ネタがないです!

皆様お疲れ様です!


さて、まずは投票の結果から発表しましょうか?


一位は『LB再戦!』ということになりましたので、次回の訪タイで実行させて頂きます・・・


60名の投票して頂いた方には深くお礼致します!(なんでまたLBなんだよ!と心の中で思っているのは内緒ですよ♪)


まさか『LB再戦』が一位なるとは・・・


前回の結果がいまいちだからでしょうか?


次回はご期待に応えられるようにアレキなど行かずお酒も飲まずに挑ませて頂きますね!


あ・・・やっぱり少しだけお酒飲ませてもらってもいですか?


さすがに酒も飲まずにチン〇ンがある方とチョメチョメするのは厳しいので(テヘ♪)



では、昨日の続きからどうぞ!
いつもお読み頂き感謝しております!
本当にありがとうございました!



日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;



ホテルをチェックアウトして近くのレストランへGO!


Nに適当に注文をさせて最後のトークを・・・






N「ねえ!田舎本当に行くよね?」


行きたくないって言っても連れてくせに聞くなよな!


ハゲタカ「ああ・・・いいよ・・・」


N「両親に会うよね?」


会わない方法があるなら教えて欲しいんですけど~


ハゲタカ「え・・・それは・・・」


N「大丈夫!結婚の話とかじゃないよ!」


あったりまえだろうが!!!


ハゲタカ「ならいいけど・・・」


N「OK!ありがとう!じゃあ、車の運転頑張らないとな~」


ハゲタカ「あのさ・・・本当に車で行くの?」


N「行くよ!バスめんどくさいもん!」


ハゲタカ「飛行機とかあるよね?」


N「あるけど高いもん!」


ハゲタカ「じゃあ俺は飛行機で行くからNは車で行けよ!」


N「そんなのずるいじゃない!私も飛行機がいい!」


ハゲタカ「それはダメだよ!高いんだから~」


N「飛行機はダメ!一緒に車で行くの!わかった?」


ハゲタカ「・・・・・」


それからもNはトークを続け・・・

そろそろ・・・空港へ・・・と思ってチェックをしようとすると・・・


N「次はいつ?」


ハゲタカ「はあ?どうした急に?」


N「次はいつ会えるの?」


ハゲタカ「なんだ?どうした?」


N「だって・・・いつまで待てばいいか・・・」


ハゲタカ「なんだそれ!また来るよ!」


N「だからいつ!教えてよ!」


ハゲタカ「たぶん7月・・・」


N「どれくらい?」


ハゲタカ「5日間・・・」


するとテーブルを叩き・・・


N「ダメ!1週間はいてよ!わかった!」


ハゲタカ「OK・・・」


N「ホント サビシイ」


ハゲタカ「そうだな・・・」


N「ハゲタカ 二 アイタイ」


ハゲタカ「ああ・・・」


N「私のこと好き?」


ハゲタカ「それは~LOVEでしょ~」


N「マジメに言って!」


ハゲタカ「好きです!愛してます!」


N「OK!私はハゲタカがまたタイに来るのを待ってるからね!ず~と待ってるからね♪」


ハゲタカ「ああ・・・」


それからレストランを出てタクシーを止める!


Nは田舎までバスで行く為にバスセンターに向かうとのことなので・・・


ハゲタカ「先に乗れよ!」


N「うん・・・またね・・・ハゲタカ・・・」


ハゲタカ「ああ・・・またな!」


そうしてNと別れ僕もタクシーを乗り空港へ向かった!
















いつもならここで終わりなんですが・・・










フライト前にNからTELが・・・


ハゲタカ「どうした?」


N「ハゲタカ 二 アイタイネ~」


なんで日本語?


そしてなんていうタイミングでTELを・・・


ハゲタカ「N・・・」


やばい!久々にこんなに日本に帰りたくないと思っているんだけど・・・


もう明日のチケットに変更しようかな?と思っていると・・・


N「愛してるよ!またね!」


この一言で正常に?戻ることができた僕は・・・


ハゲタカ「ああ・・・じゃあ俺は飛行機に乗るよ・・・またな・・・」


N「気をつけてね!愛してるよ!」


ハゲタカ「ああ・・・俺もだよ・・・」


それから飛行機はタイを出発し、僕は無事に日本に帰国した!


訪タイ5回目終了!














日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




皆様お疲れ様です!


以上で訪タイ5回目が終了となります!


とうことで・・・


ネタが無くなりましたので明日からブログ更新ができません!(涙)


なので新しいネタが出来るまで『ハゲタカのタイブログ(偽)』を休止します!


再開する時期については未定です!


もしかしたらすぐに再開するかもしれませんし・・・


長い期間休止するかもしれません!


ただ!必ず再開することだけは約束します!


読者さんとの約束だけは僕は必ず守りますからね♪(タイガールとの約束は守りませんけどね~)


最後に今まで多くの方が応援して下さり心から感謝しております!


こんなつまらないブログを読んで応援してくれるなんて・・・


本当に!本当に!感謝しております!


では!また皆様とこのブログでお会いできる日を楽しみにしています♪


以上!ハゲタカでした!(テヘ♪)








にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

訪タイ5回目!最終日!

皆様おはようございます!


今日でいよいよ投票終了ですよ!


正確に言うと明日まで可能なのですが


明日は僕がブログを更新する時には投票を締め切ってしまうので、今日中に投票された方がいいと思います!


もちろん僕も最後に投票させて頂きますよ!


何が一位になるのか楽しみですね♪


では!昨日の続きからどうぞ!
いつもお読み頂き感謝しております!









訪タイ5回目!最終日です!


朝起きてやはり風邪気味・・・








今日で最後か・・・


今回も充実したよな?


今回はNといる時間もそんなには長くなかったような・・・


そんなことを思いながらも再度寝てしまい・・・








昼過ぎに起きて二人でゴロゴロしながら・・・僕は帰国する準備を始める!







と言っても・・・
何も入れる物がないんですけど~~~(汗)






ハゲタカ「あの?今回も着替えを置いていかないといけないんでしょうか?」


N「なんでそんなこと聞くの?」


僕の物だからです!


ハゲタカ「いや・・・あの・・・日本で着る服がないんですけど・・・」


N「それなら日本で新しいの買えば?」


なんで日本で買わないといけないんだよ!
だいたいタイにいる期間なんてすごく短いのになんで置いていかなきゃいけないんだよ!


ハゲタカ「でも・・・タイで買ってるのに・・・またさらに・・・」


N「ハゲタカの物は私のアパートに置いていくの!わかった?当り前のこと聞かないでよ!」


当り前って・・・普通なら持って帰るのが・・・


ハゲタカ「・・・・・」


それからはNも実家に帰る為、一緒にアパートに行くことに・・・









アパートに着くとNは田舎に帰る準備を始めるのですが・・・



そんな中でふと思うことがある!


いったい僕の服はどこに置いているんだ?


あまり広いとは言えないこの部屋で・・・なので・・・


ハゲタカ「あのさ!俺の服はどこに置いているの?」


N「それはここよ!」


と言われた場所を見ると・・・


ハゲタカ「それさ・・・Nの服と一緒に入れてるってこと?」


N「そうだよ!なんかあるの?」


ハゲタカ「あのさ・・・俺の服ジャマじゃない?


N「そんなことないよ!いつもハゲタカのことを思い出せるからうれしいよ!」


ハゲタカ「そうなんだ・・・」


N「だから安心して置いていていいからね♪」


安心はできないけど・・・
まあ、荷物を持って移動しなくていいんだから楽だよな?
たぶん・・・



それからもNはキャリアケースに着替えやお土産を入れたりしているので、僕はベットに横になって何を話しているかわからないTVを見ていると・・・



N「めんどくさいな~実家に帰るの!止めようかな!」


ハゲタカ「なんでだよ~お父さんに会いたいんだろ~」


N「だって遠いんだもん!バス嫌い!」


ハゲタカ「たしかに遠いもんな~」


N「次回は行こうね!」


絶対に行きたくないし!
もう・・・あんなせつなくなるのは嫌だ!
しかもスーツだったし!


ハゲタカ「・・・・・」






それからはホテルに戻り最後のNとのトークを始めるのですが・・・


N「今度、車買うことにしたからね!」


ハゲタカ「え・・・本当?」


N「うん。安く買えそうだからさ~」


ハゲタカ「そうなんだ・・・でもNは免許持ってないでしょ?」


N「大丈夫!イージーだよ!」


ハゲタカ「イージーって!でも俺はNの車には乗らないからな!」


N「なんでよ~今度から空港まで迎えに行ってあげるね!」


ハゲタカ「俺、まだ死にたくないから遠慮しとくわ!」


N「いいから乗りなさいよ!わかった?だから今度は私の車で実家に行こうね♪」


なんで実家が出てくるかな~
なんでそんなに俺に行かせたいかな~


ハゲタカ「絶対嫌です!」


N「行こうね♪」


ハゲタカ「嫌です!」


N「車で二人で行こうね♪」


ハゲタカ「嫌です!」



その後も同じことを繰り返したいたら・・・やっぱり・・・










N「殴られたいの?」


ハゲタカ「・・・・・」


N「3泊4日でいい?」


ハゲタカ「・・・・・」


N「それにハゲタカを友達に会わせたいだよな~」


なんでタイ人って友達や親に紹介したがるんだろう・・・
僕なんかと会っても良いことなんかないのにさ~


ハゲタカ「俺は誰にも会いたいたくない!」


N「ダメ!ハゲタカの写真を見せたら会いたいって言ってるし!」


勝手に他人に見せてほしくないんですけど~


ハゲタカ「ふ~ん・・・」


N「それに友達カワイイよ!会いたいでしょ?」


え?カワイイの?それなら・・・話は変わってきますよ!


ハゲタカ「それは少し会いたいかも・・・」


N「そうでしょ~でも、友達に会って何か変なこと考えてないでしょうね!」


考えてない!と言ったらウソになりますね!
ただ、お前の友達とはどうにもならないと思うよ!
でも、カワイイ子は見るだけでもOKです(テヘ♪)


ハゲタカ「まさか・・・ね・・・」


N「じゃあ、前にバーミー食べた街覚えてる?」


ハゲタカ「あ~~~あそこね!わかるよ!」


N「じゃあ、そこに今度は泊まろうか!ホテルも沢山あるし!それにハゲタカが大好きなディスコもあるよ!」


ハゲタカ「え?マジ?」


N「あるよ!しかも学生が沢山いるんだよ!」


学生・・・パッツンですか~


Nを実家に帰している間に・・・なんてね♪


ハゲタカ「よ~し!じゃあ行くか!」


N「なんでテンション上がってるのよ~!それに・・・学生は・・・安いよ・・・」


ハゲタカ「ん?安い?」


N「わかるでしょ!」


ということは・・・え?お金で解決できるってことですか?


ハゲタカ「マジ?いくら?」


N「1000Bくらいかな・・・」


1000Bでパッツンかよ!なんていう魅力的な街なんだ!それは絶対に行かないとな!


ハゲタカ「そうか・・・1000Bか・・・」


N「学生はお金ないからね・・・」


ハゲタカ「ふ~ん・・・もしかしてNもしてたのか?」


N「まさか~私はコヨーテだったから、それはないけど・・・友達はみんなしてたよ・・・お金がないから・・・」


ハゲタカ「なるほど~でもさ?相手って日本人じゃないよな?」


N「うん!タイ人だよ!それとファランが少しかな?」


ハゲタカ「じゃあ?そのディスコにいるお客さんは日本人少ないんだな?」


ライバルは少ない方が良いですからね♪


30歳のハゲデブオヤジなんだからライバルが多いと僕になんか女の子が近づいてきてくれないですからね~


N「あまり見たことはないかな!特に若い人はいないよ!」


若い人もいない・・・じゃあ30歳キモオタオヤジでもOKかな?
仕方ない・・・本当は行きたくないけど・・・
田舎のパッツンの学費を助ける為にも・・・
行きたくないけど!僕が行ってあげようかな~(テヘ♪)


ハゲタカ「OK!もう決めた!そのホテル泊まるぞ!」


N「いいけど・・・絶対に変なことしちゃダメだよ!」


はあ?こいつバカなんじゃないの?
変なことできないなら行きたくないんですけど~


ハゲタカ「変なことってなんだよ!そんなの俺はするつもりはないぞ!」(もちろんウソ)


N「女の子に声かけたりするのはダメってこと!」


ハゲタカ「なんでだよ!ディスコなんだから声ぐらいかけるだろ!」


N「ダメ!本当に危ないから!田舎の男性は短気だから本当に危ないんだよ!」


気の小さい人間達だな~
みんなで楽しもうとか思えないかね~


ハゲタカ「そうか・・・じゃあ・・・どうやってみんなホテルに行くんだよ!」


N「それは・・・ハゲタカの方がわかるでしょ!」


しらねぇ~よ!と言いたいけどなんとな~くわかる気がする!

たぶん・・・

男性からは声をかけてはいけない!

あくまでもディスコに踊りに来ているということにして

裏では・・・〇春ということをしているんだな!

なので女性から声をかけてきて、そこから始めて交渉がスタートって感じになるシステムって感じでどうだ?





みたいなことをNに聞くと


N「うん・・・」


フフフ。やはり正解か!


でも・・・正解はうれしいけど・・・


ということは・・・














お~~~~~~~~い!










女の子に主導権があるということは・・・


見た目とかでだいぶ判断されてしまうのではないでしょうか?(汗)


そんなシステムなら女の子なんか・・・


ブサメンの僕になんか絶対に近寄ってくるわけないんですけど~


しかもメタボワキガ親父という3点セットも付いてるし・・・


なんかすごく楽しそうな話しなんだけど・・・


急激に行きたくなくなってきたな・・・








ハゲタカ「そうか・・・なんか残念だな・・・」


N「何が?」


そのおかしなシステムだよ!イケメンだけが美味しいシステムに腹が立つんだよ!


ハゲタカ「まあ・・・いろいろだよ・・・」


N「1000Bは普通の価格だからね!500Bとかもあるよ!それにタダもね・・・」


ハゲタカ「タダ?なんでだよ!お金欲しいんだろ!」


N「それは・・・カッコいい人は・・・」









チーーーーーーーーーン!


と・・・ともに・・・


沸々と怒りが芽生え・・・


『イケメンは絶対に許さない』と心の中で思っていたと言うことは内緒ですよ♪





ハゲタカ「そうか・・・イケメンはいいな~女の子と無料でHなことができてさ~」


N「アハハハハ!そうだね!ハゲタカには無理だね!」


こいつ・・・


ハゲタカ「お前さ!そういう時は『ハゲタカもカッコいいよ!』とか冗談でも言えないの?」


N「だって~そういうこと言ったら調子にのるでしょ~だいたいハゲタカはカッコいいじゃないよ!カワイイだからね!」


ハゲタカ「はあ・・・もういい・・・でも、ディスコ行くぞ!楽しそうだからな!」


N「アハハ!いいよ一緒に行こうよ!」





それからチェックアウトをして最後のNと食事をする為にレストランへ行く・・・








いよいよ明日が最終話ですよ♪












日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






もしもの時は・・・

おはようございます!


昨日は7月7日でしたね!


皆さんは何を星に願いましたか?


え?僕みたいにイケメンになれるようにお願いしたんですか?(笑)


そうですか~


そんなに僕に憧れてますか~




・・・・・



・・・・・



・・・・・



なんか悲しくなってきたので止めましょう・・・(涙)


30歳でメタボのワキガ親父に憧れるなんてことないですよね・・・


では!昨日の続きからどうそ!
いつもお読み頂き感謝しております!



投票締め切りが近いので是非投票をよろしくお願い致します!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



















訪タイ11日目


朝早く目が覚めてブログの下書きを書きながら


そういえば明日で最後かと思いながら


もう一度寝ようと思いベットへ


起きると昼近くなっていてNは洗濯をしながらアイロンをかけていた。


それから伊勢丹でいつものように買い物をしてマッサージをする。


マッサージの後は夕食を食べる為にナナプラザ近くのレストランへ向かっていると・・・









S君の嫁のLBが僕に向かって歩いてくる!(S君が言ってましたが、このLBは3P要員らしいです)


僕はそんなS君の嫁を無視しながら歩くのですが


どんどん近づいてくるS君の嫁が僕をガン見しながら横を通り過ぎていった・・・







N「知り合いなの?」


ハゲタカ「いえ!全く知りません!」


N「ふ~ん・・・凄くハゲタカのことを見てたね♪」


ハゲタカ「だね・・・知らないけどね・・・」


とうことで無事に何事もなくレストランに入ることができた僕達はタイフードを食べながらトークを・・・










N「あのさ・・・日本に行きたいんだけど!」


でたよ・・・


今度は結婚の次は日本に来たいかよ!


もうお決まりパターンすぎるんだけど・・・


ハゲタカ「ダメ!だいたい日本なんか楽しくないぞ!」


N「そんなの行ってみないとわからないじゃない!」


たしかにその通り!


ハゲタカ「ダメダメ!それにビザ取るのすごく難しいよ!」


N「大丈夫!今は簡単らしいよ!友達もこの前行ってたもん!」


マジかよ・・・


ハゲタカ「へぇ・・・そう・・・」


N「だからいいでしょ?」


ハゲタカ「ダメ!今は地震があるし何が起きるかわからないし!」


N「なんでそんなに私に来て欲しくないの?」


それは日本ではフリーマンでいたいからですね♪
束縛はタイランドだけで十分です!


ハゲタカ「そんなことないよ!ただ・・・危ないからさ・・・」


N「ラブ ジャナイ」


でたよ・・・お決まりのセリフ・・・


ハゲタカ「あのさ~LOVEでしょ!もしNが来てる時になにかあったらどうするの?」


N「それは・・・」


ハゲタカ「だからダメ!OK?」


N「OK・・・日本は行かなくてもいい・・・じゃあ、ハゲタカがタイに来てよ!」


ハゲタカ「はあ?来てるでしょ~これ以上増やせないって!」


N「だって日本は危ないんでしょ?だからタイに住んだ方がいいよ!安全でしょ?」


それはそうだけど・・・
タイに住んだら違う理由で危ない気がするんだけど・・・


ハゲタカ「それはそうだけど・・・仕事があるからさ・・・」


N「タイで探せばいいじゃない!ハゲタカならすぐに仕事見つかるって!」


そんなわけないだろうが!タイ語も話せない僕が何をすればいいんだよ!


ハゲタカ「仕事はないと思うよ・・・そんな簡単に見つからないしね!それに今の仕事を止めるつもりはない!」


N「でも・・・危ないんでしょ・・・私・・・前みたいなことになったら・・・」


ハゲタカ「大丈夫だって!心配するなよ!」


N「心配するよ!もし、ハゲタカに何かあったら・・・」


ハゲタカ「OK!OK!大丈夫!俺は絶対に大丈夫!」


N「もし・・・なにかあったら・・・タイに来てよね・・・一緒に田舎で住もうね!約束だよ!」


俺が田舎に住むのか・・・あんな場所に・・・何して暮らそうかな・・・米でも作ろうかな?


ハゲタカ「OK・・・もしもの時はな・・・」


それからは食事を終えてホテルに戻り、いつものように映画を見たりしながら就寝した・・・



いよいよ次回が最終日か・・・


残すは2話です♪













日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






無事で良かったね

皆さんこんにちは!


いよいよ投票締め切りまで3日です!


まだ投票されていない方はお早めにお願いしますね♪


一位になったものについては・・・


チャレンジはするつもりなので・・・


では!昨日の続きからどうぞ!
いつもお読み頂きありがとうございます!















食事を終えた後はGへのプレゼントを買う為に一緒に探す


おもちゃ屋・・・


服屋・・・


沢山のお店を見て回るがGは首を横に振る・・・







ハゲタカ「おい!なんでGは全部いならいって言うの!」


N「それは・・・ハゲタカに迷惑かけたくないからじゃないの?」


ハゲタカ「そんなのさ~気にすんなって言えよ!ちょっと俺の財布貸してよ!」


それから僕はGにジェスチャーで財布の中身を見せて、これだけあるんだから大丈夫だ!と伝える。


Gは財布の中身(たいした額は入ってませんよ!10000Bくらいです)を見て


驚いた顔をしていたが・・・それでも首を横に振る・・・






ハゲタカ「これでも安心しないのか・・・」


N「まあ、いいじゃない!もう食事もしたんだしさ!」


ハゲタカ「そうだけど・・・」


すると・・・Gが僕の手をつかみ何やら言ってくる!


N「Gが本屋に行きたいって!」


ハゲタカ「本屋?OK!行こうよ!」


それから近くの本屋に行き


GとNは何やら自分が好きな本を探しているようだ・・・


僕はヒマなので・・・


タイ語で書かれている旅行雑誌を取り


何が書かれているのかを見ていると


GがNと連れて本屋にあるテレビを見ろと言うので見ると・・・








地震の時の日本の映像が・・・










それからNの通訳にしてもらいながら


G「ハゲタカはどこにいたんだ?」


ハゲタカ「会社にいたよ!」


G「大丈夫だったのか?」


ハゲタカ「うん。大丈夫!怪我もしなかったよ!」


G「テレビを見たときビックリして、すぐにNに連絡したんだよ!」


ハゲタカ「そうか・・・心配させてごめんな・・・」


G「おじいちゃんもおばあちゃんも心配してたよ!ハゲタカは大丈夫なのかって!」


ハゲタカ「そう・・・」


G「だからみんなでお願いしてたんだ・・・ハゲタカが無事なようにってさ!」


ハゲタカ「・・・・・」


G「無事で良かったね!」


という感じでどうやら僕のことを心配してくれてたみたいで・・・


少しだけ嬉しかっですね♪(汗)







G「でもね!Nが一番心配してたよ!だってハゲタカがTELが繋がらない!ってすごく泣いてたもん!」


ハゲタカ「ウハハハハ!そうだな!最初に電話に出た時は泣いてすごかったもん!」


G「アハハハハ!Nは泣き虫だね!」


ハゲタカ「そうだな!Nは泣き虫だな!アハハハハ!」



それからGは迷いながらも前から読みたかったマンガ?を持ってきて申し訳なさそうに僕に渡してきたので1000Bを渡しGに会計をさせる!


おつりはGへのお小遣いとしてそのままGに持っているように伝えお店を出るのですが・・・


ちゃっかり・・・Gと一緒にNも本を買ってもらってたのは言うまでもないですよね♪






それからGとアパートの前で別れて僕達はホテルへと戻り、いつものようにシャワーに入り映画を見ながら、Nに頭を撫でられているうちに就寝した・・・













日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






初めて食べる物

皆様お疲れ様です!


いよいよネタが無くなってきたハゲタカです♪


では!昨日の続きからどうぞ!
いつもお読み頂き感謝しております!












映画を見た後にNが僕に話しかけてくる。


N「ねえ!アパートに一回帰りたいんだけど・・・」


ハゲタカ「いいよ!じゃあ俺はホテルで・・・」


N「はあ?それはLOVEじゃないでしょ!普通は一緒に行こうとか言うんじゃないの?」


それはLOVEとは違う気がするんですけど~


ハゲタカ「じゃあ・・・一緒に行きましょうか?」


N「うん!アリガトネ!」


なんで日本語使ってるの?と突っ込みは入れず・・・


タクシーに乗りNのアパートに向かう


N「ねえ!アパートに着いたら、G(Nの姉ちゃんの子供)が退屈してるから、ハゲタカ一緒に遊んであげてよ!」


ハゲタカ「はあ?嫌だね!俺はガキは嫌いだもん!」


N「でも、この前一緒に遊んでたじゃない!」


ハゲタカ「それは・・・遊園地だからでしょ・・・」


N「ふ~ん・・・じゃあ、遊園地以外だと遊べないの?」


ハゲタカ「そんなこともないけどさ・・・」


N「ハゲタカって冷たいよね・・・」


あ~また始まった・・・


もう~すぐにこれだもん・・・


はあ~~~疲れるわ~


ハゲタカ「OK!一緒に遊ぶよ!それでいいだろ?」


N「うん!」






それからNのアパートに行き部屋に入ると・・・


まずは猫がお出迎えしてくれるのですが・・・


僕を見てシャーシャー言ってるし・・・


それからはGが近づいてきてワイをする!


その後は猫と遊んだりGと遊んだりしてたのですが










ハゲタカ「なあ!Gは夕食食べたのか?」


N「まだだよ!」


ハゲタカ「じゃあ一緒に喰おうぜ!姉ちゃんまだ帰って来ないんだろ?」


N「うん・・・でもいいの?」


ハゲタカ「なんでだよ!2人より3人の方がいいだろ!」


N「だってハゲタカ・・・子供嫌いなんでしょ?」


ハゲタカ「はあ・・・そんなのジョークだって!みんなで食べようぜ!」


N「OK!ありがとうね♪」








とりあえず3人で夕食を食べる為にタクシーで移動するのですが・・・


ハゲタカ「なあ!どこ向かってるの?」


N「う~ん・・・ショッピングセンターって言えばわかる?」


ハゲタカ「ショッピングセンター・・・そんなのこんなとこにあるの?」


N「あるよ!もう少しで着くよ!」


それからすぐにタクシーが止まり・・・


ショッピングセンターの前で降ろされる。







たしかに見た感じは、大きめなショッピングセンターだね・・・


中に入っても・・・まあ、日本でいう『ジャ〇コ』みたいな感じですね・・・


ただ、ジャスコと違う部分は・・・タイ人しかいないってことですね!(笑)


ファランもいない・・・


タイ人オンリー・・・


なんか少し寂しいな・・・


と思いつつもNとGはスタスタ歩きエスカレーターに乗る









エスカレーターで4階に上がると


レストラン街があり、NとGはどこで食べるかを相談するのですが


N「あのさ・・・Gはあんまりこういうとこ来たことないから選らばせてあげていい?」


ハゲタカ「いいよ!俺はなんでも大丈夫だからさ!」


それからNとGは色々なレストランの前に行なにやら話2人で相談している。


そして散々悩んだ結果・・・焼き肉が食べれるレストランに決まりレストランの中に入る。








とりあえずGにメニュー表を渡し食べたい物を注文させるのでが・・・


N「ハゲタカは選ばないの?」


ハゲタカ「あのさ・・・タイ語がわからない俺に何を選べっていうの?」


N「アハハハハ!だよね!ここタイ語しか書いてないもんね!」


ハゲタカ「だからGとNに任せるわ~」


それからGとNは相談しながら食べたい物を注文していくのですが


なにやらGが悩んでいるので


ハゲタカ「おい!Gは何を悩んでいるんだ?」


N「ライスが食べたいんだけど・・・寿司もメニューにあって食べてみようか悩んでるの!」


ハゲタカ「はあ?そんなの頼んで食べればいいだけでしょ!」


N「だって~Gは寿司食べたことないもん!」


ハゲタカ「え?マジで?寿司くらいは食べたことあるでしょ~」


N「ないよ!私の田舎に寿司なんて食べれる場所ないもん!」


ハゲタカ「そう・・・じゃあチャレンジしてみれば!」


N「うん・・・でも食べれないかもよ!」


ハゲタカ「とりあえずNが食べれる寿司を頼んでみれば!」


N「OK!じゃあチャレンジさせてみるね♪」




注文を終えるとすぐに食べ物が運ばれてきて3人で食事を始める


NとGは焼き肉を美味しそうに食べながら、タイ語でワイワイトークをしている


僕はそんな2人を見ながらお茶を飲みながらNが僕の皿にのせてくれる肉を食べる。








そんなことをしていると・・・寿司が運ばれてきてGの前に置かれる。


Gはどうやって食べていいのかもわからず無言で寿司を前にして固まっているので


Gに食べ方を教えてチャレンジさせる!


G「・・・・・」


ハゲタカ「おい!どうした?」


N「食べるのが怖いって・・・」


ハゲタカ「なんでだよ~怖くないだろ!美味しいぞ!」


N「先にハゲタカが食べてあげてよ!」


ハゲタカ「ああ・・・いいけどさ・・・」


なので仕方なくマグロの寿司を食べ


それを見ていたGも安心したのか同じマグロを口に入れる・・・


すると


G「アロイ!」


やっぱりね~言うと思ったよ!
まあ・・・ただ・・・寿司じたいは美味しくないけどね・・・


それからのGは少しビビりながらも寿司を食べ続け食事が終了した。





食事を終えた後はGが明日には田舎に帰るというので


何かプレゼントでも買ってあげようかな?と思い


ハゲタカ「なあ?Gは何か欲しいものある?」


するとNがGに聞き


N「何もいらないって・・・」


ハゲタカ「そう・・・」


ガキのくせに遠慮しやがって・・・


なので・・・


ハゲタカ「じゃあ!とりあえず3人で少し見て回ろうか!」


N「いいよ!何か欲しいもの見つかるかもしれないしね!」


ということで・・・


3人でデパート内のお店を見て回ることになるのですが・・・
















日本赤十字社様のサイトです!
ご協力をお願い致します!

http://www.clover.sc/jrc/index0
2.aspx?id=& ;




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。