいこ・・・・」

二代目「まだ一緒にいてくれる?帰らない?」

ハゲタカ「ああ、今日は一緒にいるよ」

二代目「え?明日は?」

ハゲタカ「いるよ!!わかった?」

二代目「はい♪」

そうして朝食を終えた後は島の繁華街に向かうのですが



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






方程式

さて、今日も更新しますよ♪

今日も読んでくれてありがとうございます。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ワインを飲んだわりには、二日酔いもなく早朝に起きた

朝日が出ているので、海まで行ってみようと思い着替えて本を持って外に出かけようとすると・・・

二代目「どこに行くの?」

ハゲタカ「海だよ」

二代目「一緒に・・・」

ハゲタカ「いやいや、朝食まで時間あるから、まだ寝てていいよ」←むしろ一人で行きたい!!

二代目「一緒・・・」

ハゲタカ「なんで、そんなに一緒が・・・」

すると起き上がって近づいてきて

二代目「一緒に行く・・・」

ハゲタカ「・・・・・」



そして海に出て、二代目はいつも通り、写真タイム

僕は念願の読書タイムに突入♪そうそう海を見ながらベットに横になってね!!そう、これ!!これがしたかったの!!やっとね・・・


やっと・・・


と思って本を開いたら・・・

上から僕を見つめるタイ人が・・・



二代目「お腹減ったね」

ハゲタカ「うん」

二代目「昨日何時に寝たの?」

ハゲタカ「すぐに寝たよ」

二代目「昨日のこと怒ってないよね?」

ハゲタカ「怒ってない♪」

むしろ楽しいくらいです(笑)



あ・・・そうだ・・・

それは昨日、星を見ながらばあちゃんに言われたことを守ろうと決めたこと




ハゲタカ「今日バンコク帰るぞ」

二代目「嫌だ・・・」

ハゲタカ「帰るぞ」

二代目「嫌だ・・・」

ハゲタカ「帰るぞ♪二代目♪わかったな?」

二代目「なんで?ハゲタカが聞いたから言ったのに!!なんで怒るの?」

ハゲタカ「怒ってないよ」

二代目「じゃあ、なんで帰るの?嫌だよ!!」

ハゲタカ「それは・・・ばあちゃんが・・・」

二代目「ばあちゃん??」



こいつにこんなことを言ってもわかるだろうか?オバカだからね♪

ハゲタカ「う〜ん・・・」

すると、僕の顔を掴み

二代目「帰らない!!わかった?」

ハゲタカ「・・・・・」



すると・・・

そう・・・

最大の武器・・・

おじさん、これだけは弱いねん・・・

涙・・・




しかも、僕は見上げてる状態だから涙が僕の顔にしたたり落ちてるんですけど!!

二代目「今日も一緒にいよう・・・」

ハゲタカ「・・・・・」




そして寝ている僕に乗ってきて、また泣く・・・

僕はしばらく綺麗な朝日の海を見ながら、ばあちゃんごめんと心の中で呟いた・・・

※ちなみにばあちゃん生きてますし、関西人でもありません♪チュ



端から見れば一つのベッドでイチャついてるカップルにしか見えない僕達ですが



ハゲタカ「おい?そういえばどうやって彼氏と知り合ったんだ?」

二代目「言いたくない!!ハゲタカ怒るもん」

ハゲタカ「怒らない。いや、逆に好きになるね♪」

二代目「本当?ウソつかないと嫌いにならない?」

僕はつくけどね!!

ハゲタカ「ああ、ウソはダメだ。一番嫌いだね。だから言ってみな?」

そして、それから出会いからこれまでもことを大まかに聞いた

僕が知りたかったのは年齢と月にいくらもらっているかと、出会った場所なんですよね。たぶんタニヤじゃないと思っていたから。だからどこで知り合ったのかを聞きたかった。あとはどうでも良かったんです♪

彼氏がどんな人なんて全く興味ないですし、詮索もするつもりもないですし、これからもないですね



でも、思った事は某SNSで知り合って付き合って・・・

どお〜〜〜〜〜〜して毎月支払いすることになるわけ?

なんですか?その方程式?そんなのがこの世にまかり通るならタイ人仕事しなくなるわ!!

まあ、もうこれ以上聞くのは止めよう。泣かれても困るし。彼氏にも悪いし・・・


ハゲタカ「わかった!」

二代目「はい・・・」

ハゲタカ「お金は大事だからな」

二代目「はい・・・」

ハゲタカ「んで、あの、彼氏と他の海に行ってるの?だからここにしたの?」

すると、下の方から、シュ!!と言う音と共に僕の顔の左部分に強い衝撃がきて(どうして

さらに

二代目「行かない!!海なんて行った事ない!!」

ハゲタカ「それはウソだね」

二代目「ウソじゃない!ウソは言わない!!」

そんなんで月に何○バーツとか・・・払うかなぁ・・・そんなことを考えていると


究極の一言が♪


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






ばあちゃんの教え

サクサク更新できなくてごめんなさい。

今日も読んでくれてありがとうございます。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


アホな女の子に付き合いきれないので、そろそろ爆弾を投下しようと思います(笑)

ハゲタカ「彼氏は何歳だい?」

急に言われてビックリしたのか少しとまどいながら

二代目「いない・・・」

ハゲタカ「あ、日本人な!タイ人のじゃないぞ」

二代目「いない!!本当にいない!!」

ハゲタカ「おい、嘘つきは嫌いって言ったよね?」

二代目「いない・・・」

ハゲタカ「そっか・・・二代目は・・・嘘つきか・・・」


そしてワインを飲み干し、注ごうとしたら・・・


二代目「いる・・・」

ほらね♪

ハゲタカ「知ってる」

二代目「なんでわかるの?」

ハゲタカ「それはだな・・・」

※書くのめんどくさいので省略します

二代目「ごめんね・・・」

ハゲタカ「大丈夫。気にするな。」

二代目「でもね、彼氏なんだけど、」

ハゲタカ「あーそれは言わなくていい!あのね、彼氏はどうでもいいの?いても気にしないの!!僕が知りたいのは彼氏は何歳なんだ?と聞きたいんだよ」

二代目「○○」

ハゲタカ「ウソだろ?同じ歳かい!!」

※世代はたぶん一つ上だと思います

二代目「本当!!」

ハゲタカ「いつから!!」

二代目「○くらいかな」

ハゲタカ「それで毎月いくらもらってるの?」

二代目「ゴニョゴニョ

ハゲタカ「はい?大きな声で言ってよ」

二代目「○万バーツ!!」

もうその額ににもビックリしたけど、まさか彼氏と年齢が変わらんとは・・・

そっか・・・

僕もそんな歳になったか・・・

やっぱり僕達くらいの歳になると女の子を囲いたくなるのかなぁ・・・

う〜ん・・・





そんなことを考えてると眠くなってきたので部屋に戻る事にして部屋に付くと、早速、二代目の電話が鳴ります。モチのロンで相手は彼氏です(笑)


ハゲタカ「いいぞ。トイレで話せば俺には聞こえないから」

そうすると二代目は申し訳なさそうにトイレに


え?その間に僕は何をしてるかですか?

それはこのブログの下書きを書いてましたよ!!記憶にしっかり留める為に!!こんな面白いこと忘れてしまったらもったいないでしょ(笑)


戻ってきた二代目とそれから、少し話して二代目だけ先に寝ます

僕は部屋から見える夜の海を見ながらワインを・・・



『人の物はとったらアカンで!』と・・・

昔、ばあちゃんによく言われたな・・・




今日は星が見えないのか・・・

ばあちゃん・・・

人の物はとったらダメだよな・・・





そうして翌朝・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村







投下しまーす

スクンッビットのカラオケって、何時くらいに行けば女の子が沢山いるのでしょうか?誰か教えて(笑)





今日も読んでくれてありがとうございます♪

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

部屋はバンガローでザ・リゾートって感じです

ただ、そんなリゾートも、この人にかかればこんな感じです♪

二代目「海見える?」

ハゲタカ「見えるだろ?ほら?」

二代目「Wi-Fiある?」

ハゲタカ「ある。ないと死んじゃうだろ?」

二代目「うん♪でも、ないとハゲタカとずっと話す事になるよ」

ハゲタカ「それはとても困るな。これがWi-Fiの番号だ」

二代目「ありがとう。ハゲタカはなにするの?」

ハゲタカ「これから電話する。仕事だよ」

二代目「彼女?」

ハゲタカ「違うわ!聞きたいなら聞けよ」


それからなぜか僕から離れず、時には膝枕したり、頭なでたり、僕が電話をしてる間は猫みたいにくっついています・・・



・・・



・・・




うん・・・



・・・



・・・


これね!!僕がして欲しいんだよね!!!!

お前じゃないんだよ!!僕がしてもらいたいの!!

なに携帯いじりながらエヘヘ♪みたいな顔してんだよ!!

まったく・・・これだから若者は・・・なんてね♪(笑)




電話が終わるとなぜか元気になる二代目

二代目「仕事終った?」

ハゲタカ「終った。二代目は彼氏に連絡したか?」

二代目「しない!!」

ハゲタカ「なんだよ。してやれよ〜今回は気持ち悪いオッサンと来ちゃったけど、今度は一緒に行こうね。ティー◯ック♪チュ、くらいLINEすれよ」

二代目「そんな人いない」

ハゲタカ「またまた〜お客さん沢山いるでしょ〜何人いるんだ?彼氏は?」

二代目「いない!!」

ハゲタカ「あっそ、じゃあ昼寝しよ♪」

二代目「寝るの?」

ハゲタカ「ちょっとな♪」

そういうと近づいてきて

二代目「エヘヘ♪」

ハゲタカ「なんですか?」

二代目「ん〜〜〜」

なにこの雰囲気・・・

ハゲタカ「マジで?」

二代目「・・・・・」



というわけで・・・








そしてディナーです

さざ波を聞きながらディナーですよ♪えへへ、凄いでしょ♪普段はタニヤでおっ◯い祭りをしてる僕ですけど、こういうのもできるんですよ♪エッヘン

料理の注文は任せ僕はドリンクメニューを見ます

ハゲタカ「ビール飲む?」

二代目「いらない。他のがいい?ワインとかある?」

ワイン?そんなシャレたもんをこの人が?

ハゲタカ「本当に飲む?」

二代目「飲む!!」

そして、美味しいシーフード料理とワインで楽しい食事をします

二代目「これ美味しいね」

ハゲタカ「うん」

二代目「明日も晴れるかな〜」

ハゲタカ「う〜ん」

二代目「明日は何しようか?」

ハゲタカ「うん・・・」

二代目「ねえ。聞いてる?」

ハゲタカ「うん・・・聞いてる・・・でもな・・・」

そうここで、あえて言いたいんですけど、ワインのボトルを頼んだんですけどね、そのボトルが普通の二倍くらいの大きさがあるんですよ。ただでさえ、一本空けるなんて辛いのに・・・

しかも!!飲むとか言っていた人・・・

最初に口つけただけで飲んでないし!!だから嫌だったんだよ・・・ワインなんてさ・・・


ハゲタカ「あのさ、ワイン飲まないの?」

二代目「飲むよ・・・」

ハゲタカ「二代目も飲めよ!一人でこんなに飲めないよ!」

二代目「え〜〜」

ハゲタカ「おい!」

二代目「酔わせて何する気?ハゲタカはスケベだね♪もう一回したいの〜」


そっか、この人バカだった・・・

タニヤ嬢のしかもセクロスしてるのに、それを何する気だって?何もする気ないよ!!だいたいセクロス以上に何をする気なんだよ!!変なプレイでもしろって?そんなんしないわ!!興味もないわ!!


ハゲタカ「・・・・・」

しかもさらにアホな会話は続きます

二代目「私の事好きなんだね」

なんでそうなる・・・

ハゲタカ「・・・・・」

※アホに付き合えないので、もうこの辺から一人で晩酌状態でワインをがぶ飲みしてます♪チュ

二代目「ハゲタカは私と一緒にいたかったんだよね?だからピピに来たんだよね?」

はいはいw

ハゲタカ「・・・・・」

二代目「ハゲタカは私のこと好きなんだ〜えへへ♪」

すごい自信ですね♪

ハゲタカ「・・・・・」

さて、飽きてきたので、そろそろ爆弾を投下しようと思います(笑)



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村









なんでタイ人って充電なくなるまで電話をかけ続けるんだろう(笑)
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。