窓から・・・

おはようございます!


連日の2話更新が続いていますが皆さんついてきてますか?(笑)


え?お前のブログなんか毎日読まないって?


相変わらず辛口ですね~♪


ところで最近コメント返信遅くなって申し訳ありません!
ただ・・・また明日から返信が遅くなるのでご了承下さい・・・


もう・・・おじさん疲れましたよ!
飛行機とか新幹線とか乗りたくないっす!


でも、ここを乗り切れば良いことが待ってるいると思うので頑張りまーす!!!


では!本日もよろしくお願い致します!
いつもお読み頂き感謝しております!











8日目!


朝起きて一人で朝食を・・・
久しぶりだな一人で朝食するなんて・・・
いつ以来だろ?


いつもは空いている朝食会場なのに・・・
今回はGWの為か凄い混んでいるな・・・


そんな中で一人でパンをかじりながら新聞を読んでいると女性と一緒に朝食を食べている人がやけに目につく!


なぜだか腹が立ってくるので朝食を食べるのを中止して部屋に戻り洗濯機を回そうとするが・・・


めんどくせ~~~~~~~~


だいたいなんで僕がこんなことしないいけないんだよ!
と思いながらもNがいないので・・・しぶしぶ洗濯機を回す・・・


するとTELが鳴るのでとると


MAO先輩「よう!今日はなんかあるのか?」


ハゲタカ「いや・・・今日は嫁に謝ろうかと・・・」


MAO先輩「はあ?なんだそれ?これからMさんの嫁を見に行こうと思うんだけど一緒に行く?」


ハゲタカ「Mさんの嫁ですか?是非行きますよ!」


それからシャワーに入って準備をするのですが全く洗濯機が終わらない!


このまま放置して行こうかなと思うのですが・・・


明日着る服がないのに気づき・・・


Nがこんな時にいてくれたらと改めて痛感する・・・





それにしてもど~するかな???


洗濯機が終わるのを待っていたらMAOさんとの待ち合わせが・・・







すると


ルームクリーニングのおばちゃんが登場!


ハゲタカ「僕は出かけるのでクリーニングお願いします!」


おばちゃん「そう!じゃあ中に入るね~」


それからおばちゃんはクリーニング開始!


僕は早く洗濯が終わらないかな!と慌てていると・・・


おばちゃん「あれ?今日彼女は一緒じゃないの?」


ハゲタカ「うん・・・」


おばちゃん「どうしたの?ケンカでもしたの?」


ハゲタカ「うん・・・それで昨日は一人で・・・」


おばちゃん「そうなの・・・ケンカはよくないよ!謝ったらどう?」


ハゲタカ「うん・・・後で謝るよ・・・僕・・・あいついないと洗濯もできない人間だからさ・・・」


おばちゃん「アハハハハ!どれ見せてよ!あと何分なの?」


ハゲタカ「あと15分・・・長いんだもん!」


おばちゃん「それはねぇ~このボタンを押せばいいのよ!このボタンを押さないととても時間かかるんだよ!」


ハゲタカ「そうなんだ・・・俺そんなの知らないよ・・・いつも彼女がやっててくたからさ・・・」


おばちゃん「仕方ないわね~じゃあ私が後で干してあげるよ!出かけるんでしょ?」


ハゲタカ「本当?お願いしていいの?」


おばちゃん「いいよ!あと今日は彼女に謝るんだよ!」


ハゲタカ「はい・・・」


それから僕はおばちゃんにチップを渡しBTSへ


BTSに向かう間にNにTEL・・・








ハゲタカ「N・・・寝てた?」


N「大丈夫・・・」


ハゲタカ「今日会えないかな?」


N「ハゲタカは私に会いたいの?」


ハゲタカ「会いたいです・・・」


N「本当に?無理しなくていいんだよ!」


ハゲタカ「いや会いたい・・・」


N「OK!じゃあ何時に待ち合わせする?」


ハゲタカ「じゃあ13時にナナで!」









それからBTSでMAO先輩と合流して伊勢丹へ


伊勢丹では先輩達5人と一緒にランチをして僕は一人ナナへと向かった






再びナナ駅に戻ってきた僕はNにTEL!


Nはマッサージ屋の近くで一人でランチしているということなので


急いでNがいるレストランに向かうと・・・


窓越しにNの姿が見えて・・・
















日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

久々の・・・

こんばんは!


おりゃ~~~~!


次回の訪タイが決まり徐々にテンションが上がってきたハゲタカです♪


今回も思いきって長めに滞在してみようかと思っております(汗)


会社に帰ってきたら僕の椅子がないかも・・・


なんてね♪


今回は仕事も入れてみましたよ!


先方さんに無理矢理日程を空けさせたんですけどね~♪


あとはホテルをどうするかだな・・・


それでは本日もサクサク更新したのでお読み下さいね♪


では続きからどうぞ!
いつもお読み頂き感謝しております!












気付いたらテーメにいた僕は・・・


お~またテーメにいるかよ!
今回でテーメ何回目だ?来すぎじゃないの?
と徐々に酔いが冷めて意識が戻ってきた僕でしたが・・・(汗)


テーメは先程クローズになった為か入り口付近には女の子が多数いて、雨が降っているので動けない男女がお互いを見つめ合っている!(笑)







たしかここでATSUさんがいて・・・
ATSUさん「いや~ロシアン良かったわ~」とか言ってたような気がします!(笑)


それにBさんもいて・・・若い女の子に話かけていたような・・・
あ!思い出しましたよ!僕はBさんのライターを借りパクしてて、ここでライターを返したんですよ!


あの時はライターを勝手に持ち逃げしてしまい申し訳ありませんでした・・・




それからもSNSのメンバーでダラダラと過ごしていると


ハゲタカ「おいJ!なんだか今日は嫁少ないぞ!」


J君「嫁は沢山いるでしょ~選べないだけでさ~」


ハゲタカ「いや!さすがにこの中からは選べないって!」


J君「だって~ここテーメだよ!LOVEはないよ!」


ハゲタカ「なんだよそれ~LOVEがないじゃん!どこいったんだよ~LOVEはさ~」


J君「じゃあNちゃんにTELして謝ったら?」


ハゲタカ「なんでだよ!俺は謝らんぞ!明日どうせ連絡くるだろ!」


と話していると~









おかしなタイガールがいきなり叫びだす!


テーメガール「私はタダでいいよ~~~」


なんだ?このおバカなタイガールはと思いながら・・・


多くの先輩達が見守る中・・・


ハゲタカ「お前はタダでもいらん!」


と言ったような気がします・・・(ヒドイですよね・・・)






それからもテーメ前でダラダラと過ごし


たしか・・・みんなでバーミーを食べて・・・SNSのメンバーのAさんも加わって・・・


ハゲタカ「いや!やっぱり俺は今日はどうしても乳首舐めたいわ!」


J君「はあ?なんで?」


ハゲタカ「いや!さっき嫁の乳首舐めたらポップコーンの味がしてさ!後味悪いんだよ!」


ATSUさん「なにそれ~」


ハゲタカ「俺さ~30年生きててこんなに乳首を舐めたいと思ったことがないぐらい乳首を舐めたいだけど!」


J君「ウハハハハ!」


ハゲタカ「だいたい今日さ!嫁が見つからないと一人寝なんだけど!だからマジでこれから探すわ!」









そしてまた再度ウロチョロと女の子を見てると


またもや・・・


Sの嫁がしつこくからんでくるし・・・


しつこい奴だな~と思いながらも無視して僕は必死に探し一緒に寝てくれる女の子を探すのですが・・・






MAO先輩「おい!嫁どうすんだよ!」


ハゲタカ「いないですね!今日は完全にLOVEはないですね!」


MAO先輩「お前さ~あるわけないだろ!ここはテーメだぞ!」


ハゲタカ「だって・・・もし今日このまま帰ったら一人寝ですよ・・・」


MAO先輩「そんなの俺はいつもだぞ!毎日だぞ!ふざけんなよ~」


ハゲタカ「いや・・・それは・・・先輩は仕方ないじゃないすか!変態だし頭が少しおかしいから・・・」


MAO先輩「変態関係ないだろ!俺はもう帰るぞ!一人で寝る!」


と言って・・・MAO先輩は一人寂しくホテルへ戻っていった・・・









僕はその後も必死に探したが結局・・・嫁は見つからず・・・


ホテルへと一人寂しく帰り・・・


雨に濡れた体をシャワーで温めて・・・


訪タイ2回目以降の一人寝をした・・・












日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;






にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






ポップコーンの味がした・・・

おはようございます!


さて!今日も一日頑張りますか!


では!昨日の続きをお楽しみ下さいね。
いつもお読み頂き感謝しております。















再びナナプラザへ向かった僕は


R先輩「おい!ハゲ!こっちだ!」


と・・・ナナプラザのど真ん中で叫ばれて先輩達と合流!


とりあえずまだコヨーテに行く時間ではないので僕とMAOさんはGOGOへ


MAO先輩「とりあえず見て周るか~」


ハゲタカ「いいですよ~どうせ冷やかしでしょ!」


MAO先輩「そんなこというなよ~嫁見つけるぞ!嫁をさ!」


ハゲタカ「はいはい・・・嫁ねぇ~」


それから適当にお店に入り、女の子を見て!呼んで!トークして!を繰り返していると


J君からTELがあり僕達に合流することに



初めてMAO先輩に会ったJ君は


J君「MAO先輩って若いんだね・・・」


ハゲタカ「そうだよ!見た感じイケメンだろ?」


J君「うん・・・なんかブログと印象が違う・・・」


ハゲタカ「そうなんだよ!ブロガーはウソツキ多いんだよ!ムカつくだろ?(笑)」


J君「ハゲタカは違うの?(笑)」


ハゲタカ「俺はブログにはウソ書いてないだろ~」


J君「ええ~~~」


それから3人でオカマバーに向かおうとしたら・・・









また・・・


この前ベイバーしたLBがお客さんと一緒に僕に向かってくる・・・


僕は目を合わせないようにすれ違うようにしていたら・・・



『痛い!!!』


なぜかつねられて・・・
そのまま通り過ぎて行かれました・・・






それから3人でオカマバーに入るとMAO先輩が一人のLBを呼ぶ!


ハゲタカ「え?なんで?」


MAO先輩「俺この前この子に相手してもらったんだ~」


ハゲタカ「え?マジですか?」


MAO先輩「カワイイだろ?」


ハゲタカ「はい・・・でも・・・いつですか?いつ連れて帰ったんですか?」


MAO先輩「う~んと・・・たしか~○日!」


ハゲタカ「それ・・・僕と一緒の日ですね・・・」


なんでこの人と被るかな~
女の子は被らなくて良かったけど・・・
う~ん・・・


それからも3人でLBを見ていると









J君「ねえ・・・S君の嫁がさっきから、こっち見てうるさいんだけど・・・」


ハゲタカ「ほっとけ!Sの嫁なんか相手にすんな!」


するとS君の嫁が近づいてきて


J君「なんか隣に座りたいと言ってるんだけど・・・」


ハゲタカ「話している内容はわかる!でも、お前はSの嫁だからダメって伝えてくれ!」


J君「だよね~」


すると・・・


J君「あのさ・・・S君には内緒にするからって・・・」


ハゲタカ「内緒って!なんだこいつはしつこい奴だな~無理なものは無理だって!」


J君「だよね~」


それからもS君の嫁はしつこく僕達にからんできましたが、最後まで無視をし続けましたね。






それからは、いよいよコヨーテへ行くことになるのですが


おーちゃんからTELがきて・・・


おーちゃん「この前のハゲタカさんの嫁がいますけど確保しときますか?それとも違う子にしますか?」


ハゲタカ「ナイスおーちゃん!違う子なんかいくわけないじゃん!俺はあの子にLOVEだからさ~」


おーちゃん「アハハハハ!OKです!僕がハゲタカさんが来ること伝えておきます!」








ふぅ~~~


これで嫁の確保はできたなと思いながら・・・


コヨーテに着いて2回目のコヨーテパーティーを始める!


まずはお気に入りのAちゃんと乾杯して~


それからトークと言っても・・・英語があまり通じないAちゃんなので


酒を飲んで!飲まされて!ガンガン二人で飲んで・・・


次の日ご飯を食べようと約束したんですが~


テストがあるからと断られ~(涙)


あ!ちなみに次の日は祝日だから学校はお休みですからね♪(涙)



・・・・・・・




・・・・・・・





・・・・・・・



その後も2人でガンガン飲んで・・・


Aちゃんの乳首を舐めると・・・(汗)


ポップコーンの味がしました・・・(テヘ♪)


というわけで・・・


・・・・・


・・・・・


・・・・・


・・・・・


・・・・・


気がついたらテーメ前に立っている僕がいましたとさ♪(笑)












日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






鳥と猫

お疲れ様です!


今日もサクサク2話更新しちゃいますかね♪


鳥と猫!


是非お楽しみ下さいね!


と言ってもトークだけですけどね~


いつもお読み頂き感謝しております!
今日から数日コメント返信遅くなります。
申し訳ありません・・・










MAO先輩と合流して二人でタクシーでタニヤに向かう!


MAO先輩「いや~あのさ・・・今めちゃくちゃ凹んでるだけど・・・」


ハゲタカ「はあ?なんでですか?さっきテンション高かったでしょ!」


それからMAO先輩の凹んでいる理由を聞いた僕は・・・









ハゲタカ「ウハハハハハ!マジですか!そんなことあるんですか?」


内容については、本人がブログで発表すると思いますのでそれまでお待ち下さいね♪
最近は月一ブロガーから脱出したので、更新してくれると思いますよ♪


MAO先輩「いや・・・マジだから!今だに信じれねぇ~なんでこんなことになるんだ!」


と言いながら・・・頭抱えて凹んでいるおじさんを横目に・・・


ハゲタカ「それはご愁傷様ですね~ウハハハハ!」


MAO先輩「お前さ~俺がこんなに凹んでるのになんで笑ってるの?」


ハゲタカ「はあ?だって先輩が僕をハートブレイクしたからって誘ってくれたんでしょ~」


MAO先輩「お前のことなんてどうでもいいわ!今まで彼女と一緒に入れて幸せだったんだろ?良い思い出でとっておけ!」


ハゲタカ「いや・・・まだ別れてないですからね!」


MAO先輩「うわ~~~なんだよお前!じゃあコヨーテの嫁はどうするんだよ!」


ハゲタカ「それは・・・新しい嫁として迎えいれるつもりです・・・」


MAO先輩「お前最低だな!俺はそういう最低な弟子をとったつもりはないぞ!」


ハゲタカ「はあ?え?なんか言いました?」


MAO先輩「お前さ!いい加減怒るよ!俺をなんだと思っているわけ?」


ハゲタカ「この際にハッキリ言いますが何も思ってません!だいたいなんで僕が先輩の弟子なんですか?おかしいでしょ!ブログの更新だって僕の方が多いんですよ!」


人気と知名度では・・・雲泥の差がありますがね・・・


MAO先輩「いや!俺の方が更新してるって!」


ハゲタカ「あの先輩・・・僕はもう少しで200話目いくんですよ!」


MAO先輩「え?マジ?お前そんなに更新してるの!」


ハゲタカ「そうですよ!だいたい僕のブログとか読んだことあります?」


MAO先輩「・・・・・」


やっぱりね・・・


ハゲタカ「ないんですか?信じられねぇ~それで弟子とかはないでしょ~」


MAO先輩「まあ・・・弟子ってことでいいよね?(テヘ♪)」


ハゲタカ「無理ですってマジで!だいたい最近先輩と同じ扱いをされるの嫌なんですよ!」


MAO先輩「なんだそれ!それは俺のせいじゃないだろ~」


ハゲタカ「先輩のせいですって!僕なんてお酒を飲んで少しバカなことをしただけじゃないですか!それなのにみんなに言われて辛いですよ!先輩が変なことしてるからこんなことになったんですよ!」


MAO先輩「それはお前が酔うからだろ~」


ハゲタカ「だいたい僕酔っても迷惑かけてないし・・・たぶん・・・」


MAO先輩「お前それはないだろ~お前のバカな行動をよく聞くぞ!まあ、俺も何も言えないけどな~(テヘ)」


ハゲタカ「・・・・・・・」


たしかに僕達はお酒を飲んではじけすぎるという共通の部分があるけど・・・


僕はこの人ほど・・・人に迷惑をかけていない気がする!と思っているのですが・・・
気のせいでしょうか?(笑)





それからはタニヤで2人で換金をして


ハゲタカ「先輩はタニヤとか来るんですか?」


MAO先輩「あんまり来ないな!はっちゃけられないからな~」


ハゲタカ「ハハハ!まあそうですよね!」


MAO先輩「じゃあ飯喰うか!ステーキでいい?」


ハゲタカ「OKです!」


それからバッポンのステーキ屋に向かい中に入りMAO先輩のおススメのステーキを注文!


MAO先輩は


MAO先輩「俺は最近デブ汁出てるからサバステーキにしよ♪」


と言っていたのですが・・・
あんまり突っ込むと調子にのりそうだったので無視しておきました(笑)


ちなみにこの先輩は太ってはいません!
デブ汁も出ていませんし、ブサメンキモオタ親父でもありません!


あまり詳細に書くと・・・
営業妨害になるのでここで止めておきますが・・・
ブログのイメージとはかなり違いますよ♪








すると・・・ご飯を食べながらアイフォンをいじっていたMAO先輩が


MAO先輩「いや~まいった!おじさん降参ですよ!もう今日俺はダメ!元気でないわ!」


ハゲタカ「まださっきの気にしてるんですか?だから気にしちゃダメですって!」


MAO先輩「お前さ~この奇跡的なことのどこを気にするなって言いたいんだよ!」


ハゲタカ「だから大丈夫ですって!俺が解決してあげますよ!」


MAO先輩「お前適当なこと言うなよな~!マジで凹んでるんだからさ!」


ハゲタカ」「アハ!適当に言ってるのバレました?でも、どうするんですかそれ?」


MAO先輩「それは・・・どうしよ・・・(涙)」


ハゲタカ「どうしよって・・・ウハハハハ」






それから食事を終えた僕達はタクシーでナナプラザに移動


ハゲタカ「そういえばこの前のコヨーテ覚えてます?」


MAO先輩「後半は記憶ないな!」


ハゲタカ「先輩・・・コヨーテの乳首触りまくってましたよ・・・」


MAO先輩「マジ?そんなにはっちゃけてた?」


ハゲタカ「はい・・・乳首をこねくり回しながら、こいつ乳首立ってきたぞ~とか叫んでたし・・・」


MAO先輩「マジか?俺そんなこと言った?ウハハハハ!マジで最低だな」


ハゲタカ「はい・・・しまいに他人の嫁の乳首を触ってました!」


MAO先輩「え・・・誰の・・・」


ハゲタカ「僕の嫁のですよ!それに他の人の嫁の乳首も触りまくってましたよ!」


MAO先輩「マジかよ・・・いや~おじさん・・・最低だな・・・(テヘ♪)」


ハゲタカ「マジで史上最低のブロガーですよ!考え直した方がいいですよ!マジで!」


MAO先輩「お前そんなこというなよ~仲良くしようぜ~」


ハゲタカ「僕はかわいそうだと思います!こんな先輩と一緒の扱いをされるんですよ!最悪じゃやないですか!」


MAO先輩「とりあえず今日はコヨーテでもおとなしくするわ!ハッチャケる元気もないし・・・なんかつまんねぇ~からナナプラザで嫁でも探すかな~」


ハゲタカ「はいはい・・・どこでも探して下さいよ!嫁だか彼女だか知らないけど、あんまりはっちゃけてたら痛い目みますよ!」


MAO先輩「いや!もうこれ以上の罰はないっていうぐらい味わってるから大丈夫!」


ハゲタカ「ですよね?ウハハハハ!」





それからナナプラザに着くと僕は着替えの為に一度ホテルへ


もちろん部屋にはNはいない・・・


なんか部屋がものすごく広く感じるのは気のせいだろうか?と思いながらもシャワーに入り


再びナナプラザへ向かうことにした














日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






一人になった・・・

おはようございます!


アンケートが面白いことになってきましたね~


まだ、始まったばかりなのでなんとも言えませんが、どれが一位になるんですかね~


自分がやらされることじゃなければ・・・
とても楽しいんですけね~


自分がやることになると楽しさ半減ですよね~(涙)


では!昨日の続きらどうぞ!
いつもお読み頂き感謝しております!



投票されてない方は是非ご協力お願い致しますね♪















ソファーで寝ていたら・・・


N「ハゲタカ・・・」


と体を揺らしてくるN・・・







そんなNを無視して僕は ベッドにGO!


するとNが近づいてきて・・・


泣き始める・・・






でたよ!また泣くのかよ・・・





でも・・・
なんか疲れたぞ・・・
毎回毎回この繰り返し!いい加減飽きたぞ!


とりあえず・・・
一日・・・
一日だけ!Nと離れよう!と決意を固めた僕は









ハゲタカ「あのさ・・・N・・・俺達・・・離れないか?」


N「嫌だ!別れたくない!」


やっぱりね・・・
通じてないか・・・
お互い母国語じゃない英語でトークだもんな!


すると


Nは得意のタイ語でまくしたててくるので・・・


僕は・・・


ハゲタカ「あのさ・・・N・・・タイ語で話されても俺はわからないよ・・・」


N「・・・・・」


ハゲタカ「あのさ・・・とりあえず今日はアパートに帰りな!」


N「嫌だ!もうなんで・・・どうして・・・」


ハゲタカ「だからさ!少し距離をだな・・・」


N「嫌だ!離れたくない!」


それからも何度も繰り返していると・・・


N「J君にTELする!TEL番号教えて!」


ハゲタカ「ダメ!J君に迷惑をかけれない!」


N「嫌だ!J君にTELしたい!J君に私が言いたいことを伝えるからJ君から聞いて!それからなら・・・私は帰るから・・・」


ということでJ君にTELをすることになるのだが・・・







それからしばらくの間・・・J君とNがトークを・・・


Nは大泣きになりながらも・・・


J君とトークを続け・・・


J君とのトークを終えると僕に携帯を渡してくる・・・












J君「ハゲタカ大丈夫?」


ハゲタカ「ああ・・・もう・・・とりあえず今日はNを帰す!」


J君「うん・・・でもさ・・・Nちゃんがね・・・(省略)」


ハゲタカ「そうか・・・でも・・・ダメだ!一回アパートには帰す!」


J君「その方がいいね・・・このままだとお互いね・・・」


ハゲタカ「ごめんなJ・・・あとでTELするわ・・・」


そして・・・


TELが終わると・・・






N「私・・・ハゲタカが好きだよ・・・」


ハゲタカ「そうか・・・」


N「でも、ハゲタカは私のこと好きじゃないんだよね・・・」


ハゲタカ「いや・・・そうじゃない・・・たださ・・・」


N「私はアパートに帰るね・・・」


ハゲタカ「・・・・・」


そうしてNはアパートに一人で帰っていった・・・








それからの僕はシャワーに入り・・・


もう何も考えたくないと思い昼寝を・・・







それからも広いベットで一人で寝ているとTELが鳴る・・・


Nかな?と思い携帯を出ると・・・









MAO先輩「ようハゲタカ!何してるの?」


ハゲタカ「先輩お疲れ様です!寝てました・・・」


MAO先輩「お前ハートブレイクしたらしいじゃん!」


情報が早いな~~~
タイで変なことしたら絶対にすぐにバレるんだろうな~


ハゲタカ「情報早いですね!」


MAO先輩「なんかLOVEがないじゃん!とか叫んでたんだって?」


ハゲタカ「アハ!そうです!よくご存じで!」


MAO先輩「そんな君には俺がいいとこ連れてってやろうか?」


ハゲタカ「え?どこですか?僕は今日は何も予定ないからOKですよ!」


MAO先輩「じゃあコヨーテ行くか~」


ハゲタカ「コヨーテいいっすね~あの嫁いますかね?」


MAO先輩「お~あの子ねぇ~いるんじゃねぇか?」


ハゲタカ「じゃあ行きましょうよ!」


MAO先輩「それで俺さ~これから換金しに行くんだけど~タニヤレートいいの?」


ハゲタカ「う~ん・・・どうなんでしょ?僕も行こうと思ってるんですけど~タニヤにまで行くのがめんどくさいですよね~」


MAO先輩「なんだそれ?じゃあ俺も行きたいから一緒に行こうぜ!その後、飯喰ってナナプラザで時間潰してコヨーテだな!それでいいか?」


ハゲタカ「OKっす!じゃあどこで待ち合わせします!」


MAO先輩「じゃあ、今から俺は用意するから少し待ってくれ!」



それから僕はシャワーに入り準備をして服を着ようとしたら


あいつ・・・洗濯物溜まってるし・・・


はあ・・・


明日着る服はあるけどそれ以降のないぞ・・・


今日は帰ってきたら洗濯しないとな~と思いつつも・・・


洗濯お姉さんを今日中にゲットするのも有りだな・・・
と思った最低な人がいたかどうかはわかりません!(汗)



そしてMAO先輩と合流してタニヤに向かうことになり・・・















日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。