ハイスコア

コメント返信が遅くなっておりますがご了承下さい。

では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!






にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


そうして僕のバスケットボールゲームが始まった・・・


ゲーム内容はいたって簡単!リングにボールを入れるだけです♪


ただ、レベルが上がるにつれリングが横や縦に移動するのでボールを入れるのが難しくなっていきます!


ではスタートです♪





最初の方はいたって簡単なのであっと言う間にクリア!この時点でMの得点を越えています♪


次なる目標はモチのロンでハイスコアなのですが・・・





正直・・・


ボールを入れるのは簡単なのですが・・・


体がつらいです!(笑)





ハァハァ言いながらプレイをしている僕にMとガキンチョが頑張ってと言いながら声をかけてくれるのですが・・・


30歳のメタボ親父にはかなりハードな運動でして・・・


もう途中で止めてしまおうかとも思ったのですが・・・














それでも僕は・・・


『バスケットが大好きですから!!」


なんてね♪


そして・・・


ハイスコアが近づいてきて・・・















ここでハイスコアになる前にゲームオーバー♪







ハァハァしている僕に


M「残念だったね!」


ハゲタカ「ああ・・・あと少しだったのにな・・・」


M「本当にあと少しだったのに残念だよ~」


ハゲタカ「あはは、まあ俺なんてこんなもんさ!」


M「でも、なかなかいいんじゃないの?お酒飲んでいる時よりはすごく良かったよ♪」


ハゲタカ「アハハ!そうかもな!」


M「じゃあ行こうか!」


ハゲタカ「ですね・・・」



そして・・・


いよいよ誕生日プレゼントを買いに行くことになりました・・・(涙)



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












再びバスケットボール

さすがに一日三話も読むのは辛いですよね?(汗)

では続きをどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!









にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


M「OK!じゃあよろしくね!」


え?まさか?まさかの?






立ちつくす僕とガキンチョ・・・


お互いを見つめ合い・・・


ハゲタカ「アハハ・・・」


ガキンチョはポカーンとして僕を見ている!






うん・・・ここはどうする?


そうだ!!ここは何かガキンチョが遊べるおもちゃコーナーみたいなとこに行けばいいんじゃないの?


ということで・・・


タイ語を話せない僕がショッピングセンターでオモチャコーナーを探します!






とりあえず歩く時はモチのロンで手を繋いで・・・


エスカレーターに乗る時はモチのロンでゆっくり乗り、手を繋いで、きちんと乗れているか確認♪


まあ、めんどくさい時は抱っこしてエスカレーターに乗ったりもしましたね・・・


うん・・・僕は良いパパになれそうだな・・・


あれ?なんか最近こんなこと思ってばかりのような気がするぞ!!(汗)





とりあえずゲームコーナーに着くとガキンチョは目を輝かせてます!


ただ・・・ゲームをさせてあげたいのですが、どうやらお金ではできないらしい!!専用コインみたいなのがあるのか?


とりあえず受付のお姉さんに聞くのですが・・・


お姉さん・・・英語が通じないみたいですね・・・


ガキンチョに聞きたいけど・・・ガキンチョとタイ語でトークする能力なんて僕は持ち合わせてないし・・・


それでもタイ語で聞いてみようとしても、ガキンチョは近くのUFOキャッチャーをガン見して僕の話に耳を傾ける気がないし・・・





はあ・・・どうしよう・・・と!思っていたら!!


タイ人ファミリーがお金を何やら両替機みたいなのに入れてコインを取り出しているのを発見!


すぐにガキンチョと一緒に機械の前に立ちお金を入れる!





すると出てきた~~~





コイン!!


ただ・・・


コイン・・・









大量に出てくるんですけど!!止まらないですけど・・・


故障かと思うくらいコイン出てくるんですけど!!


ちなみにお金は1000B入れさせて頂きました♪






ガキンチョは最初は出てくるコインを楽しそうに見ていましたが、止まらないコインを見て途中から怖くなったのか僕の後ろに隠れます・・・


僕はコインが出てくるのを見守るのみで何もしません!!






なので・・・


慌てたスタッフがバケツを持ってきてくれてコインを入れてくれました!(笑)


それからバケツを持ちながら・・・僕はガキンチョの赴くまま行動を・・・


UFOキャッチャーにコインを入れるのをためらうガキンチョにひと掴みしたコインを大量に入れて遊ばせて・・・


UFOキャッチャーに飽きたら乗り物コーナーに移動するといった・・・


日曜日によく見かけるお父さんのマネをさせて頂きました・・・(汗)





そんなことを繰り返しているとMからTELがきたのでゲームコーナーにいることを告げるとすぐにMが来て


M「何してるの?」


ハゲタカ「見ればわかるだろ!ゲームだよ!!」


M「なんでそんなにコイン持ってるの?」


するとガキンチョとMが話しだし・・・


M「バカ!!なんで1000Bも入れたのよ!!」


ハゲタカ「だって・・・わからないから・・・」


M「100Bでも十分だよ!!もう~それどうするの!!」


ハゲタカ「じゃあMの誕生日プレゼントってことでいいかな?」テヘ♪


M「いらない!!それに誕生日プレゼントは今見てきたから大丈夫!!エヘへ♪」


なんだそれ!!そんなことの為に俺はガキンチョと・・・





それからはMも加わり、ガキンチョとMはゲームコーナーで盛り上がります!


モチのロンで僕はバケツ持ちなのでゲームには加わりません!






すると、なにやらゲームコーナーの一角がやけに盛り上がっているのを発見!


そんな盛り上がっている場所にガキンチョが僕の手を引っ張り何やらゲームをしろと・・・


見ると・・・


そう!!


ゲームセンターによくあるバスケットボールゲームですね・・・





近くに行くとタイボーイが高得点を出していて、周りのタイ人から拍手が送られている・・・





そういえばバスケットボールというと・・・


なんか嫌な過去を思い出しちゃいますね♪


みなさんは覚えているかな?(笑)





そんな思い出に浸っていると・・・


M「私もやりたい!!」


それからMとガキンチョがプレイし始めます♪




勢いよくバスケットボールを投げているMですが・・・投げているだけでリングにボールが入らず・・・


ガキンチョはというと・・・予想通り・・・リングにボールが届いていない・・・


だって!ガキンチョからの視線でリング見えてないもんな~(笑)


なので抱っこしてあげて、ボールをなげさせてもボールは下に落ちるだけでした!(汗)





それから1分くらいでゲームが終わり


M「難しい!!」


ガキンチョはなぜかケラケラ笑ってます!


M「ハゲタカやってよ!どうせ私が下手だと思ってるんでしょ?」


ハゲタカ「そんなことないぞ!上手だったよ!!」


M「いいからやって!!だって笑ってたの聞こえたもん!」


ハゲタカ「嫌だね!だって周りに沢山人がいるし・・・はずかしいもん」


M「別に見られるくらいはいいじゃない!!だだでさえ日本人がこんなとこにいて見られてるんだから!!とりあえずやってよ!!」


ハゲタカ「え~~~~」


M「いいからやって!!もしハイスコアを出したらご褒美あげるから!!」


ハゲタカ「え?なにくれるの?まさか!Mさん!お金とかくれちゃうんですか?」


M「違います!お金より良いものだよ!お金じゃ買えないな~」


ハゲタカ「え?なにそれ?」


M「それはね~内緒です!ホテル帰ったら教えてあげるね♪」


ハゲタカ「なんとなくわかるから遠慮しておきます・・・」


M「なによそれ!まあ、とりあえずやりなさいよ!!じゃあコインいれるよ!!」


といわけで再びタイでの僕のバスケットボールゲームが始まった!!





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












ワイゲーム

では本日2話目の更新です!

いつもお読み頂き感謝しております!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


朝起きて!!おっしゃ~~~晴天!!


プール行くぞ!!プール!プール!プール!!と言いながらカーテンを開けて視界に広がる・・・・・


森林!!(汗)


この窓からプール見えないし!!


え?なにこれ?この視界に広がる森林はどこなの?


そうだ!!Mの田舎に来てたんだ・・・と自分でツッコミを入れてると








M「おはよう!ハゲタカ!おいで・・・」


近づくと首に腕を巻かれ起こしてポーズ!!なので・・・腰に負担をかけながら起こすと・・・


M「ご飯いこうか!!」


それからいつものように、ご飯を食べて部屋に戻る時に


ハゲタカ「今日はプールだよね?」


M「今日は買い物に行くよ!」


ハゲタカ「え・・・」


M「プールは明日!OK?」


ということであっさりプールが無くなり・・・






そしてなぜかまたMの実家に!!(汗)


まあ、いつものように・・・犬と猫が出迎えてくれて・・・


僕の定位置に座る!と言っても外にあるベンチですが!!


するとなぜかまたガキンチョとガキンチョのお母さんがいて・・・








ガキンチョが僕の目の前に立ってワイ!!


なので僕もしゃがんでワイ!!


するとまたワイ!!


なのでワイ!!


はあ???なにこのゲーム?タイで流行ってるの?とツッコミを入れたいのを我慢していると・・・







ガキンチョ少し笑ってMの家に入って行っちゃった・・・


あ!ちなみに僕はワイをしたままのポーズのまま立ちつくしていますからね♪







そんな僕を家から出てきたMが


M「なにやってるの?」


ワイだよ!ワイ!ワイ知らないのかよ!!


ハゲタカ「ワイしてた・・・」


M「一人で?」


ハゲタカ「うん・・・寂しいね・・・」


M「バカじゃないの?じゃあ行くよ!!」


ということで・・・向かった先は少し離れたショッピングセンター!!


ただ・・・なぜか・・・


ガキンチョ一緒にだし!!(汗)


しかも、なぜか高校生らしい女の子も一緒にいるし!!





うん・・・これは非常にまずい状況だ・・・意味がさっぱりわからんぞ!!


車はスムーズに目的地に向かっている模様・・・


Mと高校生らしい女の子は何やらトーク・・・


ガキンチョは・・・窓から外の景色見てるのね・・・


そして僕はというと・・・何もすることがないので寝ます!!






そんな中で


M「ハゲタカ、ガキンチョに英語を教えてあげれば?」


ハゲタカ「へ?なんで?」


M「いいから!教えてあげてよ!」


ハゲタカ「あの・・・俺がタイ語を教えて欲しいくらいなんですが・・・」


M「OK!じゃあ、教えてもらいな!」


ということでガキンチョが教えるタイ語講座の始まりです!


まずは・・・おとうさんね・・・


次は・・・お母さんね・・・


そしてお兄ちゃん・・・


お姉ちゃん・・・


最後に・・・


サワディーカー!!


と言う訳で終了・・・(涙)





僕はいったい何やってるんだろう?タイに来て車の中でガキンチョにタイ語を教わって・・・


本当にこんなんでいいのだろうか?と思ったのは内緒ですよ!チュ♪







そしてデパートに着くとMが駐車に困っているので僕が代わりに・・・


ショッピングセンターに入ると・・・


人!!人!!人!!


人で溢れてます!!(汗)


ハゲタカ「人多いね・・・」


M「それはしょうがないでしょ~田舎はこんなもんだよ!」


そんな話をしていると高校生はどこかに行き、Mとガキンチョはトイレに、僕はブラブラとトイレの近くを歩いていたら、車の展示会コーナーにたどり着いてしまった


『へぇ~この車良いな~』と鼻くそをほじりながら見ていると・・・


キャンペーンガールが何やら話しかけてくる!!けど・・・


何を話してるのか、さっぱりわからない!!


するとMとガキンチョが来て何やらキャンペーンガールのお姉さんと話しだし・・・


トークが終わるとMがスタスタを歩きだしたので僕とガキンチョも慌てて付いていくことに・・・





ハゲタカ「あの~あの人となにを話してたの?」


M「ガキンチョを見てカワイイお子さんですね!って言われたから答えてただけだよ」


ハゲタカ「へぇ~それでなんて答えたの?」


M「私達の子供ですって答えておいたよ♪」


ハゲタカ「はあ?まさか・・・俺と・・・」


M「うん!そうだよ!当り前でょ!!」


ハゲタカ「はあ?なんで?違うでしょ!!」


M「うん!でも気にしないで!!どうせもう会わないんだしさ♪」


ハゲタカ「いや・・・でも・・・そういう問題じゃ・・・」


M「うるさい!!OK?」


ハゲタカ「はい・・・」





ということでMさんはショッピングに行くらしく・・・


僕は女性の買い物に付き合うほどサムライ魂をなくしていないので・・・


一人で何をしようかな~と考えていると!


M「OK!じゃあよろしくね!」


え?まさか?まさかの?(汗)



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












ファミリー

タイマスターへ

この度は誠に申し訳ないです!なのでお詫びに3話更新しちゃいます!

それとPPさん!本当に心配したよ!

ブログでも読んでゆっくりしてね♪

では、続きからどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!









にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

そして向かった先は近くのスーパーマーケット!


理由は水着を買いたいからですね!ホテルに小さなプールが付いてるのでそこで泳ごうかと思いまして・・・


そんな中でMさんは・・・


M「何にしようかな~」


と言いながら自分の水着を探してるし!


ハゲタカ「あの~なんでMが探してるの?俺のだよね?」


M「え~~~なんで!!私も欲しい!!」


ハゲタカ「なんでだよ!!持ってるだろ!!」


M「持ってない・・・」


ハゲタカ「ウソつけ!!絶対に持ってるだろ!家にあるだろ?」


M「あるけど・・・古い・・・」


ハゲタカ「あるならOK!古くても大丈夫!」


M「え~~~私も欲しい!欲しい!欲しい!」


ということでなので・・・






ハゲタカ「じゃあ買えば・・・」


M「うん♪」


とりあえず僕の水着をと思い・・・店員に話しかけようとするのですが・・・


タイ語わからないし!(汗)


英語が通じるような感じでもないし・・・どうしよう・・・


ということで・・・Mに・・・






ハゲタカ「どこに男物があるか聞いてくれない?」


Mが代わりに聞くと、どうやらここの店にはないらしいので違うお店に行こうとすると


M「ちょっと待って!あるって!!今探すって!」


ハゲタカ「OK!」





すると店員とMがタイ語でトークしてを笑ってるし・・・


またこれかよ!もうそのフレーズ聞き飽きたんですけど!


そのフレーズとはこんな感じです!!



店員「男性の人はタイ人じゃないんだよね?」


M「うん!日本人だよ!」


店員「そうなんだ!タイ人に見えるね!」


M「うん!いつも言われるよ♪彼は怒ってるけどね!」


店員「でもタイ人に見えるね!」



はい!以上!こんなトークを一日何回も聞くのでさすがに覚えましたね!!(怒)






なので・・・


ハゲタカ「俺は日本人だよ!ごめんね♪」


すると店員が笑って「マイペンライ」


マイペンライは俺のセリフじゃないのかよ!と思ったけど笑って水着を受け取るのですが・・・


ここでまた問題が・・・






Mさんが水着をどれにしようか迷っているので帰ることができず・・・


M「どっちがいいかな~」


もう10回以上聞いてます・・・はい・・・なので!!


ハゲタカ「ここはやっぱりセクシーなのがいいんじゃないの!」


M「なんで?」


なんでって・・・別になにもないけど・・・適当に言っただけなんですけど・・・そんなツッコミとか・・・


ハゲタカ「そ、そ、それはMはカワイイからさ!水着もカワイイのした方がいいと思って・・・」


M「本当に思ってる?」


思ってるわけないじゃん・・・(汗)


ハゲタカ「ごめんなさい・・・何も考えないで言いました・・・」


M「もう!あのさ~彼女が迷ってるのになんで何もしないの!」


ハゲタカ「え、だってさ、実際なんでもいいんじゃないの?誰が見るわけでもないんだしさ~見るの俺だけだよ!そんなの意味あるの?」


M「なによ!その言い方!どうせ違う女の子だったら、違う言い方するくせにさ~」


ハゲタカ「アハハハハ・・・まあまあ、とりあえず俺はこっちが好きだな!こっちにすれば?」


M「もうしらない!なんでもいいんでしょ!!」


ハゲタカ「そう怒るなよ~そうだ!!水着買ったら、今度はビーチサンダルも買わないとね!Mもサンダル欲しいよね?ね?欲しいでしょ?新しいサンダルとか欲しいでしょ?」


M「うん・・・」


ハゲタカ「よ~し!じゃあ水着を決めたら今度はサンダルを買いにいこうね~」


ということで、なんとかMさんの機嫌をとることができた僕でして・・・








ビールも買ってホテルに帰り2人でまったりしていると夜も暗くなりまして・・・


M「お腹減った!!」


ハゲタカ「OK!じゃあ今日はどうするんだ?」


M「う~ん・・・じゃあ、また同じレストランでいい?」


ハゲタカ「良いけどさ・・・今日も2人でいいの?」


M「うん!お父さんは今日は友達が家に来るからダメだって・・・」


ハゲタカ「そうか・・・」


まさか?僕嫌われてる?だって前は・・・


ハゲタカ「あのさ!もしかして俺嫌われてる?」


M「アハハ!なんで?そんなことないよ~」


ハゲタカ「でもさ・・・」


M「大丈夫!ハゲタカは好かれてるよ!よくお母さんとお父さんともハゲタカの話しをするしね♪」


そこまで話をしなくていいんだけどね・・・


ハゲタカ「それならいいんだけど・・・」


M「お父さんは、ハゲタカが来るって言ったら、お酒を買いに行ってたしね♪」


ハゲタカ「ああ・・・そう・・・」



それからレストランに着き


M「今日はどうするの?ビール?」


ハゲタカ「いや!今日も水でいい!」


M「本当に飲まないの?なんで私の前だと飲まないの?」


楽しくないからだよ!なにが悲しくて彼女と2人で飲まないといけないんだよ!


ハゲタカ「食事する時は酒は飲まないようにしてるから・・・」


M「ふ~ん!OK!お酒を飲まないハゲタカはバカじゃないから好きだよ!」


まあ、そんなバカと一緒にいる奴は誰でしょうか?


ハゲタカ「ありがとうございます!」


M「それで~タバコはいつ止めるのかな~」


そう・・・これね・・・


じつは誕生日に止めると言っちゃったんですよね・・・


ハゲタカ「もうすぐです!!Mの誕生日に止めます!!」


M「OK!GOOD!!」







そうしてホテルに着くと


M「ねえ、さっきの話しだけど・・・」


ハゲタカ「ん?なに?タバコ?」


M「違う!ハゲタカが嫌われてるって感じたこと!!」


ハゲタカ「ああ・・・あれね・・・」


M「本当に嫌いじゃないからね!お父さんは朝から夜まで仕事だから・・・ごめんね・・・せっかく食事に誘ってくれてるのに・・・」


ハゲタカ「気にするなよ!嫌われてないなら大丈夫!」


M「ハゲタカを嫌うなんてないよ!だっていつもお母さんと話しをするし、この前はお母さんは日本語勉強しようとしてたし、お父さんもハゲタカに会いたがってたよ!」


ハゲタカ「そうか!それは嬉しいね♪」


M「ハゲタカはファミリーだからね!」


ファミリーね・・・


少し重く感じるは僕だけでしょうか?(汗)


そうして夜が終わり・・・次の日へ・・・




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












たぶん負けてます

サクサク進めますね♪

では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


部屋に戻ってスポーツをした後に・・・(ウソ)



ハゲタカ「今日は何するの?」


M「予定はないよ!!とりあえず実家に行きたい!!」


ハゲタカ「え?また?」


M「だって忘れ物したんだもん・・・」


ハゲタカ「じゃあ行ってこいよ!俺はホテルにいるからさ!」


M「え~~~なんで~~~一緒に行こうよ!!」


ハゲタカ「ええ~~~~」


M「行くわよ!!」


ハゲタカ「はい・・・」


それからMの実家に向かう車の中で




ハゲタカ「そういえば飲料水は大丈夫なのか?」


M「大丈夫だよ~田舎は沢山あるからね~」


ハゲタカ「そうか!なら安心だな!もしまだ必要なら俺がいる間に言えよ!大量に買うからさ!」


M「うん♪わかった~」




それからMの実家に着くと、どうやら先客がいるようで30代らしい女性とその子供?がMのお母さんと話している



とりあえず僕は挨拶をしようとすると小さなガキンチョ(2歳くらいかな?)がワイをしてくるので、僕もしゃがんでワイ♪

たぶんこのワイは僕が今までで見たNO1にカワイイ、ワイかもしれませんね♪


ハゲタカ「アハハ!こんなカワイイ、ワイを見たのは初めてだな!」


M「アハハ!そうだね~」


そんなトークをしてるとガキンチョがMに抱きついて抱っこをせがんでいる!


ただ・・・


Mが抱っこすると僕に渡そうとするので・・・





ハゲタカ「俺かよ!俺は遠慮しとくよ!」


M「なんで~抱っこしてあげてよ~」





ということで抱っこするのですが、ガキンチョちょっと緊張気味で僕の顔をガン見!(笑)


まあ、日本人に抱っこされるなんてないですからね~


M「アハハ、いいんじゃないの!似合ってるよ♪」


ハゲタカ「はあ?止めてくれよ!とりあえず下ろすからな!」


そしてゆっくりとガキンチョを下ろすと・・・


ガキンチョ・・・


また・・・


ワイ♪(笑)





抱っこでもワイって・・・そんなことでワイしてたら大変じゃないの?と思いながらも・・・





そうだ!そういえば昨日お土産でチョコレートを買ってきたやつがまだ・・・


ハゲタカ「おい!チョコまだある?」


M「あるよ!チョコあげるの?いいね♪」


とりあえずチョコを渡すと~またもやワイ♪


そして~スマイル♪


ハゲタカ「美味しい?」


するとガキンチョは恥ずかしいのか、お母さんの元に


M「アハハ!恥ずかしいみたいだね♪」


そんな光景を見たガキンチョのお母さんがお礼をするようにガキンチョに言っているみたいのですが・・・


僕はそれを止めさせて


M「ごめんね!お母さんが代わりにありがとうだって!」


ハゲタカ「ああ!そんなの気にするなよ!日本人初めてなんだろ?」


M「うん♪それに最近やっと言葉を覚えてばかりだもん!」


ハゲタカ「そうか~まだそんななんだな~」


M「だから今のハゲタカと同じくらいのタイ語しかできないよ!良い勝負だね♪」


ハゲタカ「アハハ!そうか~じゃあ一緒だな!俺はこんな小さな子よりもタイ語を話せないんだもんな~そう考えると笑えるな!ウハハハハ」


M「たぶんハゲタカ負けてるよね!アハハハハ!」




そんなトークをして笑ってるとガキンチョのお母さんとMがトークをして僕の顔を見て笑っている!


M「おばさんがね~ハゲタカの事をカッコいいって言ってるよ!」


ハゲタカ「おお!それは良いジョークだね♪いつもその反対のことしか言われたことないよ」


M「アハハ!でもね、写真はカッコ悪いから実際に会ってビックリしたって!!アハハ!」


ハゲタカ「え?なにそれ?写真カッコ悪いって・・・」


M「写真だと若く見えないって!!実際に会ってるほうが背も高くてスマートだって!日本人はみんなカッコいいのかって聞いてるよ!」


ハゲタカ「アハハ!少なくても他の日本人はみんな僕よりカッコいいと伝えてくれよ♪」


M「あはは、でも、こんなに褒められたことないからチップ必要だね♪」


ハゲタカ「まあな!奮発して1000Bくらいは出さないとな!アハハハハ!」


といわけで、そんな楽しいトークも終わり・・・


向かった先は近くのスーパーマーケットです!!(笑)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。