15000バーツの男

更新できなくて申し訳ありません!!

では早速続きを!!

いつもお読み頂きありがとうございます!!


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


僕の前でYは紙袋の中身をベッドの上にばら撒きだしたのですが中身は・・・


お金です!!


そうです!!タイバーツです!!しかも1000B!!かなりの大金ですね・・・はい・・・







Y「どう?」


どうって言われてもさ・・・


Y「こんなに貯めたんだよ!!」


銀行に預けた方がいいですよ!!そんな大金を自宅おくのは危険だと思います!!


Y「仕事頑張ったから、ここまで貯めれたんだよ」


でしょうね・・・でも!!だからどうしたの?そんな大金を僕に見せつけてどうするの??




それからYは紙袋からお金を出す作業を続けるのですが


Y「ねえ、彼女にいくらあげてるの?」


ハゲタカ「え・・・いや・・・普通の金額だけど」


Y「OK!!」


なにがOKなんだ?全くわからんぞ!だいたいお金を出して僕に見せつけて何がしたいんだ?お願いですからホテルに帰して下さい!!(涙)




そんなことを考えながらもYの行為を見続けていたら







Y「じゃあさ・・・いくらなの?いくら欲しいの?」


いくらって・・・今まで42年も生きてきたが、言ったことはあるけど言われたことはないぞ!!だいたい僕はお金を欲しいなんて言ってないぞ!!


ハゲタカ「はあ???」


Y「今度から私がハゲタカにお金をあげる!!だから付き合おうよ!!」


お金って・・・


あげるって・・・


つきあうって・・・


もう理解不能なんですけど!!









ハゲタカ「あのさ・・・」


Y「ちょっと待って!!」


そう言うと、また頬をわしづかみされて何も言えない状況になり









Y「ハゲタカは沢山の女の子と遊びたいよね?」


はい!! 


Y「ディスコとか行きたいよね?」


はい!!


Y「私は束縛しないよ」


はいはい・・・そう言う人ほどするんですよね!!何度騙されたことか・・・


Y「お金もいらない!!」


それは嬉しいお言葉ですね♪


Y「お金もあげる!!」


それはかなり魅力的なお話ですね♪


ハゲタカ「お金か・・・」


Y「うん!お金をあげるよ!!毎月10000Bでどう?」





10000B・・・




10000B・・・




10000B・・・








いやいや無理です!!たかが10000Bでリスクあり過ぎでしょ!!


なので力強く!!キッパリと!!


ハゲタカ「嫌です!!」


Y「じゃあ、12000B!!」


上がるんですね♪でも!!


ハゲタカ「嫌です!!」


Y「15000B!!」


15000Bですか・・・


それはなかなか魅力的な金額ですね♪


でも・・・さすがにね・・・オカマにお金をもらって彼氏になるってどうなの?






ハゲタカ「嫌だ!!」


Y「どうして?15000Bだよ!!」


ハゲタカ「うん、でも嫌だ!!」


Y「どうして!!束縛もしないし、お金もあげるんだよ!!GOGOでもタニヤでもディスコでも女の子と遊んでいいんだよ!!なにが不満なの?」


べつに不満ではないです!!でもね・・・


ハゲタカ「でもさ・・・結局はYといなきゃダメなんだよね?」


Y「うん!!私が家に帰るまでにはハゲタカも帰ってきて!!」


ほらね・・・


結局は束縛してるよね・・・


なんで女の子って束縛したがるんですかね?最近は男でも束縛するを人がいるらしいですが僕には理解不能です♪


ハゲタカ「ごめん・・・僕には無理です・・・」


Y「どうして・・・」


そういうとYが僕に抱きついて泣きだし・・・


小声で・・・


Y「20000B・・・」










にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

嫌な予感

夏っていつまでですかね?

まさか9月まで・・・

では続きをどうぞ!!いつもお読み頂き感謝しております!!


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村




帰ろうとしていたのに部屋に連れ戻された僕にYが長々と話しだす


僕にもわかりやすく説明をしようと、英語、タイ語、日本語を使って・・・




Y「なんでそんなに遊びたいのに彼女が必要なの?」


そんなこと言われてもね・・・


Y「バタフライには彼女は必要ないでしょ?」


必要じゃない!!とも言いきれないですけどね


Y「だからね・・・」


なんか嫌な予感する・・・












Y「今の彼女と別れなよ」


ハゲタカ「え・・・」


Y「だって、彼女なんかいらないよね?女の子と遊びたいんでしょ?」


遊びたいけど・・・


Y「それにお金だって払ってるんでしょ?」


当り前だと思うんですけど!!払わなくて遊べる方法があるなら教えて欲しいですよ!!


それからYはしつこく何度も彼女と別れた方がいいと説得してくる・・・


たぶん一時間くらいは聞いていたと思います




ただ・・・いい加減に・・・





Y「だから早く別れちゃいなよ!!」


ハゲタカ「あのさ・・・Yの言うことは理解できるけど・・・なんでそんなに別れさせたいんだ?僕は今のままで十分満足してるよ」


Y「だって、お金も払って女の子と遊べないのは可哀想じゃない!!」


たしかにその通り!!本当にそう思います!!


ハゲタカ「いや・・・そうだけどさ・・・」


Y「もう別れてよ!!そして別れて私と付きあおうよ!!」


うん・・・聞き違いかな?聞き違いだと思って再度・・・


ハゲタカ「はあ?今なんか言った?」


そうすると顔の頬を力一杯掴まれて


Y「私と付き合ってよ!!」






頬を掴まれている状態なので、しばらく返答ができない僕は・・・その状態のまま・・・しばらく何も言えず、Yが手を離してくれてから



ハゲタカ「あの・・・それは無理です・・・」


Y「どうして!!なんで?」


オカマだから無理!!とは言える状態ではないので


ハゲタカ「彼女いるから・・・」


Y「お金払ってるのに?」


ハゲタカ「はい・・・」


Y「OK!!じゃあ、ちょっと待って!!」




そうしてYは部屋の奥へと消えて、紙袋を持って僕の目の前に戻ってきた・・・


Y「これを見て!!」


そうしてYは紙袋の中身をベッドの上にばら撒きだした・・・












にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村







なんで別れないの?

最近思うのですが、今の時期の日本ってタイより暑くないですか?

僕の気のせいでしょうか?(笑)

では続きからどうぞ!!いつもお読み頂き感謝しております!!



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村






オカマレストランで酒を飲んだ後の記憶がない・・・


朝起きると隣にオカマが寝ていて、どうやらホテルではないらしい・・・


とりあえずトイレを探すのですが広すぎてトイレが見つからない!!


なので寝ているオカマを起こして


ハゲタカ「あの!!トイレどこですか?」


トイレを無事に済ませるとYが水を差しだしてくれたので水を飲みます


ハゲタカ「・・・・・」


Y「・・・・・」


なんかとても微妙な感じなんですけど・・・


それに僕・・・今・・・パンツしか履いてないし・・・


オカマもTシャツとパンツだけだし・・・










ハゲタカ「あの・・・ここはYのアパート?」


Y「うん」


ハゲタカ「広すぎない?一人で住んでるんだよね?」


Y「うん」


ハゲタカ「あのさ・・・」


Y「どうしたの?」


ハゲタカ「なんで僕ここにいるの?」


Y「え?だって途中でハゲタカ寝ちゃったから・・・ハゲタカ起こしても起きないし・・・」


ハゲタカ「そう・・・ごめんね・・・」


Y「だから、友達と一緒にタクシーで連れてきたの」


ハゲタカ「・・・・・」








それから、しばらくYと水を飲みながらトークをするのですが、朝まで飲んでいたせいで、とても寝むい!!


Y「まだ寝る?」


ハゲタカ「だね・・・」



ということで・・・はい・・・



一緒にベッドに入って寝ました!!寝るまでの間に下半身の部分を軽くタッチしてくる場面もありましたが無視して寝て・・・










起きると夕方に・・・








この日はアホな友達と約束があったで、慌ててシャワーを借りて帰る準備をします・・・



ハゲタカ「シャワーありがとう!!じゃあまたな!!」


Y「あ!ちょっと待って!!」


なんだ?まさか金か?たしかにロングと変わらないくらい一緒にいたからな!と思い財布からお金を出そうとしましたが


Y「ちょっとこっちきて!!」


そう言われて手を掴まれてベットの近くのソファーに座らせられます






ハゲタカ「ん?どうした?」


それからYはため息をついて・・・


Y「ハゲタカは今の彼女好きなの?」


あまりにも唐突な質問だったので答えに困ります


ハゲタカ「はあ?」


Y「だって彼女がいて遊べなくて困ってるよね?」


それはたしかに!!


Y「なんで別れないの?」


別れるほど嫌いじゃないからな・・・


Y「ハゲタカは遊びたいんだよね?沢山の女の子と遊びたいよね?」


はい!!もちろんです!!


Y「だからね・・・」


なんだ?なにが言いたいんだ?


Y「だから・・・」





そうしてオカマの長いトークが始まった・・・














にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


このレストランは・・・

オリンピック終わりましたね・・・

毎日深夜まで応援大変でしたね・・・

でも!!メダルが沢山取れてホント良かったですね♪

頑張った!!日本!!

では続きからどうぞ!!いつもお読み頂き感謝しております!!


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


ディスコでオカマに寄り掛かりながら寝ていたら起こされます



Y「ハゲタカ起きて!!帰るよ!!」


酒にのまれているブサメンキモオタオヤジに向かって優しく話しかけてくれるオカマ・・・


やはりオカマの優しさは~




・・・・・




怒られるから止めておきます・・・








それからオカマに肩を貸してもらいながらディスコを出ると


Y「お腹減ったね!!ご飯食べようよ!!」


帰って眠りたいんですけど!!と思いましたが、優しくしてくれるオカマには優しく答えてあげないといけないので


ハゲタカ「無理!!帰る!!眠たい!!」


Y「え~お腹減ったから行こうよ!!ハゲタカ今日は何も食べてないでしょ!!」


そういいながら無理矢理タクシーに乗せられました・・・






タクシーに乗るとすぐにオカマに膝枕をしてもらい、寝てしまった僕ですが・・・


























いきなりビンタで起こされます!!


痛いよりも何が起きたのかわからない僕はとりあえず周囲を見渡すのですが・・・


目を明けるとタクシーから降りていて、どこかの屋台のレストランに座ってます・・・


しかも目の前に、大きなオカマが立っていて、ものすごい形相で僕を睨んでます・・・


隣にはYがいて・・・


テーブルにはビールと料理があって・・・


周りのテーブルには・・・












オカマしかいない・・・グスン・・・


いくつものテーブルがあるのに!!オカマしかいないんです!!


なんだ?このレストランは?オカマ専用なの?っていうくらいオカマしかいません!!







ハゲタカ「あの・・・すいません・・・ここはどちらでしょうか?」


Y「ホイクワンだよ」


ホイクワンか・・・そうなんだ・・・ホテルはホイクワンの近くだから・・・


ハゲタカ「あの~僕のホテルはホイクワンじゃないんですけど!!」


Y「知ってる!!でもお腹減ったから」


お腹減ってるからってね・・・拉致して連れて来なくてもさ・・・


ハゲタカ「あの、帰りたいんですけど!!お腹減ってないし!!」


そうするとYが少し落ち込んだ感じでうなだれて・・・






すると!!





近くのオカマから氷を投げられました・・・はい・・・






立ちあがろうとすると・・・さらに氷が投げつけられて・・・






大きなオカマが立ちあがったので身の危険を感じた僕は座ることに・・・









ハゲタカ「と、と、とりあえず食べようかな?テヘ♪」


するとYが元気になり・・・


はい・・・


またノーハンドレストラン状態ですね・・・










それからは近くのオカマも僕達のテーブルに寄ってきて一緒に食事がスタートです


沢山のオカマに囲まれながらビールを・・・






お酒のつまみは・・・


僕がどこのオカマと仲が良いとか・・・


僕が誰をベイバーしたとか・・・


僕がオカマバーでマウントポジション取られたこととか・・・


僕のアホの友達がオカマに冷たくしてるとか・・・


僕のアホの友達が3Pしかしないとか・・・


僕のアホの友達がゴムを使ってくれないとか・・・




を!!何度も何度も繰り返し言われ・・・しまいには・・・






うん・・・


ビールはイッキしないとダメなんだ・・・


あ!ジャンケンもするのね!!


へぇ~ジャンケン負けたらズボン脱がれそうになるんだ~


周りに沢山人がいるから止めてくれない?


え?いや負けても君は脱がなくていいよ!!まだシリコン入ってないしね♪


え?ウイスキーも飲もうぜ?


OK!OK!!





・・・







・・・










そうして・・・また・・・記憶がなくなり・・・


起きたら・・・あはは・・・グスン・・・
















にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

いくら持ってるの?

両替って面倒ですよね?

スクンビット?タニヤ?他にもあるんですかね?

僕は、だいたいはタニヤで両替ですね♪ついでに調度いいですしね♪

今日は両替についてです!では続きをどうぞ!!いつもお読み頂き感謝しております!!




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村




無理矢理ズボンを脱がされた後に・・・またシャワーに入ります・・・


とりあえず一緒にまたランチに行くのですが・・・




お金がない!!




どうやら昨日使いすぎたようです(笑)


わざわざ両替をしにいくのもな・・・


でもお金払わないといけないし・・・





ここで考えたことはUに両替してもらおう!!と・・・あはは・・・


今思えば最低ですね・・・女の子に頼むなんて・・・





ハゲタカ「あの、申し訳ないんですが、両替してくれない?」


怒られるかな?


U「ん?ハゲタカお金ないの?」


ハゲタカ「昨日使いすぎたみたいだね、バーツ持ってる?」


持ってるかな・・・


U「いいよ!いくらしてほしい?」


ハゲタカ「え~と、いくらできるの?」


そうするとUはカバンから財布を取り出して・・・






・・・・・





1000Bを出すのですが・・・




一枚・・・




二枚・・・






・・・・・





・・・・・







あの・・・お金持ちすぎじゃないかな?いくら持ってるの?


よくよく見ると、高そうなカバンと高い財布を持ってるし・・・









U「いくら両替して欲しい?昨日のレートでいいよ!!ハゲタカも嬉しいでしょ?」


レート知ってるんですね♪さすがタニヤ嬢♪


ハゲタカ「うん・・・じゃあ・・・」





というわけでタニヤ嬢に両替してもらいました・・・エヘへ♪


しかも、少し多めに両替しました!!しばらくタニヤには行きたくなかったので!!(汗)





ハゲタカ「助かったよ!ありがとう!!お金沢山持ってるな!!危険じゃないの?」


U「危ないよね!でも、今日使わないといけないから、それにいつもこれの半分くらいは持ってるよ!」


半分でも十分ですけど!!僕より持ってますけど!!だいたい何にそんな使うんだ?


ハゲタカ「そう・・・か・・・頑張れよ!!」


U「ん?仕事のこと?仕事はどうでもいいの!!どうせ、もう止めるし!!今はね・・・」





それから、Uは止まることなく僕に話し続けます


タニヤで働いている理由とや家族のこと、夢や目標など・・・


僕にとって聞きたくない話のオンパレードでしたね♪






それからホテルを出てランチをしてUとお別れ!!



そう・・・ここで・・・しっかりチェックをしとけば・・・


いや!!したんだよな・・・


う~ん・・・












そうして、またいつものように仕事をして・・・








いると!!






オカマから電話が・・・


Y「なにしてるの?」


ハゲタカ「今は移動中です」


Y「今日、ディスコ行こうよ!」


ハゲタカ「嫌だね!!絶対に嫌だ!!今日は忙しいんです!!」


Y「ウソ!!彼女まだ田舎にいるでしょ!友達は全員知ってるよ!!」


なんで知ってるんだよ・・・


いつも思うけど君達はどんなやりとりをしてるんだ?


情報まわるのが早すぎるんだよ!!


その情報網はいくら払えば取得できるのしょうか?是非教えて下さい!チュ♪と言おうとはしましたけど止めときました・・・知るのが怖いので・・・




ハゲタカ「あのね~彼女がいなくても僕は忙しいの!!仕事があるの!!僕は女の子だけと遊ぶ人間じゃないんです!!浮気とかしたことないし!!」


僕はいつも思ってます!!あくまで僕が思ってるだけですからね!!(大汗)


Y「ウソだよ!!どうせタニヤの子と遊んでるんでしょ?知ってるよ♪」


なんで知ってるの?


ハゲタカ「な、な、な、なにを言ってるの?いつも一人で寝てるよ!」


かなり動揺してたのは事実です♪


Y「どうせ、彼女がいない間にディスコとか行ってるよ!それにハゲタカがGOGOの子と遊ぶわけないじゃない!そんなの怖くてできないでしょ?」


正解!!何も言えない!!そんなことできるわけがない!!


Y「だからさ~ディスコ行こうよ!!」


なんでそうなる!!なんでディスコ?そしてなんでオカマ?意味が全くわかりませんよ!!


ハゲタカ「考えておく・・・」


Y「OK!じゃあ、連絡するね!電話は絶対にでてよね!!」




ふぅ~~~


タニヤ嬢の次はオカマか


タニヤ、タニヤ、オカマ!!次はなんだ?オカマ?タニヤ?


まぁ、悪い組み合わせじゃないな・・・たぶん・・・だけど!!(汗)



と考えながら仕事に励み終了!!







それから数時間後・・・








連日のごとく友達とディスコに行くのですが携帯電話の振動が止まりません!!(汗)


オカマとタニヤ嬢のコラボです♪


この状態だと携帯の電池が無くなるので、まずは消去方で・・・





オカマからするのですが電話にでない!!


じゃあ先にタニヤ嬢を・・・



・・・・・



片付きました!(笑)


ただ、最後に・・・『ハゲタカ バカ キライ アイタクナイ イチバンキライ イチバンウソツキサン』と言われましたけどね・・・



イチバンキライ・・・


イチバンウソツキサンって・・・


今日は約束してないんですけどね!!






その後は、もう、キライと言われたことに心が気付いたので・・・お酒を・・・











・・・・・










気づいたらオカマがディスコに来てました・・・はい・・・


オカマに寄り掛かりながらディスコで寝てたみたいですね・・・





そして・・・












にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。