いきなり始まった

なんとか二日連続で更新できました!!

では回想編をお楽しみ下さい!!

いつもお読み頂き感謝しております!!







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


Cとの出会いはいきなり始まった!!出会いについては省略しますね♪





『信用』される男になる為に何度かのデートを乗り越えると・・・




C「温泉に行ってみたいです」 



ここでちょっとCちゃんについて説明しましょうか!!

Cちゃんは日本語を話せます!難しい言葉以外なら基本はOKです♪漢字も少しならできます!

口癖は語尾に『です』をよく使います!どこかの国のカラオケで働いている女の子みたいな感じです!

身長は165センチ以上あります!なのでブーツなどを履かれると見下ろさせる感じになります!

こんな感じでイメージできましたか?








ハゲタカ「え?温泉?」

C「そうです!温泉に行きたいです」

この時期に温泉かよ!!高いだろうな~と思いながらも・・・

外国人が浴衣を着たらどうなるんだろう?という好奇心から仕事の合間にポチっと予約!テヘ♪







そして温泉当日・・・


始発電車を待っていると怒った表情でこちらに向かってくるCが来る

C「どうして?どうしてこんなことになるの!!」



じつはですね・・・

前日から会う約束をしてたんですがタイ好きなおバカな人達と飲んでいたら朝まで飲むことになりまして・・・

約束と違うでしょ!!と何度もメールや電話で言われるのを無視した結果・・・





C「なんでHはお酒飲むとバカになるの!!」

H「すいません・・・」



こんな感じで土曜日の始発のホームで外国人に日本語で怒られる31歳がいるかもしれませんね!テヘ♪


それから電車の中でスーツから私服に着替えをします



C「アハハ!Hの私服初めて見たよ!カワイイね♪」

ハゲタカ「そうですか・・・ありがとうございます!とりあえず少し寝させてくれませんかね?」

C「OK!着いたら起こすね!!」

そうして仮眠をしていたら

C「起きて!ここじゃないの!駅は!」

H「ん?おお!ここだよ!降りようか!」



目的地の温泉街についたのですがチェックインにはまだ時間があるのでどこかで時間を潰そうと思っていたら・・・



C「お寺見ようよ!」

見たくないし!!寒いから歩きたくないし!!

H「・・・・・」

C「嫌なの?」

嫌だよ!!嫌です!!でもな・・・せっかく来たのに可哀想だよな・・・昨日の件もあるし・・・

どうして僕は外国の女性に弱いんだろうな・・・

H「まさか!!お寺に行こうよ!!他にも見る場所はたくさんあるよ!」




そして・・・


C「これ有名なの?」 

H「まんじゅうだよ!まんじゅう!どこにでもあるよ!」

C「あれはなんて言うの?」

H「あれは〇寺!!」

C「あれは?」

H「あれは・・・」

ということを100回くらい繰り返し・・・




そうしてやっと温泉に到着!!!

長い!!長いぞ!!温泉来るまでが!!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村













なんで・・・

皆様元気でお過ごしでしょうか?

今回からはある男の人が体験した記事内容になっております!(僕ではありません)

タイに全く関係のないお話なので、タイ好きな人には興味のないお話が続きますが、サクっと終わらせますので許して下さいね♪

では、よろしくお願い致します!

いつもお読み頂き感謝しております!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


よくわからないアナウンスが聞こえる

どうやら飛行機が着いたようだ

窓から外を見ると雪が降っている



飛行機を降りて人の流れに身を任せてイミグレへ

無事に荷物を受け取り出口に行くと















ファランしかいないね!!まあファランの国だから仕方ないんだけど!!




でも・・・今さらだけど・・・なんで・・・僕こんな場所にいるんだろう・・・

いや!!もう今さらそんなこと考えても意味がないんだけど!!だけど・・・なんでこんな国に来ちゃったんだろ!!

本来であればカウントダウンはタイで過ごす予定だったんだけどな・・・

う~ん・・・

















それにしても『あいつ』はどこだ?

あいつが来ないと僕は何もできないぞ!!

ホテルの場所もわからないし!!だいたいどうやって行くかわからないし!!

タバコも吸いたいし、喉も乾いたな!!

でも勝手に動いて待ち合わせができないと困るし!!なによりもお金もないし!!





早く来ないかな~『あいつ!!』


そして待つこと5分で・・・






あいつ「H~~~~~~」


走りながら僕の名前を叫ぶ女性が僕の前に来ると


あいつ「待った?」


H「遅いよ!!」


あいつ「ごめんね~じゃあ、行こうか」


H「ホテルまでどうやって行くんだ?」


あいつ「車で行くよ!!私の運転でね♪」


H「マジかよ・・・大丈夫かよ・・・冬道の運転とかできるの?」


あいつ「大丈夫!!安心して!!」


外国人の安心してほど怖いものないんだけどな~いままの経験からすると!!






H「そう・・・」


あいつ「あ!それと・・・」


そう言って温かい上着と携帯を渡されて


あいつ「これあげる!!使って!!」


H「ああ・・・悪いな・・・」


あいつ「べつにいいよ~上着はないと凍えちゃうからね!携帯も安いのだから気にしないで!!電話帳には私の番号を登録しといたからね」


H「おう・・・」


そして空港から外に出ると







雪降ってるし!!いや!!降ってるじゃなくて吹雪いてるね♪




そうして『あいつ』が運転する車でホテルに向かい僕は車から見える外の景色を見つめながら・・・


『なんでこんな場所にいるんだろう』と何度も繰り返し考えた・・・





なぜこんなことになったかと言うと・・・


それは・・・






次回からは回想編です♪




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村













観光にも飽きてきてホテルで一人でTVを見ている日がでてきますよね?


この日はCは友達と遊ぶらしく今日は一人で過ごすことになっている・・・


タイでも昼間はヒマだけど、この国はCがいないと夜もヒマなんだよな!!


ランチをしてすぐにホテルに戻り映画を見ながら寝てしまう・・・そんな時に・・・




寝ていると携帯が鳴り


ファランB「おい!今日は何してるんだ?」


H「ん?今はホテルにいる」


ファラン「じゃあ一時間後にいつもの店で待ってるぞ!」


H「OK」


じつは連日一緒に飲んでいると、ファランも以外と良い奴なのか?と思い始め仲良くなってきたんです・・・


シャワーに入って厚着に着替えてマフラーしてニットの帽子を被って出発!!




バーに着くとおバカなファランの友達が待っていて


ファランB「おい!こっちだ!!」


H「あれ?Aは?」


ファランB「今こっちに向かってるぞ!今日はCはいないんだろ?」


それからピーナッツを食べながらファランとトークをしてるとファランAが来て


ファランA「今日は温かいな!そう思うだろ?」


吹雪いてますけど・・・


H「なあ?それジョークなの?」


ファランA「え?今日は温かいだろ?」


H「寒いよ!!吹雪いてるだろ!!」


ファランA「そう?まあ、今日も飲もうぜ!」


H「とりあえず飲むけどさ・・・なんかこの店にも飽きてきたんだけど!」


ファランA「じゃあ店を変えるか?案内するぞ!」


H「あのさ・・・女の子とかいる場所とかないの?えへへへへ」


すると2人とも笑いながら・・・


ファラン「なんだよ!!Hはそういうの興味あるのか?」


H「あるに決まってるだろ!!」


ファランA「じゃあ俺がよく行く場所に案内するよ!」


それからファラン2人とご飯を食べてバーに行く





中に入ると人で沢山あふれてる!!


ディスコみたいに音楽がかかっていて、はぐれないようにテーブルまで移動!!



ファランA「どうだ?女の子いるだろ?」

いるけど・・・いるけど・・・僕が求めているのは・・・

ファランA「なんか楽しくなさそうだな」

楽しくないわけじゃないんだけどさ・・・

H「あのさ・・・もっと別にないかな?」































にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村











訪タイ9回目


下書き


また来てしまった!!この国に!!って・・・まあ仕事だから仕方ないんだけど!!


まずはいつも通りタクシーに乗ると車内の中で、これもまたいつも通りのMへ電話する








電話にでるか?でないか?(笑)








・・・・・











M「ハロー・・・ゲホゲホ・・・」



すぐにでましたね♪


ハゲタカ「まだ、具合悪そうだな」


M「うん、着いたの?」


ハゲタカ「ああ・・・とりあえず寝ろ!!俺もこれからホテルに行って寝るだけだから!!」


M「え~~~私も行きたい!!」


ハゲタカ「ダメ!!とりあえず寝ろ!!そして起きたら電話しろ!!」


M「OK・・・」


そうしてホテルでチェックインして寝ていると電話が鳴る











PP「お~ハゲタカ元気?」


ハゲタカ「あはは、PPさん元気ですか?」


PP「ごめん、バイブにしてて気づかなかったわ」


ハゲタカ「べつにいいですよ!昼飯でも喰います?」


それから2人でご飯を食べていると






ハゲタカ「それでどうなんです?今回のタイは?嫁見つかりました?」


PPさん「全くダメだよ!!もうタイでいい事なんかないよ!金だけむしり取られるだけでさ~」


ハゲタカ「あはは、またそういうことを言うんだもんな~じゃあ、今日はタニヤでも行きますか?」


PP「いいけど、Mちゃんは?」


ハゲタカ「風邪で寝込んでますからね~どうなんですかね?今日は会えないんじゃないですか?」


PPさん「おいおい、まさかケンカしたとかじゃないだろうな!!Mちゃん泣かしたらすぐに埋めるからな!!」


ハゲタカ「違いますよ!!マジで風邪ひいてるんですよ!!」


PPさん「じゃあ、看病しに行ってやれよ!!」


ハゲタカ「え・・・なんで?」


PPさん「なんでって・・・彼氏なら普通は行くだろ?LOVEなんだろ?」


ハゲタカ「だって俺が行ってもできることないですから・・・」


PPさん「どうしてこんな奴とMちゃんは付き合ってるんだろうな!絶対にもっと優しくてくれる人いると思うんだけどな~」


とヤ〇ザがブツブツと呟いているのを無視して(笑)









ハゲタカ「というわけでタバコ下さいよ!」


タバコは誰かさんの前では吸えなくなりましたからね・・・


PPさん「止めたんじゃないのかよ!」


ハゲタカ「はあ?止めましたよ!!Mの前でだけですけどね!!」


PPさん「なんだそれ!もうハゲタカはよくわからんな!!なんでこんな奴が女の子と・・・」







それからはバービアに行ってビールを飲んでいるとMからTELが


M「ハ・ゲ・タ・カ」


ハゲタカ「お前なんだその声は!!オカマみたいな声になってるぞ!!さっきよりひどくなってるだろ!!」


M「ア・ハ・ハ」


ハゲタカ「あ~もう話さなくていいから!!とりあえず今日は家で寝てろ!!薬あるのか?」


M「あるよ」


ハゲタカ「ご飯喰ったか?」


M「まだ」


ハゲタカ「じゃあご飯食べて薬飲んで寝ろ!!」


M「うん」


ハゲタカ「今日はホテル来なくていいからな!!」


M「え~~~~」


ハゲタカ「ダメ!!今日はゆっくり治して明日元気に会おうぜ!!」


M「OK・・・ハゲタカ服ある?」



そういえば・・・


ハゲタカ「な・・・い・・・わ・・・」


M「じゃあ友達にお店に持っていってもらうようにする!!一日分だけでいいよね?」


ハゲタカ「ああ・・・頼む・・・」







それからPPさんと


PPさん「Mちゃんか?」


ハゲタカ「今日は風邪で会えそうにないですね」


PPさん「そうか・・・じゃあ今日はタニヤだな」


ハゲタカ「OKです!!それでどうします?ここの女の子でも連れて帰ります?」


PPさん「化け物みたいなのしかいないけど・・・」


ハゲタカ「あはは、まあ、そうだけど~よくよく見ればいるかも!!」


PPさん「俺は疲れたから寝る!!じゃあ夕方な!!」


それから一人でビールを飲んでいると・・・またこいつかよ・・・


P「元気ハゲタカ?」


ハゲタカ「あのさ~なんで俺がバンコクにいるの知ってるんだ?なんかあるんだろ?」


P「エヘへ、内緒です」


ハゲタカ「まあ、いいや!じゃあな!!」


P「今何してるの?」


ハゲタカ「ビール飲んでる!これからホテルに帰って寝る!」


P「じゃあ、一緒に寝よ!今からホテル行くから」


ハゲタカ「残念だけどホテルはチェンジしましたのでPにはわかりません!」


P「え~~~どこ?どこにしたの?」


ハゲタカ「じゃあまたね~」


ということで電話を切りホテルへ向かって歩いていると電話が鳴り続ける・・・


P「ねえ!どこなの?どこのホテルにいるの?」


ハゲタカ「なんだよ!もう寝るから後でな」


P「もうタクシー乗ったから教えてよ~」


ということで・・・あっけなく・・・ホテルを教えると


P「そのホテル・・・」


ハゲタカ「ああ・・・そうだよ!知ってるだろ?」


P「アハハ・・・知ってる」


それからすぐにPがホテルに来て


P「元気だったハゲタカ?」


ハゲタカ「眠いから寝る!シャワーに入る」


それからシャワーに入り上がるとPはベットで寝てる


ハゲタカ「なんで寝てるの?」


P「え?ダメ?一緒に寝ようよ!」


ハゲタカ「いいけど・・・何もしないでね!」


P「あはは、それは私が言う言葉でしょ~」


それから寝ていないせいかあっという間に熟睡


起きると夕方近くで


ハゲタカ「おい!起きろ!!」


P「あ~寝ちゃってた・・・」


ハゲタカ「俺は用意して出かけないと!」


P「じゃあ私は帰ろうかな~」


ハゲタカ「はあ?まだ働いてないの?」


P「ん?今は学生だけしてるけど、少しだけタニヤでも働くけどね」


ハゲタカ「そう・・・まあいいや・・・」


P「じゃあ・・・ね・・・」


ハゲタカ「いや!無理だよ!!俺これから色々あるんだからさ~」


・・・・・


それからシャワーに入り用意をして


P「今日はどこ行くの?」


ハゲタカ「今日はタニヤだ!!」


P「へぇ~タニヤなんだ!また女の子泣かすの?」


ハゲタカ「なんだそれ!嫌な言い方するな!俺は女の子は泣かさないぞ!」


P「ウソつき!!でも、GOGOよりタニヤの方が楽しいよね」


ハゲタカ「それはどうですかね~」


P「まだ、彼女と付き合ってるんでしょ?」


ハゲタカ「ええ・・・まあ・・・」


P「早く別れた方がいいよ!そして私にしちゃいな!!アハハハハ」


ハゲタカ「・・・・・」




そしてPPさんとJ君とタニヤへGO!!


タニヤでご飯を食べて・・・いざタニーヤへ!!


J「どこ行くの?」


ハゲタカ「そんなのしらん!!カワイイ子がいる店に行くだろ!!」


PPさん「また・・・この男は適当に言ってるな・・・」


と言いながらお店を見て周っていると・・・







発見!!タイプの子!!すぐに女の子の近くに行き


ハゲタカ「ねえ?どこのお店で働いているの?」


女の子「このビルです」


というわけでエレベータに乗ると


PPさん「あのさ~ハゲタカのタイプわかりすぎなんだけど!」


ハゲタカ「やっぱりですか?アハハハハ」





それからお店に入り一人づつ女の子を選んでタニヤ祭り開始です♪


僕は呼び込みをしていた女の子Rちゃんをモチのロンで選んでます


Rちゃんは日本語を普通に話せます。学生です。ただ、ノーオフです。


そう・・・ベイバーができないということです(涙)


まあ、どうせベイバーなんかするつもりもないんでいいのですが・・・



それからRちゃんといつも通りのトーク?まあ学生さんですしね・・・若い子だから・・・あんまりね・・・


そしてお店を変えて違うお店に


これもまた適当に僕が声をかけたんだっけな?


あはは・・・ここらへんは覚えてない!!



というわけで・・・



となりについた子はUちゃんです。日本語で会話を普通にできます。


というわけで・・・ここでは・・・


とりあえず・・・まあ・・・いつも通りして・・・



一時間が経過・・・



ママさん「どうしますか?今日は連れて帰りますか?」


と言われてもPPさんもJ君も連れて帰るわけがなく!!


僕も無理なので・・・


やんわりとUちゃんを断ると・・・



いきなり怒りだしまして・・・はい・・・



とりあえずトイレに逃げて部屋に戻ると・・・


ハゲタカ「J!あのさ・・・めっちゃ怒ってるんだけど!!」


J「当り前でしょ!!あんなに口説いてたら誰でも一緒に帰ると思うよ」


ハゲタカ「あはは!やっぱり?」


J「本当に何回同じことを繰り返してるの?」


ハゲタカ「だってさ~初日だからやっぱり調子にのるよね?ねぇそうですよねPPさん!!」


PPさん「ハゲタカはいつでもだろ?」


というわけでUちゃんには今日はごめんね♪と言いながらお店を出た


それからは適当に時間を潰してJとPPさんとお別れをして


僕はなぜか・・・テーメに行き!!








一日目

昼間にPPさん

バーで連れ帰ろうとするとP

なぜPが知ってるか

Mがオカマの声

タニヤ

テーメ連れ帰る


二日目


PPさんとランチをしていると


PP「今日はMちゃんと会うんだよな?」


ハゲタカ「仕方ないですよね・・・」


PPさん「おい!ずいぶん元気ないな!!」


ハゲタカ「だって・・・Mいたら遊べないし」






PPさんとエロマッサージ

PPさんのピンクローター

Mと合流

みんなでコンドームレストラン

PPさんが呟く

Jがスイートマウス

タニヤ

三日目

みんなでタニヤ

カニを頼もうとするがない

MとGOGOに

PPさんペイバー

ディスコでボクシング

四日目

タニヤでカニを食べる

僕がタイ語を覚えているのをJが知る

Mが洗濯で帰る

タニヤ

PPさん帰国

GOGO

テーメ

一人寝


五日目

仕事モード

タニヤ

まずは一件下見

Cちゃん口説く

PUにつかまる


六日目

仕事モード

タニヤ

Cちゃん口説く

PUに掴まる

七日目

実家へ帰らせよう作戦開始

Mと一緒

八日目

実家へ帰らせる作戦成功

Mと一緒

九日目

Mとご飯を食べてMは実家へ

オカマとレストランで食事 モチのロンで隣でノーハンドレストラン

PUがホテルに来る

10日目

ペグさんとヨウさんとJと食事


ヨウさんのLOVE話し

20000B

スクンビットのカラオケ

しこたま飲む

ヨウさんと一緒にディスコ

PUを呼ぶ

噛まれる



11日目

ペグさんとヨウさんと食事

カラオケ

ディスコにオカマを呼ぶ

気づいたらホイクワン

オカマにビンタされならが食べる


12日目

Mがいきなり帰ってきていることを知る

Sと会う

帰ってきたらカツラ事件

シャンプーハットを隠す

13日目

最後の食事

LOVEトーク

そしてバンコクに

いよいよ今回の訪タイ記事も最後となりました!

田舎編いかがでしたでしょうか?

では前回の続きからどうぞ!!

いつもお読み頂き感謝しております!!







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

そして空港に着いて無事にチェックイン!!


ハゲタカ「OK!送ってくれてありがとうな♪」


M「うん・・・」


ハゲタカ「なんだよ~まだ怒ってるのかよ!」


M「怒ってないよ!寂しいだけだよ・・・」


ハゲタカ「はあ・・・あのさ!さっきも言ったけど今日でお別れじゃないんだぞ!!また俺はタイに来るんだぞ!!」


M「うん・・・でも寂しい・・・」


ハゲタカ「はあ・・・俺だって寂しいの!!わかるだろ?」


M「でも、ハゲタカはこれからバンコクで一泊して遊んで帰るでしょ?」


ハゲタカ「遊びません!!女の子はもういりません!!彼女は一人でいいの?OK?」


M「うん!!じゃあ、気をつけてね・・・」


ハゲタカ「OK!!じゃあ、帰りな♪またなM!!」


そうして車に乗り込んだMでしたが・・・






車の窓を開けて・・・


これまた同じセリフを・・・




M「私のこと好き?」


はあ・・・もう・・・なんでいつも聞くんだろう?そしてどうして僕はこんなに信用がないんだろう?


ハゲタカ「LOVEです!!LOVE!!OK?」


M「違う!!もっと言い方あるでしょ!!早く言って!!」


もう・・・泣きたいんですけど・・・


ハゲタカ「あのさ!好きじゃないのにこんな場所まで来ると思う?普通の人は絶対に来ないと思うぞ!!」


M「エヘへ、そうだよね?好きじゃないと来ないよね?」


うん・・・そうだよ・・・好きじゃないとマジで来ないよな・・・


ハゲタカ「だから安心しろ!俺が好きなのは一人だけ!!それでわかるだろ?」


M「あはは、わかるよ!!ちょっと再確認しただけだけだから!!じゃあ、本当に帰るね♪またねハゲタカ!!」


ハゲタカ「おう!気をつけて帰れよ!!」




そうしてMの車が見えなくなるまで見送り田舎からバンコクへと戻り・・・一日だけのフリーマンへ変身しました!!(汗)






以上で訪タイ8回目編が終了です!この後に一日だけバンコクに寄り日本に帰国したのですが、特に事件がおきたわけでもないので省略しておきますね♪

今回の訪タイ編も多くの皆様に読んで頂きとても感謝しております。毎回多くのコメントも頂きとても嬉しかったです。

この田舎編はタイの洪水の時ですから秋くらいですか?そしていつもなら正月にタイに行く予定が・・・なぜか別の国に遊びに行くことになり・・・寒かったな・・・マジで・・・(涙)

と、と、とりあえずですね!!今後も皆さんに楽しんで頂けるような記事を更新していきたいと思います!!




そこで次回からの訪タイ9回目編をここで少しだけ紹介しちゃいますね♪

いつものようにおバカな仲間達が登場します!!タンブン王とかヘタレボーイとかイケメンとか・・・

モチのロンでオカマや新しい女の子も登場したりで、皆さんが大好きな『事件』も数多く出現します!

では!!また更新するのをお楽しみに!!チュ♪




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村













↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。