事業仕分け!

 

あまりマッタリしてると襲われそうなので~

 

ベットから出てキッチンへ移動                  

 

キッチンテーブルには今まで購入した物のレシートなどが散乱してるので

 

必要なものと必要じゃないものを仕分け!!!

 

どこかの国みたいにあいまいにするのではなく~

 

プライベート用と会社用に提出物をキッチリ仕分けする!!!

 

 

 

 

ホテル代は・・・・・会社だな!!

 

飛行機のチケット代は・・・・・・会社だな!!

 

BTSのカードのレシート??は・・・・・会社だな!!

 

クリーニング代は・・・会社だな!!

 

あとは・・・カラオケ代・・・か・・・・・これは・・・・・会社でしょ!!!

 

だって、、、僕一人だけどさ!

今後、接待とかで使うかもしれないでしょ??(絶対ないな!!)

だから、事前調査って奴ですよ!!(何に対して??)

知らないと恥ずかしいですから!!(知らなくていいよ!!)

俺だってホントは行きたくないんですよ~(ウソだろ!!)

もう~ホントさ~(ウソさ~)

でも会社の為に仕方なく行かないといけないんですよ、、、(会社なんて知るか!!)

海外来てもサラリーマンは辛いよ・・・・・なんてね・・・・・

 

 

 

 

 

後日・・・・・・・・・・・・・・・・・ほとんど無理でした・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事業仕分けに

 

なんと!タイから!!参加してきた仕分け人登場!!Pが乱入!!!

 

また、これがチェックが厳しいこと・・・

 

これぐらい厳しいと天下りは絶対になくなるってくらい厳しい!!

 

あの何とか大臣もビックリするだろう。

 

すごく厳しい目つきでチェックをして~

 

日本のレシートまでチェックしてるし・・・(それは大丈夫ですから!!)

 

 

途中で他のカラオケの子の名刺が出てきたきた時は  

 

1分間ぐらいお互い見つめ合い・・・・・(すげ~目つきですから!!)

 

息がつまったけど~ 

 

Pにはあらかじめ教えてたから大丈夫!(セ~フ)

 

 

 

            

でも、別に付き合っているわけじゃないし  

 

気にしなくてもいいんだけどな・・・  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服を着替えて荷物を整理し  

 

そろそろタクシーが迎えにくる時間だなと思っていたら  

 

P「ハゲタカ~メモ頂戴。電話番号書くから。」  

 

ハゲタカ「ソファーの方にあると思うから取ってきてよ」 

 

 

 

           

 

すると、いきなりでかい声が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

  

 

 

 

 

P「ちょっと!!!何よ!!!これは!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~事件発生~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きをお楽しみに!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


にほんブログ村

スポンサーサイト

アップトゥユー

訪タイ一回目!五日目!

 

 

 

結局・・・夜中?朝?にPはトイレで吐きまくって・・・・・

 

処理が大変だった・・・・・

 

もう~僕はタイに女の世話しにきたんじゃないって!!  

 

まあ、僕も吐くタイプだから・・・・・なんもいえないけど・・・・・

          

とりあえず交代でシャワーに入ると

 

Pも具合が良くなったみたい(はえ~な!!)

 

 

若いから回復も早いんだな・・・・・20代と30代の違い・・・か・・・

 

 

それからタクシーが来るまで少しマッタリ

 

するとPが話しかけてくる

 

 

 

Pちゃん「怒ってるでしょ?」

ハゲタカ「怒ってないよ!!」

 

 

 

それから10回ぐらい繰り返して

 

 

でた言葉が・・・・・・  

 

 

 

 

 

 

 

P「じゃあ、とりあえずHしよう」  

 

なんで??

 

え?タイ人ってコミュニケーションはHなの??

 

ていうか~僕これから仕事だから!!

 

こいつなんもわかってねぇな!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲタカ「はあ、なんで?」  

P「だって昨日してないでしょ」  

ハゲタカ「いや、これから仕事だし止めとく」  

P「どうしてHしないの?私のこと嫌いなの?」  

ハゲタカ「嫌いじゃないけど、、、でも仕事の前にHすると疲れちゃうから」  

P「仕事ね~まぁいいわ。とりあえず終わったら連絡して。」  

ハゲタカ「了解・・・・・」

 

 

 

とここで僕、Pにお金を払ってない!!

 

こういうことはキチンとしないとな!!!

 

 

 

ハゲタカ「あのさ、お金はいくらになるの?」  

Pちゃん「アップトゥユー」  

 

 

 

 

でたよ~アップトゥユー。        

ホントにいくらでもいいのかよ!じゃあ500Bで!  

って感じにはならないだろ!  

素直にいくら欲しいのか言えよ!!面倒だな!!!

だいたいさ~いつもそうなんだよな~

「飯何が喰いたい?」  「アップトゥーユー」

「どこに行きたい?」 「アップトゥーユー」

もうホントめんどくせ~

 

 

            

ハゲタカ「じゃあ、普段はオールでいくらもらってるんだ?」  

 

P「3500B・・・・・」  

 

 

3500B+100BをPに渡す。 

 

         

 

 

P「こんなにもらえない」  

 

 

ハゲタカ「なんで?」  

 

 

P「Hしてないし、迷惑かけたから・・・・・」  

 

 

ハゲタカ「たしかにHはしてないけど関係ないだろ!

      楽しかった分の対価を払うんだからさ。」  

 

 

P「でも・・・いいの??」    

 

 

ハゲタカ「いいよ。べつに!!マンペイライだ!!!」

 

  

 

 

 

      

少しカッコつけてるかもしれないな。  

 

まあ、普通だったらHしないとおかしいよね~

 

でも、なんかタイにきたらあまりHしたくなくなるんだよな~ 

 

Hは嫌いなわけじゃくて好きだし!!いや、、、大好きです!!!  

 

ベイバーするからにはそれなりの考えがあってベイバーするわけだし  

 

でも、Hだけではないのもホントなんだよな~  

 

なんか考えると自分がわからなくなるな~  

 

あまり考えるの止めよっと!  

 

Hしたい時にガンガンすればいいさ!!

 

タイまできてあまり深く考える嫌だし!  

 

とりあえず部屋の片付けでもしようと

 

 

 

ベットから出る・・・・・と事件が・・・・・

 

 

 

 

 

バラグー

それから、また時間がたつと

 

いつの間にか店内はお客さんだらけ  

 

ここは少しファランの数が多いかな~

 

ハリウッドはタイ人や日本人が多かった気がするし。

 

  

でも、やっぱり男はみんな女連れなんだよな。  

まあ、僕もそうだし・・・考えることはみんな一緒ですよね

 

そんな感じで周囲を見渡していたら

 

 

P「ハゲタカはバラグー??(水タバコ)はやらないの?」  

 

ハゲタカ「何それ?俺は危ないものはやらないぞ!」              

 

 

よくよく聞くと水タバコのことらしい  

 

周囲でもランプみたいなものをテーブルにおいて口で煙を吸っている。  

 

なんか面白そう!!        

 

ハゲタカ「面白そうだね。いくらすんの?」  

 

P「う~ん。500Bぐらいじゃない??」  

 

ハゲタカ「じゃあ、一つ注文してよ」  

 

そんなこんなでバラグー1つを注文。  

 

店員がランプみたいな物をテーブルに置きいろいろ用意をしている。  

 

3分くらいで用意ができたとのことなので  

 

まずどのように吸うのかをPに聞く  

 

 

ゆっくり吸って~~~

 

ゆっくり出す~~~  

 

ふっ。簡単だなと思い  

 

余裕の表情で体験・・・・・  

 

いきなり咳き込む!!  

 

う~ん。なかなか難しいな~  

 

でも、匂いや吸っている感じはすごくいい!!!  

 

タバコよりも吸いやすいし。   これなら気持ち悪くならないかも!          

 

 

それから一時間ぐらいバラグーと酒を体に入れる。  

 

Pもガンガン飲んでるし  

 

途中からはPは口移しでバラグーをしてくるし・・・・・最高~~~

 

友達はコーラ??飲んでるし  

 

 

気づいたら最初のボトルが空になってる・・・・・  

 

 

おいおい最初は3分の2ぐらいは入ってたぞ・・・・  

 

 

飲み過ぎだなと思いつつ  

 

 

このままカラのボトルにして帰るのはPが  

 

かわいそうかなと思い同じボトルを追加!          

 

 

そのまま3人で飲んで吸って踊ってを繰り返してると  

 

 

いきなりPが眠りだす・・・・・  

 

しかも寄りかかってくるので非常に重い!!  

 

もうこれは帰るしかないなということになり  

 

Pを肩にくんでタクシーに乗せる。  

 

ホテル到着後は歩くこともできない状態になり仕方ないので・・・・・  

 

抱っこしてベッドに寝さす。  

 

それにしても・・・なんでタイに来てまで私は女の世話してんだ・・・  

 

友達も部屋まで付いてきてくれ  

 

Pがベッドに寝るのを見届けてお別れ。          

 

友達「今日はHできなくて残念ね」  

 

ハゲタカ「いや・・・全くしたくないんですけど・・・」  

 

友達「とりあえず明日はタクシーが迎えにくるからよろしくね。」  

 

 

ハゲタカ「なんで俺がタクシー乗るの知ってるの?」  

 

 

友達「だって明日のタクシー運転手は私の夫よ!」  

 

 

ハゲタカ「あ~そうなの~よろしく~」        

 

 

まあ、夫なら安全だよな。  

 

 

だから、Pは今日、友達に会わせたのかな・・・・・  

 

 

少し心が傾きかけそうだ・・・・・  

 

 

 

そのまま僕も就寝・・・・・  

 

 

4日目終了!!                    




スイートマウス!

とりあえずタクシーで移動~

 

どこに行くかはわからないけど、まあPのお勧めだから大丈夫だろ。

 

 

 

途中でPの友達も合流することになり、

よくわからんところで、たぶん伊勢丹かな??タクシーを止めて5分待機・・・

なんかでかい仏像??寺??伊勢丹の前???

みたいなところの前で待つことになり

Pとタクシー運転手は

友達が来るまでずっと手を合わせてお祈りしてる。








とりあえず・・・僕は無宗教だから~と思っていたら

P「ハゲタカもしなさい。」

僕は関係ないじゃん!!と思いながらも・・・お祈り開始~

何をお祈りすればいいの??

う~ん。とりあえず可愛い子と沢山出会えるいように!!お願い致します!!!

何分たったかわからんけど・・・友達が来たので終了!









とりあえずどこに行くのかと聞くと

やはり予想通り!

ディスコだし・・・・・

しかも~~~ 一昨日来た同じ店だし!

なんか財布からVIPカードみたいなの出してるし!!

なんかものすごく嫌な予感するし・・・・・








ただ、なんかPが

受付の女の子ともめてるので

とりあえず火の粉がかからないように

外でタバコを吸って待機。








5分後・・・・・

P「ハゲタカ移動するわよ~」

ハゲタカ「なんで?」

P「いい席がないし高いのよ!」

ハゲタカ「そうなの?でもこの前・・・」

P「いいから次の店にいきましょう」

ハゲタカ「イエス!サー!」








タクシーでハリウッドを後にし

次の店に移動

店名は忘れました・・・

ただ、ホテルの下にあるディスコです。

ここでもPが常連らしく(どんだけディスコ行ってんだ)

ボーイにカードを渡して席に着く。

まだ時間が早いのか店内は半分くらいしかお客さんがいない感じだ。

席についてすぐにボーイがボトルを持ってきた。


ハゲタカ「これ何?」


P「私のボトルよ。お酒頼むとハゲタカがお金かかるでしょ。」

なんていい子なんだ!!

少し僕が誤解していたのかな・・・

もう今日はとことん遊んじゃおう!!!


ハゲタカ「Pちゃんありがとう。気を使わせてごめんね」

 

Pちゃん「良いのよ。ハゲタカは初バンコクなんだし、ディスコも初めてなんだから」


ハゲタカ「初めて・・・・・です」


P「それにあと一週間もあるし、あんまりお金使うと足りなくなるよ!!」



確かに・・・あと一週間このままのペースで使うと絶対に足りなくなるな。

少し財布の紐を引き締めるか!!









ハゲタカ「そうだね。少し使い過ぎかもね・・・」

 

P「そうよ。これから毎日会うんだから!!」


ハゲタカ「そう、毎日ね!!って、、、、え?毎日??」


P「そうよ。だってハゲタカは仕事以外ヒマでしょ」


P「ハゲタカは彼女もいないし、結婚もしてないんだから、一人でしょ??」

 

ハゲタカ「いや・・・仕事以外にも色々遊びたいし・・・」

 


ここから徐々に・・・本性が・・・出てきます・・・

 

 

P「はあ~どこ行くっていうの?」


ハゲタカ「いや、GOGOバーとか・・・・」


P「聞こえないわ!はっきり言ってよ!!」


ハゲタカ「ヒマです・・・・・」


P「そう。じゃこれから毎日会えるね。他のお店には絶対に行かないでね!」

ハゲタカ「うん・・・行かない・・・」









う~ん。さっきの優しさは他の女の子に使うくらいなら私に使えってことかよ!!

さすがタニヤ嬢!!完敗です!!!






P「とりあえず乾杯しましょう」


 

とりあえず出された酒を飲んでみたが

ウイスキー炭酸割りかよ!!しかも少し濃いし!!

まあ、Pのお酒だから仕方ないか。








飲んで踊っているとやっぱり小便がしたくなる!!

そこで、トイレに行くのだが

ディスコのトイレってうざいんだよね。

ボーイが、小便していると肩とか手とかマッサージしてくれて

蛇口もひねってくれてタオルもくれて

最高なんだけど・・・

お金とんなよ!!!

1回ごとに20バーツ取られたら、一日いくらになると思っているのよ。

もう~ホント困るよ。ディスコのトイレは!!!












3人で飲んでいると

Pの友達が話しかけてくる

Pは隣で踊り狂っているけど・・・








友達「ハゲタカはPちゃんのことどう思う??」

 

ハゲタカ「どうって言われても、会ったばかりだし。」

 

友達「Pちゃん可愛いでしょ。彼氏いないから付きあっちゃえば?」




彼氏いないはタニヤ嬢の上等手段だろが!!


ハゲタカ「そうなんだ!可愛いのにね。まあ、若いからいらないんじゃない。」

 

友達「Pちゃんはハゲタカのこと好きみたいよ。」


だから~だまされないって!!



 

ハゲタカ「いや~それはないでしょ~。会ってまだ何時間もたってないし!」

 

 

友達「違うの。最初にハゲタカがお店に来た時、かっこいいと思っていて
    私を指名してくれないかなって思ってたら、ホントに指名してくれて
    ホントにうれしかったんだって。」

 

 

う~ん。うれしいけど・・・なんかな~ありきたりな話だな~



 

ハゲタカ「うれしいね~ありがとう。」

 

友達「ハゲタカ信じてないでしょ~まあ、いいわ!今日は飲みましょう。」

 

ハゲタカ「OK!飲もう飲もう!」



相変わらずPは飲んで踊っていたのだが

少し疲れたのか席に座って休んでいる。



 

ハゲタカ「疲れたのか?」

 

P「少し疲れたわ。ハゲタカはなんで踊らないの?」

 

ハゲタカ「俺は踊りが下手だから嫌い!」



まあ、この前はBと踊ってたけどね!

 

P「そうなんだ。つまらなくないの?」

 

ハゲタカ「見ているだけでも十分楽しいよ。それに、こんな可愛い子とディスコなんか日本じゃこれないしね。」


 

P「ふっ。あなたはスイートマウスね。」


スイートマウス??甘い言葉??ってこと。

意味がわからん・・・

たぶん・・・いやらしい?おだててる?

そんな感じでしょ??







まあ、確かにこんな言葉は日本語じゃ絶対に言わないな。

お酒の力も借りてるけど、でも英語だと言えちゃうんだよな~

これも魔法の国タイランドの力かな~

 

ハゲタカ「スイートマウスね~面白いね。でもホントのことだからさ」


P「まあ、ウソでもうれしいわ。飲みましょう。」



それから時間が過ぎると~~~

 

 

 

 

イサーン料理

訪タイ一回目!四日目!

 

 

 

朝起きて朝食をとる。

朝食後はS氏お勧めのマッサージ屋に行き  

フットマッサージを一時間。  

それにしても一時間念入りにして500Bしないのはホント安い!!!  

日本だったら毎日行こうと思うけどタイだからこそ安いんだよね~

 

 

 

                  

ホテルに戻って夜に備え仮眠をとる  

夕方に起きてA氏お勧めの  

タニヤのカラオケに突入。  

 

 

 

      

A氏お勧めのカラオケは  

換金所の近くのビルということもあり  

お店の場所はすぐにわかったのだが  

A氏からは19時過ぎに行くように  

教えて頂いていたのでタニヤを少し散歩。

 

 

 

 

            

18時だというのにタニヤは女の子がいっぱいで  

散歩していると多くの客引きに声をかけられる。  

そこで時間潰しに一軒行ってみようと思い  

A氏お勧めのお店の上の階のお店に突入!

 

 

 

 

店名は忘れました・・・  

初めてのカラオケということで  

少し緊張しながら店内へ店内に入ると            

まずはママらしき人が女の子を呼ぶ。  

さあ、選べ!!!という感じだが  

一人に対し20人くらいの人が私を見るので  

ものすごく恥ずかしい・・・・・

 

 

 

  

そこで少し見渡して  

一人の女の子を指名。  

女の子の名前は忘れました。  

歳は24歳でチェンマイ出身。  

子供は一人いて旦那はいない・・・  

まあ、タイ人だから驚かないけど・・・・・  

ビールを飲みながらありきたりな話をして   一時間で終了。  

お金は600B+女の子のドリンク200B  

安いのか高いのかわからないけど  

貴重な一時間を過ごせた。  

 

 

 

これで本番はOKだぜと思い一度  

ビルの外に出て今度はA氏お勧めの店に突入!!

 

 

                            

A氏の紹介だと言ったが  

私の英語が下手なせいもありなかなか伝わらない。  

ママみたいな人がようやくA氏のことを思い出して

とても歓迎してくれた。そして~

 

 

 

まずは女の子を選べ!!と・・・・・

 

 

 

多くの女性が私を見つめる中

スドーン一発!!Pちゃんを指名!!!  

顔がめちゃくちゃ俺のタイプです。  

髪は巻き髪でロング。  

身長は150cmぐらい。  

日本語はほとんどダメ(なんかメモみたいなの持ってるし・・・)  

英語は話せるとのことなので英語でトーク。

 

                    

Pちゃんは  

イサーン地方出身で21歳。  

現在は家族とバンコクに住んでいてお兄ちゃんがいるらしい。  

昼間は学校に行き夜はタニヤで毎日働いている。  

学校では経済学でホテル関係の勉強をしている。  

結婚はなし。  

彼氏はいないらしい。(信じないけど)  

もちろん子供もなし。(微妙だな・・・)  

タニヤは働いてまだ4ヶ月らしく(ウソだな・・・)  

日本語を猛勉強しているらしい。(これはホントだな・・・)

 

 

  

まあ、タニヤにいる普通の女の子だと思って話していると              

Pちゃんも多くの質問をしてくるので

答えていくことにした・・・・・

 

 

 

  

すると~なんだかトークの雲息が怪しくなってきたな・・・・・              

まずは11泊ということで

今までの三日間は何してたか?  

ゴーゴーバー行って~テーメ行って~なんて言えるわけないので・・・  

ハゲタカ「仕事してました。」    

  

仕事は何をしているのか?  

まあ、これは別にホントのこと話してもいいか  

ハゲタカ「○○関係かな」

 

         

明日からは何をするのか?  

これは、よく考えんと・・・間違ったら大変なことになる!!  

ハゲタカ「仕事でパタヤとか行かないといけないから忙しいかな・・・」          

 

 

奥さんいるか?  

ハゲタカ「いません。彼女もいません。」  

         

タイで女遊びしたか?

ハゲタカ「してません」(ウソ)                

 

 

 

多くの質問をされ、結果は・・・

 

 

 

 

 

合格???  

Pちゃんが腕を組んできて、甘えてくるので  

ふ~助かった~

 

 

なんでこんなに気を使わないといけないんだろ??  

タイまで来てさ・・・          

そんなことを心の中で思ってると  

絶妙なタイミングでママが一時間コールをくれた。  

 

 

          

明日はパタヤに行かないということもあり  

早めにホテルに戻ろうかと思っていたので  

ベイバーなし!!(だってね~最初だもん・・・)  

を告げたら、Pちゃんが怪しい目つきでこっちを見てくる。  

止めろよ~その人を観察するような目つきは・・・          

 

 

 

そんな顔を横目に  

パタヤまでどうやっていくのかとママが聞いてくるので  

タクシーで行くと伝えると  

ママが危ないからとタクシーを紹介するよう手配を始める。 

危ないって何が??みたいな顔している俺を無視して  

ママは店の奥に行き電話している            

なので自動的に延長・・・・・  

 

 

 

危ないっていっても男だし!  

そんなに現金も持ち歩かないし・・・・・  

誘拐でもされるのかよ!!って思っていたら          

ママいわく俺が初めてのバンコクで  

俺が迷子になるんじゃないか(子供か!!)と心配らしく  

A氏の紹介ということもあるので  

私の知り合いのタクシーに乗りなさいとのこと。        

俺はもう30歳のおじさんなんですけど  

と言いたかったが、ママの好意に何も言えず  

往復2500BということでOK!  

高いのか安いのかわからん!!  

 

 

        

ママが明日の10時にホテルまでタクシーを迎えに行かすから  

ホテル名を教えてのことなので  

スクンビット ソイ6 と伝え   ママとのトーク終了。。。                        

その後、一時間Pちゃんから質問の嵐・・・・・

 

 

 

 

                            

結局、食事をすることになり   ベイバー決定・・・・・                  

Pちゃん大喜び。  

俺がイサーン料理が食べたいと言ったので  

同じビルの中の   イサーン風??タイフードレストランへ          

想像以上にく辛く(辛すぎるわ!!!)  

涙を流しながら食べていると  

Pちゃん「そんなに辛い??」  

ハゲタカ「辛すぎる!!」  

Pちゃん「まあ、イサーン料理だから(笑)マンペイライよ」  

ハゲタカ「マンペイライ・・・かよ!!」    

 

 

 

 

              

とりあえず食事終了・・・   なんか辛いの食い過ぎて・・・・・  

おしりのほうが・・・・・熱い・・・・・                  

食事の後はホテルに戻ってゆっくりするのかなと思っていたが  

Pちゃんが気を使ってくれて・・・(こいつ明日俺がパタヤってこと忘れてるな・・・)  

明日仕事なんですけど・・・              

どこに行きたいかしつこく聞いてくるので  

まあ、ホテルに戻るのもどうかなと思い・・・  

普段Pちゃんが遊んでいる場所に連れて行ってほしいと  

伝えると目を輝かせて

早く行こうの合図・・・・・(悪夢の始まり)

 

 

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。