いつだったか・・・

僕の大好きなブログが昨日で終わってしまった。

そのブログは初めから読ませて頂いていて、僕の毎日の楽しの一つにしているブログでした。

ブログの内容は、とても面白くて少~しHですが、読んでて飽きないブログブログでしたね♪

本人ともお会いしたことがありますが、とてもいい人でブログのイメージ通りの雰囲気が出てる人でしたよ。

そんな楽しいブログが・・・

いつも読んでるブログが・・・

突然今日から読めなくなると辛いですね。

最後に、またいつかタニヤでお会いできるのを楽しみにしてますね!〇〇〇パパへ♪



では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

あれはいつだったか・・・


S君と会った時に


S君「ハゲタカはさ!なんでそんなにHしないんだ?」


ハゲタカ「え?だから酒飲んだらしたくなくなるでしょ!」


S君「そうか?逆じゃねぇの?」


ハゲタカ「それはないね!お酒を飲んだら普通しないでしょ?」


S君「でもさ!お前もっとHした方がいいぞ!」


ハゲタカ「だからHはしたい時にすればいいんじゃないの?」


S君「まあ、それはわかるんだけどさ~お前彼女とあんまりHしないじゃん!」


ハゲタカ「そうだよ!それが悪いの?」


S君「お前はホントだめだね!何もわかってないわ!なんで彼女がHしたいかわかる?」


ハゲタカ「知りません!そんなの考えたこともないね!」


S君「お前さ!女だって好きな人とHしたいと思うんだぞ!」


ハゲタカ「ふ~ん・・・そうなの?」


S君「だからお前はもっとHしてやれよ!もっと彼女を愛してやれよ!だから彼女にいつもLOVEがないとか言われるんだよ!」


ハゲタカ「え?俺はかなりLOVEでしょ~!それに言葉でだって伝えてるし!それでも足りないの?」


S君「はあ・・・やっぱりお前は軽い!!!マジでLOVEがないね!!!お前LOVEとか言うの止めろ!!!」


ハゲタカ「え?なんで?」


S君「ダメ!口だけなやつはLOVEじゃないからな!そんなの誰だって出来るだろ!俺なんて他の女とやっても彼女とは最低2回はHするし!オカマとやった後でもやる!俺はいつでも彼女とやるからね!」


ハゲタカ「・・・・・」


S君「もちろん俺は彼女を愛しているから、どんだけ辛くても彼女とHをする!お前と違ってな!」


ハゲタカ「いや俺だってね・・・Hをね・・・」


S君「だからHもしたくないような女とは付き合っても無駄だし!だいたいお前なんて、一人の女の子を愛するなんて向いてないんだから最初から付き合うな!わかったかチャラ男君?アッハハハハ!!!」


ということを思い出した僕は・・・






ハゲタカ「え?本当にするの?」


M「うん♪」


ということで・・・













( ̄u ̄;) ハァハァゼェゼェ…












ハゲタカ「疲れた!!!」


M「エヘへ♪」


ハゲタカ「あのさ俺はHしないけどMのことは嫌いじゃないからな!」


M「うん♪わかってる♪」


ハゲタカ「本当だぞ!ウソじゃないからな!」


M「うん♪ありがとうね!ハゲタカ!」



ということで思わぬハプニングで帰国の準備ができていなかったのですることにするのですが


M「荷物多いね・・・」


ハゲタカ「ああ・・・まあなんとかなるだろ!」


M「私のアパートに置いてあげるよ♪」


ハゲタカ「いや!大丈夫!気にするな!」


M「だから大丈夫だって!!」


ハゲタカ「いや気にしないで・・・必要だから・・・」


M「置いていきなさいよ!何が嫌なのよ!!いいからその服を全部置いていって!!!OK?」


ハゲタカ「・・・・・」


M「OK???」


ハゲタカ「OK・・・」



ということで、また人質をとられた僕は何もすることがなくなり・・・



M「あのさ~ハゲタカは次いつ来るの?」


ハゲタカ「う~ん・・・二か月後じゃないかな?」


M「二か月か・・・長いね・・・」


ハゲタカ「そうか?普通の日本人は二か月に一回も来ないだろ?」


M「そうだけどさ・・・会えないと寂しいじゃない!!」


ハゲタカ「そうだな・・・」


M「毎日連絡してね・・・」


毎日は無理ですね・・・僕も何かと忙しいので・・・


ハゲタカ「うん・・・」


M「毎日だよ!!約束してね!!」


ハゲタカ「うん・・・」




それからは今後のお互いの付き合い方についてMさんから説明を受けます!




①毎日連絡すること!(無理)
②女の子と遊ばないこと!(無理)
③オカマと遊ばないこと!(絶対に無理)
④たまにTELすること(これはいけそうですね)
⑤ディスコに行かないこと(無理)


以上が約束したことになるわけですが・・・他にも沢山ありますからね!

タイ語を覚える!髪の毛を伸ばさない!ヒゲもダメ!お互いの呼び方!タバコ禁止!お酒の飲み方などね・・・

今後の記事で理解されると思うのでここでは省いておきますね♪

ただ、そんな約束は耳から耳えと、かる~く流しているので大丈夫ということにしときましょう!(笑)





そして空港に向かうおうとするのですが・・・








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村













スポンサーサイト

そんな・・・

自分が何も悪いことをしていないのに怒られることってありますよね?


その他にも勝手に決めつけなれたりもしますよね?


今日はそんなお話なのですが・・・


皆さんはどうですか?


では前回の続きからどうぞ!


いつもお読み頂きありがとうございます!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

昼近くにに起きてちょっと早めのランチ!


戻るとまだMは寝ている・・・


起こさずに僕は帰国の準備をしているとようやくMが起きて


M「う・・・頭痛い・・・」


ハゲタカ「ほら!水飲めよ!」


M「ありがとう・・・」


それからMはシャワーに入りスッキリしたのか


M「お腹減った・・・」


ハゲタカ「俺はさっき食べちゃったよ・・・」


M「じゃあ一人で行って来るね・・・」


それから30分くらい僕はPCでメールなどのチェックをしていたらMが帰ってきて



なぜか携帯を持って怒っている!!


(`Д´) ムキー!









M「あのさ!昨日どこ行ったの?」


ハゲタカ「はあ???」


M「私をタクシーに乗せた後にどこに行ったの!!」


どこってテーメに行ってすぐに帰ったんだけど・・・


ハゲタカ「ご飯食べてホテルに戻ったよ・・・」


M「あのさ!お店の子がハゲタカとディスコに行ったと言ってるんだけど・・・」


ハゲタカ「え?なんのこと?俺行ってないよ!」


M「でも!その子はハゲタカが一緒だって言ってるんだけど!どうして?」


ハゲタカ「いや・・・あのさ・・・俺は本当に行ってない!ディスコなんか行かないし!それになんでMの友達と俺が行くの?」


M「だってその子がハゲタカと一緒にディスコに行ったと言ってるんだもん!じゃあ、その子がウソついてるってこと?」


ハゲタカ「ウソかどうかはわかないけど俺は行ってない!すぐにホテルに戻ってきたからね!」


M「本当?ウソついてない?」


ハゲタカ「ウソはついてません!だいたいその友達っていったい誰なの?」


M「〇ちゃんだよ!知ってるでしょ?」


ハゲタカ「知りませんね!誰その子?カワイイの?」


M「すごい人気ある子だよ!本当に知らないの?」


ハゲタカ「だから本当に知らないって!なんで俺がそんな奴とディスコに行かないといけないの?」


M「ハゲタカなら女の子に誘われたら行くじゃない!」


なんだそれ!そんなふうに僕のこと思ってるの?僕はそんな人間じゃないぞ!!と言おうとしましたが・・・心の中で『誘われたら行くに決まってるよね?』と思う自分がいたので止めておきました!テヘ♪


ハゲタカ「俺はそんな人間じゃないぞ!彼女がいるのになんで他の女の子と遊びになんて行きません!」(キッパリ)


M「そんなウソはどうでもいいの!!ディスコに行ったのか?行ってないかを聞いているの!!ジョークはいらないの!!」


ジョークって・・・Mさん・・・


それはいくらなんでもヒドイんじゃないの?


少しくらい信用してくれても・・・(ρ゚∩゚) グスン


ハゲタカ「だから行ってないって!!昨日ホテルまで送ってくれた友達にも聞いてみろよ!俺がホテルに帰ってきた時間とかも知ってるんだから!」



それからMは友達に電話やメールなどして僕が何をしていたかを聞いているようだ・・・


そして5分くらい時間経過し・・・










M「たしかにそうだよね・・・ハゲタカがお店の子と行くわけないよね・・・」


ハゲタカ「そうだよ!行くわけないじゃん!」


M「うん・・・だって行くとしたらお店の子以外か・・・ディスコにいる女の子と遊びそうだもんね!」


うん!そうだよ!なんで僕がわざわざMのお店の子と・・・


って!!あれ?なにその感じ?


M「怒ってごめんね・・・ハゲタカ・・・」


ハゲタカ「・・・・・」


M「たぶんあの子の勘違いだね!あ~~~スッキリした~~~」


ヾ( ̄o ̄;)オイオイ僕は何一つスッキリしてませんけど!


何勝手に一人でスッキリしてんの?その前に何か言うことあるんじゃないの?


まあ・・・タイガールが謝るなんて・・・ないよね・・・









その後は僕は疲れたのでベットで寝ようと思っていたら(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ  みたいな顔をして近づいてくる!


そんなMを無視して僕はTVを見ていると上に乗っかってきて・・・





M「OK?」


∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?


M「ね?」


( ̄△ ̄;)エッ・・?


M「早く~~~!!!」


∑(; ̄□ ̄A アセアセ


ハゲタカ「え?マジでするの?」


M「うん♪」


ただ、そんな状況の時に僕はある人が言っていた言葉を思い出す・・・


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村













僕の指なの?

本日の記事は食事中の方にはご迷惑をかけるかもしれません!


先に謝っておきますね・・・


ぺこ <(_ _)>


では昨日の続きからどうぞ!


いつもお読み頂き感謝しております!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村

電話の相手はもちろんM!


たぶん、迎えが遅いコールだとはわかっているのですが・・・


無視!!


無視!!


無視!!


だって・・・


まだ一緒にいたいんだもん!今日がラストナイトなんだもん!


なので携帯を無視して再びEちゃんとトークをしようとすると・・・


今度は日本の携帯までタイの携帯と同時に鳴りだした!!


しまいにメールまで届き・・・


M「オカマは止めて!!」


なぜいるのがバレているのかわからないが、とにかくMがいる場所まで戻らないといけないのでEちゃんとはここでお別れ・・・(/ヘ ̄、)グスン


Eちゃん「また来てくれるよね?」


ハゲタカ「うん!またね♪」


そしてEちゃんから


ブチュッ♪(= ̄3(〃▽〃)o キャア♪をされてお店を出てMがいるお店の中に行く!








中に入るとけっこう女の子いるみたいですね♪


そしてMはというと友達とお酒を飲んでいて・・・


ハゲタカ「待った?」


すると・・・


M「はあ?待ったじゃないよね?何回電話したと思ってるの?」


ハゲタカ「え?そうなの?気付かなかったよ!ごめんね~」


M「どこに行ってたの?」


ハゲタカ「え?どこって言われてもね~ナナプラザの外にいたよ!」


M「ウソ!!ハゲタカがナナプラザ大好きだもん!私知ってるもん!!」


ハゲタカ「それは違うよ~」


M「違わないよ!!嘘つき!!どこに言ってたの?オカマバーなんでしょ!!」


ハゲタカ「え・・・違うよ・・・」


M「なんで~なんで~オカマなの!なんで?」


それはオカマが優しいからです!!


ハゲタカ「だからオカマじゃないって!!」


M「じゃあ今からハゲタカが来てたかどうか聞いてくる!」


ハゲタカ「ちょ、ちょ、だからね!オカマなんて行ってないよ!本当に!!」


M「私だってオカマの友達いるんだからね!ウソついたらわかるんだからね!!」


ハゲタカ「はい・・・」


M「それでどこに行ってたの?正直に教えて!」


どうする?正直に言うか?


いや!これは危険だ!!ウソは突き通さないと意味がない!!


それがウソっていうものだからね!!







ハゲタカ「オカマバーには行ってません!GOGOに行ってました!すいません!」


それを聞いたMは・・・


(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ


という笑いからすぐに豹変して・・・


きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆




ハゲタカ「ごめんなさい・・・」


M「私がなんて言ったか覚えてる?」


ハゲタカ「はい・・・」


M「ハゲタカはバカなの?」


ハゲタカ「たぶん・・・」


∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!


M「いい加減にしてよ!女の子と遊ばないでって言ったよね?なんで遊ぶの?」


ハゲタカ「あの・・・ただ・・・見てただけで・・・」


M「へぇ~見てただけなんだ~何もしてないの?」


ハゲタカ「何もしてません!」


M「ふ~ん・・・わかった!今日は許してあげる!」


ハゲタカ「ありがとうございます」


M「でも、もう二度と行かないで!オカマもだよ!!」


ハゲタカ「はい・・・」





それからMはお酒を飲まないと言ってた割には飲み始め・・・


M友も集まりだしてなぜかパーティーになりMはだいぶ酔ってきて


絡んでくるし!噛まれるし!つねられるし!


さらにグチグチと嫌みを言われ・・・


M友にもグチグチと嫌みを言われ・・・


僕は・・・ただ・・・出されるお酒を飲んでました・・・(x_x;)シュン






その後もMは飲み続けなぜかダンスを・・・


はっきり言って!!全く何もそそられないし!!別に見たくないし!!


なので無視してお酒を飲んでいると・・・


M友「ダンス見なさいよ!」


ハゲタカ「え・・・」


M友「いいから見なさいよ!」


それからしばらく楽しいダンスを見せられて席に戻ってきたMは


M「気持ち悪い」


と言ってトイレに向かいました・・・


その後すぐに戻ってこないのでM友がトイレに行くと、どうやらトイレで潰れているらしい・・・


M友「Mが出てこないから助けてあげて!」


ハゲタカ「・・・・・」


M友「早く!!」


なのでしぶしぶトイレに行き、まずはトイレのドアを開けさせる!






ここで僕ははっきり言わせて頂きますが!

女性が泥酔している姿は嫌いです!

僕がいうのもなんですが大嫌いです!

たとえどんなに可愛くても嫌いです!


なので泥酔女には本来であれば冷たい態度をとるのですが・・・








ハゲタカ「おい!大丈夫か?」


M「うん・・・気持ち悪い・・・」


ハゲタカ「吐けそうか?」


M「わからない・・・」


ハゲタカ「じゃあ吐け!さすってやるからさ!」










するとなぜか!!


w( ̄△ ̄;)wおおっ!


僕もビックリしたのですが・・・


w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!


いきなり僕の指をMの口に入れさせられて・・・







( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ





その後その行為が何回も続き・・・












M「ありがとうハゲタカ・・・」


僕の手はモチのロンでゲロまみれ・・・








それからのMは席に戻り爆睡!!


僕はとりあえずチェックを済ませどうしようか考える!


M友「だいぶ飲んでたもんね・・・」


ハゲタカ「飲み過ぎなんだよ!はあ・・・どうするかな?」


M友「私がアパートまで送ろうか?私のアパートと近いから送れるよ!」


ハゲタカ「本当?ならお願いしていい?どうせホテル来てもさ・・・」


M友「だよね・・・じゃあ着替えてくるから待ってて!」


するとママが登場して


ママ「Mは大丈夫?」


ハゲタカ「しらない!Mはいつもこうなの?」


ママ「違うよ!Mはお酒飲まないもん!」


ハゲタカ「だよね・・・じゃあなんで・・・」


ママ「たぶん・・・ハゲタカが帰るからじゃないの?」


ハゲタカ「それは・・・」


するとM友が着替えをして戻ってきたので一緒に外へ出てタクシーに乗せる!









M友「大変なことになっちゃったね・・・」


ハゲタカ「気にするな!じゃあ頼むね!」


それからは僕もホテルへ向かおうとしたのですが・・・


とりあえずテーメでも覗こうか?と思いテーメに行きビールを飲んでタバコを吸っていると


知らない番号から電話が・・・


怪しいので無視していたら何度も電話が・・・


そしてガマンできなくなり電話にでると


M友「ハゲタカどこ?」


ハゲタカ「今はホテルの近くだよ!」


M友「どうしてホテルにいないの?」


ハゲタカ「はあ?なんで?」


M友「だってMが帰りたくないって・・・」


ハゲタカ「それで今どこにいるの?」


M友「ホテル・・・」


ハゲタカ「え?もう部屋にいるの?なんで?」


M友「だからMが帰りたくないって!だからMが持ってたルームキーで中に・・・」


ハゲタカ「そう・・・わかったすぐに戻るわ!」





それからホテルに戻るとベットで倒れているMと介護しているM友!


M友「とりあえず寝かすだけは・・・」


ハゲタカ「ありがとう・・・」


M友「あのね・・・ハゲタカ・・・」


ハゲタカ「ん?なに?」


M友「怒ってる?」


ハゲタカ「怒ってはいないけどちょっとね・・・」


M友「ごめんね・・・でも・・・Mがこんなになるのは初めてだよ!いつもお酒飲まないし・・・」


ハゲタカ「そうか・・・」


M友「それにMはハゲタカが明日帰っちゃうから・・・」


ハゲタカ「・・・・・」


M友「だから怒らないであげてね!約束だよ!!」


ハゲタカ「OK!約束する!今日はありがとうね!」



それからはMを着替えさせて僕はシャワーに入り




お(ノ ̄0 ̄)ノや(o ̄・ ̄)oす(。_ _)。みzzz..



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村





































やっぱり思うのは

どうも!!

今夜もよろしくお願い致します!

では前回の続きからどうぞ!

いつもお読み頂き感謝しております!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村


結局Mと一緒になることになった僕はですが・・・


やっぱり今日もオカマバーに行きたいわけでどうすればフリーになれるかを考える!


(ーー;).。oO(想像中)







そして・・・


ハゲタカ「あのさ・・・今日もお店で待ち合わせでいい?」


M「え~~~なんで?」


ハゲタカ「ちょっと用事を・・・」


( →_→)ジロ!


ポリポリ (・・*)ゞ








M「レディーでしょ!!」


ハゲタカ「違います!少し仕事があって・・・」


M「本当?本当に仕事なの?」


ハゲタカ「はい!ウソついてません!信じて下さい!」


M「・・・・・」


ハゲタカ「・・・・・」











M「OK・・・」


∩(´∀`)∩ワァイ♪


フ、フ、これでオカマバーに行ける!案外余裕だったな~と思っていたら・・・


M「もし!浮気したら殺すから!!」


ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


ハゲタカ「冗談でしょ?ね?ね?冗談だよね?」


ブンブン (>_< )Ξ( >_<) ブンブン


M「ジョークじゃない!本当に殺す!!OK?」


ハゲタカ「・・・・・」


M「今までは許されたかもしれないけど私は許さないからね!」


ハゲタカ「・・・・・」


M「わかったら返事して!」


ハゲタカ「了解・・・ボス・・・」


M「ボスじゃない!!名前で言って!!」


ハゲタカ「はい・・・わかりました・・・Mちゃん・・・」



ということで、無事に鳥カゴから脱出できた僕はナナプラザへGO!


Mはシャワー浴びて少し寝てからお店に向かうらしい!








この旅、最後のナナプラザ!まずは行くお店ですが・・・


オカマバーですよね~


というかGOGOなんて危険過ぎて行けないし!!


中に入ると・・・




(; ̄Д ̄)なんじゃと?


あんまり女の子がいない・・・


まあ、余計な奴もいないからいいんだけど~


そう思いながら周囲を見渡すと


キョロ (・.・ )( ・.・) キョロ


すると・・・





また出てきたよ・・・S嫁・・・


お客さんに付いているからいいけど・・・


なぜかガン見されるし・・・


それでも・・・


キョロ (・.・ )( ・.・) キョロ


していたら・・・


S嫁(S君の話しだと3Pコーディーネーターらしいです)


がなぜか近づいてきて僕の前に・・・


S嫁「あんた日本に帰ったんじゃないの?」


ハゲタカ「チケットを間違えちゃった!テヘ♪」


S嫁「ウソだ!!でもいいわ!一緒に帰ろうか?」


(´△`) えっ?


意味がわからないんですけど・・・


ハゲタカ「いや・・・あのね・・・本当に明日帰らないといけないんだよね・・・だから最後にビールを飲みに来ただけなの・・・」


S嫁「本当?まあそれならいいけど・・・次はいつ来るの?」


ハゲタカ「う~ん・・・わからない・・・」


S嫁「Sとは日本で会うの?」


ハゲタカ「会いません!!僕はあいつと仲良くないですから!」


S嫁「ふ~ん、じゃあまた来たら遊ぼうね♪バイバイ!」


ということでお客さんのとこに戻ったS嫁・・・









すると・・・Eちゃんが僕の前にいきなり登場した!!


ハゲタカ「え・・・なんで・・・」


Eちゃん「(*^.^*)エヘッ 隣座っていい?」


ハゲタカ「もちろん!」


と言った後になぜか殺気を感じ横を見るとS嫁が怒っていたが無視!!


Eちゃん「この前は大変だったね・・・」


ハゲタカ「うん・・・」


Eちゃん「あの後なにもされなかった?大丈夫?心配してたんだよ♪」


と言いながら頭を撫でてくれて、怪我をしていないかなどを心配してくれて、キスまでしてくれるいう最高のサービスを受ける!




やっぱり思うのは・・・


オカマの優しさハンパないわ!!マジで!!!


だってドリンク1杯だけでこんなサービスをしてくれるんですよ!!


タニヤやGOGOでドリンク奢っても『ありがとう』とか『コップンカー』しか言われないでしょ?


是非皆さんも悲しい時や辛い時、癒されたい時にはオカマバーへ行きましょう!


絶対にあなたを幸せにしてくれますからね~♪






ドリンク一杯だけでこんなにも優しくしてくれるEちゃんに、モチのロンで僕はテレテレモードに突入!


ハゲタカ「大丈夫だよ!何もされなかったしね!」(ウソ)


Eちゃん「あの子怖いね・・・」


ハゲタカ「怖いね~Eちゃんはあの子みたいになっちゃダメだよ♪」


Eちゃん「うん♪私は怒らないよ!ハゲタカは優しいからね♪」


ハゲタカ「アハハ!そうかな?僕優しいかな?」テヘ♪


Eちゃん「うん!ハゲタカは優しい!今日も会いに来てくれたしね♪」


この時は完全にMのことを忘れ、カワイイEちゃんとトークを楽しんでいると・・・


僕のタイの携帯が鳴りだした・・・





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












確定パターン

(〃⌒ー⌒)/どもっ♪


今日おバカな知り合いのS君から昼間にメールがきて(けして友達でも仲良くもありません!)


そんなS君が最近はフィリピーナに夢中なようで・・・


フィリピーナは優しさパネェんだよ!!パネェんだよ!!と言って僕を悪の道に誘おうとしてきます!


このブログにいつもコメントをくれるATSUさんという変態オジサンも最近はフィリーピーナに夢中ですし、PPさん(タンブン王)はコリアンに夢中・・・


う~ん・・・なんだかな~


でも!!僕は皆さんと同じでやっぱりタイガールが好きですから、浮気もすることもなく一途にタイガールだけと交際をしようと決めているのでご安心下さいね♪


では前回の続きからどうぞ!


いつもお読み頂きありがとうございます!









にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村



朝起きるとMが起きていてTVを見てる


M「おはようハゲタカ!」


ハゲタカ「ああ・・・おはよう・・・」


M「朝ごはん食べに行こうか?お腹減っちゃった♪」


ハゲタカ「OK!」


それから朝食を食べてまた部屋に戻る!


M「なんか眠くなってきちゃったね♪」


ハゲタカ「ああ・・・そうだね・・・」


M「一緒に寝ようか?」


それからまた2人でお昼寝・・・


起きるとMがシャワーから出てきて


M「今日は何しようか?」


ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


今日も!!今日も一緒にいる系なの?


ハゲタカ「今日ですか・・・」







ジィィー (;¬_¬);¬_¬);¬_¬);¬_¬) (‥;)


え?なにこの雰囲気?


なんかマズイ展開なんですけど・・・


M「ハゲタカはバタフライだね!!!」


Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネンって言いたいとこですが・・・


ハゲタカ「え??なんで??」


M「だって女の子と遊ぶんでしょ!!」


でたよ・・・


この展開・・・


もういつもいつも!!


あ~~~ホントに嫌だ!!この決めつけ攻撃はもうたくさんだ!!





ハゲタカ「あの・・・僕何も言ってないよね?なんで決めつけるの?」


M「だって!!私は一緒にいたいのに!!なんで一緒にいてくれないの?」


これってかなりワガママだと思いません?


しかも僕は今日がラストナイトなんですよ!!正確には明日の夜までですけど・・・


今さらだけど・・・女性ってワガママですよね?世界共通で!!!


ハゲタカ「いや・・・それはさ・・・Mは他にもお客さんいるでしょ・・・」


ミギストレート ☆(゚o゚(○=(-_-○


M「どうしてそんなこと言うの!!ハゲタカはお客さんとは違うでしょ!!」





ハイ!!( ̄o ̄)o オゥ!


キタ!!( ̄o ̄)o オゥ!


コレ!!( ̄o ̄)o オゥ!



って感じですよね!!もうこうなったら確定パターンですよね~♪


もう僕はわかりますYO!この次のセリフわかりますYO~~~


ハゲタカ「・・・・・」








M「ハゲタカは彼氏でしょ・・・」










うん♪そうだね♪僕はMの彼氏だよ!!







ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン


違~~~~~う!!!


いや!マジで違うよ!!


え?なんで?


いつから??


いつからそんな関係になっちゃってるの?


いや!マジで違うからね!!



僕はカスタマーですからね!!













ハゲタカ「( ̄ェ ̄;) エッ?」


M「どうして!ハゲタカは私のこと嫌いなの?」





嫌いじゃないよね!!


でもLOVEか?


LOVEなのか?本当に?


そう考えると・・・確かにLOVEかもしれない!!


久々にオカマ以外でこんなにカワイイ子を見た気がするし!!


一緒にいても楽しいし!!悪くはない・・・


でも・・・


ね・・・


別れたばかりでね・・・


すぐにそんな新しい恋をね・・・


するほど僕は軽~い人間ではないですし・・・


もちろんチャラくないし・・・


自分・・・不器用ですから・・・





M「今日も一緒にいようよ・・・明日帰っちゃうんでしょ・・・」







ということで・・・




ハゲタカ「うん・・・」


M「一緒にいようよ!」


ハゲタカ「OK・・・」





不器用ですいません!!








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ
にほんブログ村












↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。